腹部と胸部の中心

合気観照塾 2017.09.16

相手に持たれた両方の接点を腕のバランスを変えてそれぞれから頚に入れ、分け目を丹田で動かす

上肢を弛めて、肋骨と骨盤が捻れない向きに股関節から合わせ、内部の通り道へ呼吸を吸い上げて相手に返す

形ではなく、相手から受け取った負荷に合わせて力を抜き、そのバランスで呼吸を通せると技になることを学んだ

皮膚を一枚皮として繋げ、身体背側を上がってきた呼吸を、上肢尺側を通して小指へ伝える

肩が浮いて自由に動き、肘が落ちる位置で、中枢の力を指先まで伝え、手の反りで相手を斬る

相手の中心に入れて撓みを取り切ったところから、身体の鞭を長く伸ばして、対側の股関節の動きを手まで伝達する

背骨の反ったり胸を固めたりせず、腹と腰の両方に呼吸を入れ、内部の圧を保ったまま吸い上げて、頚まで伸ばす

呼吸で相手よりも一段上まで高さを上げ、腹部と胸部の中心の回転を連動させて、立体的な動きで相手を崩す

丹田からの伸びを指先一本一本に順に伝えて末梢まで身体の緩みを取り、相手の手の内が取れる方向へ動き続ける

内部の働きとイメージ外に現さずに内側で処理することで、ほとんど動いていなくても同様の力が伝わることを体験させて頂いた

どちらにでも反応できる身勢

東雲道場 第四十六回研究会 2017.09.10

第四趾のラインを正面に向けて下肢内側が利くバランスで立ち、呼吸の吸い上げで腕を上げる

五指それぞれを相手に伝わる方向に合わせ、指先が更に伸びるように息を吸って相手を浮かす

ボールの中心を意識しながら労宮で吸い込み、両側の股関節の回転と一致させて立体的に転がす

手前に落とすときも、最後まで相手の中心を攻める意識を抜かずに、自分の領域に踏み込まれないように保証したまま崩す

接点の位置は変えずに同じ長さのまま、相手の皮膚の緩みが取れていく方向に巻き取って、体幹から回旋することで相手を裏返す

相手の刀が当たる寸前に肘を引いてかわし、相手の中心を攻めるように、そのままの位置で三歩目を踏み出す

物打ちを相手に付けたまま、切っ先をぶらさずに捩り込んで、相手の脇を斬り上げるように意識して進む

燕飛を型ではなく、無数の発展の中の一つの可能性として、その流れが生まれるに至るお互いの狙いや駆け引きを感じながら動く

相手の出方に応じてどちらにでも反応できる身勢で構え、最短のルートで相手の剣を受けられる軌道に落とす

相手の剣を捍いで中心を崩し、生じた隙を刀の流れに沿って狙うように、常に次の一刀に繋げていく意識を切らさずに剣を振る

後頭下筋の働き

合気観照塾 2017.09.09

肘の力を抜いて、相手の重みを吸い込んで下肢を充実させ、ぶつからない方向で離陸する

仰臥位の相手の腕を持って肩が弛む位置に浮かせ、伸びていく繋がりを腹部を通して対側の足まで伝えて伸展する

肩の力を抜き、先に重みを落として繋がりだけで腕の位置を保ち、それを瞬間に丹田へ戻すことで相手と共に落とす

頭部を吊ることで後頭下筋をセンサーとして働かせ、頭を安定させたまま身体を自由に動かせる状態を保つ

足からの吸い上げを対側の手に伝えて相手を浮かし、全体の重みが乗るように股関節を折り畳んで、相手の背側中央へ落とす

相手が腕を掴もうと手を出してきた流れのまま吸い込んで、皮膚に沿って緩みが取れるよう呼吸で立ち上げることで浮かす

背側を上がってきた空気を、吸い上げたカーブに沿って相手の後面へ落とし、空間の中で呼吸の流れが詰まらないように動く

頚を伸ばして後方の意識を保ち、身体の波を頭部の内側まで伝えて、相手に伝達する

相手の手前で止めずに、相手の中を吹き抜けるように意識を広げて、力を通す

自分の意識が広がり楽に動けるときのフワッとした感覚が、受ける側にも同様に伝わって、結果的に技になることを感じた

呼吸が弛めて整えてくれる

バランス☆運動療法初級 2017.09.09

最初は、K野先生が順番に立位での施術をしてくださいました。
両脚の第四趾のラインを正面に向けて、下肢から調整をしてくださいました。
最初は、足先が内側を向いているような感覚がありましたが、整えて頂くと違和感が消えて下肢が軽くなり、それだけ捩れてしまっていたことを実感しました。
腕も同様に捩れがあり、パキッという音と共に肘の可動域が広がり、肩の緊張も抜けたことを感じられました。
足元から順に整えてくださり、全体があるべき位置に納まっていくことを感じられました。
中心での吸い上げによって身体後面にも呼吸が通り、後頚部まで伸びることを体感できました。

