肋骨と手

合気観照塾 2017.03.18

手刀を相手の背骨に当てて臨界まで緩みを取り、相手の向こう側まで透す

後頭部を引いて頚を伸ばし、自分の上肢の撓みを取り、丹田の動きを損なわないように伝える

刀の棟が上がっていく軌道や、刃が下りていく軌道を丁寧に追う

力を抜いたときに生まれた刃筋に合わせて、先に重みを落とす

身体を捻らずに、左右の肋骨が分離して落ちる落差や時間差によって、斜めに斬り下ろす

鼠径部を深めて骨盤を立て替え、身体の外側をぶらさずに、力の行き来を内側で処理する

肋骨一本ずつの上げ下げを手と一致させることで、肋骨にも合気上げの手と同様の動きが表れているように感じた

両側の肺の配分や膨らませる面の違いが、相手に伝わる力に反映されていることを感じられた

接点での相手の圧に合わせて左右それぞれで脱力し、そのバランスのまま中央で締めて一つにする

片手でも、反対側からの寄せや先導によって、中心の感覚を保ったまま動く

柔らかい刀

合気観照塾 2017.03.11

正座位で物打ちを畳に下ろし、呼吸で刀が浮くバランスを観察する

息を中心で吸い上げて下方から身体を締め、軸を立てる

両手を引き分け、手の内の引きと攻めが起こり、圧の移り変わりが伝わるように柔らかく持つ

浮かせたまま、先に内部の重みを落として、それに付いて刀を振り下ろす

固いように思える刀にも、呼吸の行き来が柔らかく剣先まで伝わっていく様子を感じられた

呼吸の深さや細さや緩急によって、剣を介して相手に伝わる力の強さや鋭さや早さが反映される

自分が力を抜くことで、物打ちを掴む相手の手の内のバランスを変えずに刀を持つ

釣りで竿を通して水中の様子を伺うように、刀を介した接点から相手の中心に付ける

体幹を捻らずに斜め上の頂点に吸い上げ、体内を斜めに通る経路を繋げて落とす

相手の反応によって浮かせられる位置が変わり、それによって落ちる位置も決まる

治療が生まれる源泉

バランス☆運動療法初級 2017.03.11

先日の中心塾でも、K野先生の施術を体験させて頂きました。

立位での重心の掛かり方、身体の捻れや傾き、触れたときの感触、左右の脚の上がり方の差、音の違いなど、その都度、丁寧に確認されていることが印象に残りました。
現状を確認して、繋がる位置に近付け、弛むのを待つ、という繰り返しで、身体のバランスが整っていく様子を目の当たりにしました。

仏像の形を映し出す光と影と同様に、光の射す方向と陰の落ちる場所をイメージして力を通すことで、陰陽のバランスを整えられることを学びました。
肋骨や脊柱も、滞っている場所を浮かすことで、動きがどこで止まるかを確認し、両方が平になる位置へ近付けると、頚と繋がることを体験できました。
術者の都合で中心に近付けようとするのではなく、相手のアンバランスを受け入れて繋がる位置で待つことで、自然に中心に戻っていくことを実感しました。
施術を形として追っても、無限にバリエーションがあるようで掴み所がなく、それらの治療が生まれる源泉をみていくことの大切さを感じました。

施術を受けさせて頂く中で、頭部で吊られている感覚や、背骨が蛇のように動いている感覚など、多くの体感を得られました。
それらの動作を自分で体現し、施術を生み出せるようにように、身体を創っていきたいと思います。

K野先生、参加された皆様、今月も多くの気付きをくださり、ありがとうございました。

内部の働きによる先導

合気観照塾 2017.03.04

手の内を柔らかくして肘を弛め、腹側から上肢尺側を伸ばして刀を上げる

浮かせた手の位置を残したまま、肩の力を抜いて重みを落とす

ずらした所から、丹田に集まっていく動きを手指まで繋げて剣を下ろす

接点で一致させた状態で生まれた刃筋に合わせて、たすき掛けで体幹を脱力する

体幹の弛んでいくラインに沿って肋骨や胸骨を内部から操作し、相手を遠隔で誘導する

肩の力が抜け、体幹が自由に動かせるバランスになるように頚の位置を決める

体幹を締めて身体を全方向に張り、後ろから抱えてきた相手との間の緩みを取る

ロッキングチェアで重心を自分と相手の間に落とし、お互いを一体としてバランスを変える

内部で起こっている呼吸と共に伸びていく働きや弛んでいく働きの現れとして、外見の刀や身体の動きが生まれていることを学んだ

内部の働きによる先導があるからこそ、先に重みを落としておくことで、相手の後から刀を振り下ろしても中心を取れることを体感した

上下の三角形

呼吸動作研究会 2017.02.26

骨盤の内側の呼吸の出入りと、座布団に当たっている腸骨稜の外縁の動きを観察する

呼吸の入りやすさを指標として、枕の高さや位置を変え、膝の曲がり方を検証する

膝の内・外・真ん中でそれぞれ弛め、頚と繋がって伸びていくバランスを観察する

膝を曲げるのではなく、条件が満たされると、股関節が深まったり、膝が曲がったり、足関節が決まったりが連動して起こることを感じた

左右の脚を浮かせて比べ、上方との繋がりによって下肢が折り畳まると、楽に上がることを感じられた

肘が曲がる方向に力が抜けると、肩も脱力できて可動域が広がることを実感した

両膝ー会陰を繋いで重みを地に下ろし、身体を下方からの吸い上げによって立ち上げる

両肘ー百会の繋がりを保ちながら腕を浮かし、上下の三角形の関係性を意識して動く

手先から伸ばさずに丹田から腕を出し、常に肚と繋げた状態で動作を出来るようにする

母趾球と小趾球、踵の中の前後左右で重心の移り変わりを細かく受け取り、ロッキングチェアをする

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】