引くのではなく斬る

合気観照塾 2017.11.11

発勁の吸って弛めて吐く動きを、外に現さずに中で処理して、接点を動かさずに相手を崩す

手首を弛めながら薬指を浮かせて三焦経の働きを高め、太極棒の転がりで相手の手の内を取る

手首が決まり、肘に張りが生まれ、肩甲骨が寄り、頚が伸びるバランスで弛める

骨盤の3時9時と12時6時で、相手の持つ太極棒が相手の全体と一致する刃筋に導く

真っ直ぐな棒を引き分けて刀の長さと反りを作り、そのイメージに合わせて動く

全身の引きと攻めを棒の中心での回転に繋げて、引くのではなく、斬ることで相手を落とす

崩すときも力を抜いたまま、刃筋が落ちていくラインを信じて、脱力によって付いていく

太極棒に手刀を当て、吸って後谿穴から入れ、皮膚の緩みの範囲で棒の丸みに沿って転がす

接点を止めたまま弛めることで刃筋が合って道が開け、そのまま小腸経を伸ばすと力が通ることを体感した

発勁と同様に、吸い上げて浮かせたところから肩甲骨を弛めて、バランスの変化に伴う身体の伸びによって相手を転ばせる

意識と動作の一致

バランス☆運動療法初球講座 2017.11.11

今日のバランス☆運動療法初球講座も、治療から始まりました。

今回は、いつもよりK野先生の治療を空間的に感じられました。
刀の反りのような鋭さや、風が抜けていくような通り方や、葉っぱが落ちていくときの返りなど、一手ごとに様々な印象を持ちました。
意識が動作が一致していると、身体の外表や体重の重みと物理的にぶつからずに、力を透したり、相手を浮かせたり、自在に出来ることを目の当たりにしました。
修験道の先生が周りの空間を動かしたり、礼や拍手などで身体を変えていかれる様子も見せて頂きました。
身体の流れが良くなると、表情や印象や周囲の空気を含めた雰囲気まで変わっていくことを感じられました。
家族や仕事の関係、日常で受けている様々な影響が、良い方にも悪い方にも身体に表れることを学びました。
自分を取り巻く全体の中で、バランスを取って生活していくことの大切さを感じました。

片手で棒を持って呼吸で上げ、頂点で弛めて軸を残したまま下ろしました。
重みに沿って棒を倒し、股関節の回転を体幹から肩、肘、手首、それぞれの指に柔らかく伝えて太極棒を回しました。
上方に浮かせた棒を咽喉から飲み込むように、中へ落として自分の方に吸い込みました。
座位で大転子の後方を利かせて骨盤を回転させ、垂らした太極棒を揺らしました。
太極棒の感覚を受け取りながら、ぶつからずに動くことが出来ると、自分が棒を動かしているのか、棒が自分を動かしているのか曖昧になるような感覚がありました。
施術のときも、相手のバランスに応じて、繋がりを持って動けるように身体を創っておくことの大切さを実感しました。

毎回、世界観が変わるような凄い体験をさせて頂いていることに、心より感謝しております。
K野先生、修験道の先生方、参加者の皆様、今月もありがとうございました。

髪一本ほどの違い

センタリング・タッチ研究会 2017.11.04

今回も、参加者を順番に立位での施術をしてくださいました。
足趾からの細やかな動きが上方へと伝わり、頭部の先まで繋がっていく感覚を、実況中継しながら体感させてくださいました。
末梢から順に繋がっていくと、その先のバランスも全部変わっていくことを実感しました。
足元から触れるときは上の揺らぎを意識して、上からアプローチするときは下の重心の移り変わりを誘導しながら施術されていました。
固まっている所からずらし、揺れが起こるバランスに誘導すると、その方の身体が動き出し、自然に良い位置に戻っていく様子を観ることが出来ました。
上肢を浮かせて脱力できるバランスにあれば、力を抜こうとしなくても、無意識に肩が弛んでいく状態を体感させてくださいました。
紙一重よりも細い、髪一本ほどの僅かな違いで、肩の力が抜ける隙間が生まれることを体感させて頂き、その繊細な手技に感動しました。

