無意識にバランスを取る働き

呼吸動作研究会 2019.06.23

今月の研究会は、K元さんが進行してくださいました。
仰向けに寝て、手で触れたり呼吸をしながら、全体のバランスや骨盤の現状を確認しました。
骨盤のアンバランスを直接整えようとするのでは無く、首を回旋したり、体幹を横に倒したりして、離れた場所の動きによって骨盤に起こる変化を観察しました。
そして、バランスが整う方向へ向かう動作を、呼吸に合わせてゆっくりと行ないました。
二人一組でペアに骨盤に触れてもらい、自分の実況中継とペアの評価の両方で変化を確認しました。
弛んで繋がってくると、それまで反応が薄かった動きでも、連動してくることを実感しました。

それから、高めの台に座り、脚が着かない状態での骨盤のバランスをチェックしました。
改めて両足を着いてみると、バランスを補正するために脚のあちこちに緊張が入ることを感じられました。
ポジションによって、無意識にバランスを取る働きが、違った形で表れてくることを自覚できました。
少しずつ動きを小さくして連動を観察していくと、頭部のわずかな動きでも、骨盤まで伝わっていくことを感じられるようになりました。

後半は、SRさんが普段されている施術を体験させてくださいました。
これまで学んでこられた手技に、センタリングの意識が加わると、姿勢から相手の反応まで大きく変わっていたことが印象的でした。

進行してくださいましたK元さん、参加された皆様、今月もありがとうございました。

手首や手の内の深み

合気観照塾 2019.06.22

労宮で吸い込みながら指を伸ばし、大腿部から指先を離さずに、中心の動きで手を転がす

仙腸関節の幅で立て替え、左右の脚と腕の引きと攻めを一致させて、空けた道に相手を落とす

自分の中心の攻めで相手の中心を僅かにずらし、そこから生まれる流れに沿って、ずらし続けて転ばせる

片腕両手持ちで、それぞれの接点から相手の中心に向かう方向へ弛みを取り、相手を一体として崩す

陽経を広げて手背側へ繋げ、外側の張りを保ちながら相手の皮膚の弛みを取り続ける

卵を持っているときの手首や手の内の深みを、持ってないときにも意識し、落差や鋭さを作り出す

吸い込んだところからの立ち上がりによって相手を浮かせ、お互いがぶつからない隙間を通すように動く

お互いの間の糸をピンと張り、中心の振動でマラカスを揺らして、相手に響かせる

肋骨を締めて頚を立て、さらに締めて中の弛みを絞りきって、相手に向かう力に変える

肩を柔らかく動かして、背骨も鎖骨も胸骨も動くところは全部活かして、吸い込んで弛みを取り、相手に返す

鳥が旋回するような手の動き

合気観照塾 2019.06.15

正坐位で手首を押さえてもらい、相手の瘂門の向こう側に通るように指先を伸ばして手を起こし、相手を浮かす

弛めたときの相手のズレを受け取り、肩、肘、手首と弛めていくことで自然に落ちていく方向へ落とす

落ちていく側の股関節を寄せて、手と相手の落下を邪魔しないように道を空ける

ロッキングチェアの揺れと共に力を抜いて弛め、力の流れる方向が切り替わる隙間を逃さずに離陸する

親指から小指へと通す指一本ずつ順に移して、飛ぶ鳥が旋回するように、浮かせたまま空中でバランスを変える

相手の外の空間を通すようにイメージし、呼吸や意識が固まらないように広がりをもって動く

中指中心で指先まで伸ばして手を集約し、自分の芯が撓まない方向へ伸ばし続ける

肘で攻めながら手で引き付け、バランスを変えながら引きと攻めの釣り合いを保ち、相手の中心に付け続ける

相手の両手それぞれの弛みを取って一致させ、分け目を仙腸関節の動きで遠隔操作して崩す

呼吸で下から順に立ち上げて、足元への重みの落下を反映させることで、自分の軸は崩さずに相手の全体を落とす

力が抜けている方が強い

バランス☆運動療法初級 2019.06.08

K野先生と、修験道の先生が参加者の施術をしてくださいました。
繊細なタッチから振動が伝わって、繋がっていくと大きな動きになり、バランスが変わっていくことを実感できました。
自分で思っていた以上に固まっていたことを、緊張が抜ける度に自覚でき、身体も気持ちもとても楽になりました。

その後、太極棒を持って、「合気剣の為の体内操作法」を行ないました。
両脚の踵を付けて立ち、呼吸の締めで下肢内側から臀筋間、第五腰椎と吸い上げて軸を伸ばしました。
さらに、中の締めで両手を左右に引き分け、胸を開いて肩甲骨を寄せました。
そこから、鎖骨を弛めて腕をそのバランスのまま落下に任せて落としました。
臍を過ぎた辺りから、弛めた重みと地に向かう圧を一致させて太極棒を押し下げ、丹田を充実させました。

胸の高さから下に下ろさずに、頚が後ろに引かれる動きと釣り合うように、棒を前に出しました。
相手に抵抗を加えられても、アイソメトリックで弛みを取るのと同じようにバランスが取れると、どの時点で押されても崩れずに動くことが出来ました。
相手と戦わずに、自分が楽に動ける方向へバランスを変えられると動き続けることができ、力が抜けている方が強いということを実感しました。
常に太極棒の中心や、長軸を意識することで、全体で一致して動くことの大切さを学びました。
自分の中心が定まり、自分の軸が細くなると、それが道具にも反映され、もっと精度を高めていく必要を感じました。

脚の向きや骨盤の立て替えによって刀の上がり方が違っても、同じベースから剣術の様々な動きのバリエーションが生まれることを感じられました。
そして、棒を持っているかどうかの違いだけで、合掌も同様であることを体験しました。
それ自体が、身体を締め、中を伸ばし、力を抜くための錬功になっていることを実感しました。
押し合いと引き分けという相反する働きを全身で繋げられるような身体を創っていくことで、相手を感受できるタッチが生まれることを学びました。

K野先生、修験道の先生、いつも良い方向に向かえるよう導いてくださり、本当にありがとうございます。
参加された皆様、今月もありがとうございました。

呼吸をありのまま観察する

呼吸動作研究会 2019.05.26

今月の研究会は、「呼吸をありのまま観察する」というテーマで進行させて頂きました。
私自身が稽古する時に呼吸を「しよう」としてしまっていることを感じていたので、普段の呼吸から見つめなおして頂くことを目標としてメニューを考えました。

仰臥位で身体の着き方をチェックしてもらってから、呼吸の入り方を確認しました。
手をお腹の上に置いて、場所を移しながら、呼吸の動きを観察してもらいました。
それから、普段の呼吸で動ける範囲で息を吸いながら動き、吐きながら元の位置に戻しました。
膝を曲げて両脚を閉じたり開いたり、両手を胸の前で合わせて手を動かしたり、まぶたの開け閉めや、眼球を動かしてもらったりと、色々な動作を試しました。

そして、同じ動作をスローモーションで行なってもらいました。
同様の範囲での動きの中でコマ数を増やすことで、呼吸の変化を観察してもらいました。
坐位でも、目線と共に骨盤を前後左右に傾けたり、回旋したり、立ち上がったり、出来る限りゆっくり動いてもらいました。
そのあと、パートナーにお腹に手を当ててもらったり、腕を持ったりして、どれだけ呼吸を伝えられるか検証しました。
相手を動かそうとしなくても、ゆっくり丁寧に息が通る状態にあると、お互いがぶつかることなく交流できることを確認しました。

後半も、施術の診立てや手技など情報交換ができ、とても勉強になりました。
参加された皆様、今月もありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】