ブルワーカーを使って、両手を引き分けるように張ったり、前屈位から体幹を起こしたり、自転車の空気を入れるようにしゃがんだりして、身体の繋がりを観察しました。
軸を立てて、肋骨を締め、肘を張って、呼吸で立ち上げていくと、頚も伸びていくことを体感しました。
そのまま保息しながら締めをキープすることで、身体を固めずに、アイソメトリックの働きが起こることを感じました。
頭部が前に出たり膝が固まっていると、途端に肩や腕に力が入り、スプリングの反発力を受けてしまうことを確認しました。
身体のどの場所でも、繋がる位置から外れてしまうと、全体のバランスが崩れて働きが損なわれることを実感しました。

仰臥位で、足部や頭部からの施術も体験させて頂きました。
真っ直ぐに寝ているつもりでも、両脚が寄っていたり、片脚に開きがあったりと、中心の感覚にズレがあることを気付かせてくださいました。
そこから、股関節が入り、膝が弛み、足関節が決まり、足部が真っ直ぐ着けるバランスで、緩みを取って待つということを実演してくだいました。
片側ずつ整えて頂き、左右の脚の上がり方や通り方の違いを体感しました。
繋がる位置に導くことができると、後は本人の呼吸が弛めて整えてくれることを感じられました。
足からでも頭からでも、先へと意識を移しながら分け目を操作して繋げていくことで、どこから触れても全身が整っていくことを実感しました。

施術の学びと共に、毎回、自分の身体が繋がった状態を体感させて頂いていることを有り難く思っております。
そうした感覚をいつでも維持できるよう、稽古に取り組んでいきたいと思います。
K野先生、参加者の皆様、今月もありがとうございました。

臨界まで弓を引き分ける

センタリング・タッチ研究会 2017.09.03

昨日は、センタリング・タッチ研究会に参加させて頂きました。

前半は、立位でのセンタリング・タッチを体験させて頂きました。
触れて頂く度に、自分でも気付けていなかった捻れや滞りが解きほぐれ、緊張が弛んで、呼吸の入り方が深くなることを実感できました。
外から見てもほとんど動きが分からないほどの繊細なタッチで、受け手の姿勢や動作が変わっていく様子を目の当たりにしました。

両側のベルトを引くことで、中央の筒の中のバネが縮む仕組みのスポーツ用品を用意してくださっており、それを使って色々な動作をしました。
道具の反発力を利用して、片側の手の前方への伸びと、対側の肘の後方への引きを拮抗させながら、弓を張るように構えました。
臨界まで弓を引き分けることで、身体の中が伸び、中央が細く締まっていくことを感じられました。
張った位置では、横隔膜の締めを維持することで構えを保つことができ、呼吸の操作と一致して張力が調節されることを体感しました。
頭が前に出たり、肋骨が落ちたりすると、途端に中の繋がりが途切れ、身体のあちこちが緊張することを実感しました。
前屈姿勢からベルトに手を掛けて体幹を起こしたり、両手でバネを地面へ押し下げたりする動作も試し、弓を引くときと同様に身体を張る働きが重要であることを体験しました。
そして、身体に備わった弓や槍や刀が、センタリング・タッチの身体操法にも深く関わっていることを教えてくださいました。
繋がるバランスに導いて緩みを取り、内部の伸びによって槍を突くように丹田から動くことで、頚まで伝わるといった技を実演してくださいました。

後半は、仰臥位での施術を体験させて頂きました。
脛に手を当てて左右それぞれ横や縦に揺らしてくださり、身体への伝わり方の違いを体感できました。
脚に触れた手からのわずかな振動からも、繋がっていれば全身に伝わり、滞りがあれば揺れが途切れることを感じられました。
そして、足部の誘導が、そのまま肩や頭部にも反映され、緊張が弛んでいくことを体感させて頂きました。
全身が皮膚で覆われ、筋が繋がり、骨は連結し、経絡も通り、どこかに触れるだけで全体のバランスに変化が表れるということを自然に感じられました。

それから、パートナーに仰臥位で寝てもらい、センタリング・タッチの練習をしました。
足元に座って、弓を射るときのように軸を伸ばし、両側の脛に手掌を沿わせました。
力を抜いて骨の深さまで沈め、芯を掴めるように五指を寄せて細くしました。
常に手の内の当たりが変わるように、力が抜けるバランスに向かう方向へ転がし続けました。
自分が脱力できるようにセンタリングすることで、相手も繋がる位置に導かれていくことを実感しました。
そして、相手の身体の先の空間にまで力を伝え、自分の後方まで意識を広げて通り道とすることで、初めて一体となった行き来が生まれることを体感しました。

相手の状態を受け取れる身体を創り、感じたことを施術を通じて検証しながら、感覚を磨き続けていくことの大切さを学びました。
K野先生、参加された皆様、多くの学びをくださり、ありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】