肩の力が抜け、肘や手首が捻れない位置に導くことで、手の調整をしてくださいました。
それぞれの指先から体幹へ繋がって弛んでいく状態を感じられ、経絡の流れを体感できました。
五指のバランスの中で母指が伸びるように働くと、肚が充実することを実感し、いかに母指球の意識が薄かったかに気付きました。
K野先生の母指球に触れさせて頂き、中から起こる細やかな動きと、内側の経路の通り方の力強さには驚きました。
それから、呼吸の通り方を指標として、五指それぞれの働きを観察しました。
指先を机に当てたときと外したとき、母指と向き合って摘まんだときと弾くときの違いを検証しました。

正座位で、下肢後面が伸びて体幹の内部が締まるように息を吸い、臀部を浮かせました。
臀部下部が、張りを持ったまま伸びるように、骨盤を傾けてお辞儀をしました。
そこが利くバランスで座れているかどうかで、合気の技や治療の誘導が決まってくることを体験させて頂きました。
さらに、手の内の空間が丸くなるように母指と中指を合わせて畳に着くことで、手首が決まり、肘が浮き、肩が弛む位置に近付くことを感じられました。
身体のどこかのバランスが変わると、全体の動きが違ったものになることを実感しました。
礼法に含まれる型も、そのように定められた意図を意識して行えるかどうかで、一つ一つの所作の深まりが変わってくることを感じました。
それだけ細やかに自分の身体を観察し、感覚を研ぎ澄ましていく必要性を感じました。

K野先生、参加された皆様、今月も多くの学びをありがとうございました。

触れる前から技が始まる

合気観照塾 2017.11.04

全身に空気が入って広がり、全身が弛んで集まって行くように、太極棒を動かす以前の、呼吸が行き渡る前提を創っておくことの大切さを感じた

呼吸に合わせて太極棒を上げ、弛めることでバランスを変えて向かう方向を切り替え、常に力を抜いたまま動く

背中と繋げて腕を上げ、脱力と共に背側に重みを落とし、肩甲骨が自由に動く位置に浮かせておく

道具と一致して動くことが出来ると、重い鉄の棒でも軽く動かすことができ、軽い木の棒にも重みが宿ることを体験させて頂いた

会陰を締めながら吸い上げて頚まで伸ばし、後頭下筋でバランスを取りながら腕を浮かす

相手の固まっている部位を動かそうとせず、同調した状態で、自分の同じ場所を弛めることで誘導する

刀を引き分けて刃筋が決まるところまで浮かせ、合う位置に来た瞬間にそのまま落とす

手の皮膚を固めずに、柄に広い範囲が当たるように剣を持ち、股関節から手の内の接点を変え続ける

短刀を中央で持って回転させ、手首を掴んでいる相手の中心に合ったタイミングを逃さずに捉える

呼吸で浮かせて弛めておくことで、衛気の時点で吸い込みが掛かり、相手に触れる前から技が始まっていることを体感した

技の掛かりが、相手と敵対せずにそのまま入っていけるタッチが出来ているかどうかで、すでに決まっていることを感じた

中の動きの表れ

合気観照塾 2017.10.28

相手と一致するように息を吸い、肩や肘の力を抜くことで起こる、バランスの傾きに沿って動く

左右の骨盤を分離させ、仙腸関節を立体的に動かすことによって手を操作する

実際に触れていなくても、相手に触れる心持ちで手を扇ぎ、落ちる地点を明確に意識して誘導する

体幹との繋がりを意識しながら、母指から小指へと順に相手の中心に伝わる方向に伸ばす

自分の指先まで伝わっていく螺旋の流れを、相手の腕の中にも通して、頚まで絡めることで崩す

片方の手から相手の撓みが取れるように巻き取り、もう一方の手から時間差で緩みを取り切って転ばせる

身体の中央を下から締めて圧の高まりを絞り出し、喉の奥を広げて、後頭骨から相手に向けて吐く

下肢内側を上ってくる力と共に太極棒が上がり、弛めて落ちていく重みと共に太極棒が下りる

身体の外はどちらにも動けるように弛めたまま、砂時計の砂のように中の動きの表れによって、棒を動かす

太極棒の上下の引き分けと軸、前方への落下と後頚部の引き、分け目と丹田が一致し、どこから押されてもバランスの取れる位置で動く

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】