繋がった経路を利用する

合気観照塾 2018.07.14

相手に腕を掴まれたバランスの中で、肩や肘の力が抜ける位置に近付ける

前後のセンターを確認して呼吸を中央で吸い上げ、会陰から百会が繋がる位置に近付ける

持たれた場所の弛みが取れたら、体幹の軸の伸びで相手を崩し、それを指先まで伝えて転ばせる

労宮の奥行きによって一本ずつの指を伸ばし、常に五指の関係性を保ちながら手を使う

肋骨を締めながら呼吸を中央に通すことで、下肢内側からの吸い上げを上肢の伸びに繋げて、相手に入れる

相手の両側からの攻めを漏斗状に吸い込んで中心に集め、その細さを保ったまま吸い上げて鋭さを生み出す

大腿部を内側から広げてもらい、相手が合気を掛けようとする動きを吸い込みにして、流れに逆らわずに循環させて伝える

股関節を挟んでもらい、相手が自分の恥骨を締めて頚まで通してきた瞬間に、繋がった経路を利用して力を返す

肩を把持して繋がる位置に浮かせ相手の頭部を吊り、自分の働き掛けではなく、相手の重みによって落とす

ずらした位置で吸って弛めて吐いてもらい、新たなバランスをキープしたまま、もう一度吸って弛めて吐いてもらうことで変化を導く

大きな螺旋と小さな螺旋

合気観照塾 2018.07.07

相手の手背面と自分の手背面が同時に感じられる位置に導き、生じた隙間に力を通す

弛めて相手の手の内と一致するバランスで手を開き、接点を変えずに上肢尺側が伸びられるほうへ抜く

肩の力を抜いて振り袖に重みを落とし、下方からの伸びを肘後面の攻めに繋げることで肘を曲げる

頚を立てて軸を伸ばし、横隔膜を締めて上肢を浮かせたまま、股関節で両肘の向きをコントロールする

手が抜けない状況から、弛みを取ったまま引きと攻めでバランスを変え続けると、合気の技になる

接点に拘らずに、全体を大きな螺旋で繋げて、相手の指の先端が渦の中心となるように巻き取って崩す

孔雀のポーズで肘を弛めたまま臨界まで手を上げるのと同様に、体幹の伸びを指先に伝えることで離陸する

浮かせたところから一側で攻めて崩し、反対側の攻めを重ねてさらに崩し、左右の時間差で中心からずらし続ける

親指を労宮で吸い込んで五指を寄せ、中指を中央として、母指側と小指側の引きと攻めで螺旋状に伸ばす

相手の後方を刺しながら、自分の背側の意識を保ち、広い空間の中での中心を動かす

行きたいほうへ行かす

合気観照塾 2018.06.18

腕を捕りにくる相手の動きを止めずに、そのままの勢いに乗せることで、相手の行きたいほうへ行かす

相手の手の内に沿った引きと攻めで、手の形が決まって方向性が生まれ、その方向に向かうように仙腸関節から誘導する

鼠径部を深めて持たれた腕をいったん相手に預け、股関節に生まれたゆとりを次の動きに繋げて、流れに逆らわないように動く

横隔膜を締めて上肢を浮かせたままキープして、中心からの伸びと重みによる落下で腕を動かし、股関節で方向を操作する

一刀を相手の手刀に付け、もう一刀の刃筋を首筋に合わせて、二刀を一致させて振り下ろす

腕を二ヶ所で掴まれても、自由度が高い側から先に繋げ、身体を絞って弛みを取り切り、相手と一体にする

体位を転換することで起きる体重移動や切り返しを、体内のコンパクトな動きで再現して同様の力を伝える

脱力と呼吸の伸びによって手首を決めて五指を集め、自分の身体がたわまないように張ることで、相手と繋げたまま動く

接点の弛みを取ったまま、孔雀のポーズの最後の伸びで尾骨を立てて、尻尾を振ることで相手を崩す

相手が崩れる方向と反対側から回転を起こして、意識を全方向に広げながら「の」の字を描く

後頚部の引きで相手を吊る

合気観照塾 2018.06.09

相手に掌を挟んでもらって技を掛け、手の向きを変えたときの、共通点と相違点を検証する

息を吸って相手と一致させ、繋がりを保ったまま弛めることで、力を抜いて動ける方向を辿る

母指側と小指側の引きと攻めで指先まで伸ばし、そのままの刃筋で落とせる角度で仙腸関節で斬る

会陰の締めで下肢内側の経路を繋げながら上肢を浮かせ、四肢を呼吸で連動させて動く

相手を浮かせたところから、内部の重みの落下で上腕下面を引いてきて肩、肘、手首と順に繋げながら落とす

手の甲が丸くなるように指を中心に集め、張って開いたときにも手部の締めを保つ

扇子を開くように広がりを持たせて相手を浮かせ、漏斗状に一点に集約するように落とす

頚部を伸ばしてもたれ掛かることで高度を上げながら弛みを取り、後頚部の引きで相手を吊っておくことで、糸を張ったまま動く

相手の攻めと釣り合うようにバランスを取り、内から手を開いて均衡を崩すことで、中心をずらして転ばせる

相手と対峙してもあくびが起こるくらいの心持ちで身体を弛めておき、常に自分の緊張を観察しておく

身体にとって自然な流れ

合気観照塾 2018.06.02

お互いの弛みが臨界まで取れたところから更に伸ばすことで、自分の首を決め、相手のアンバランスを後押しする

相手の手の内に合わせて弛めることで手の形が生まれ、次に向かう方向が決まっていく

先に形を決めずに、呼吸と共に弛んでいく動きと伸びていく動きを繋げ、常に身体にとって自然な流れを辿る

呼吸を吸える方向へ吸い上げ、吐ける方向へ弛めることによって落ちる場所が決まり、峰と谷の感覚が生まれる

相手に入れたところから、接点を残したまま片側の股関節を引いて、最後に手に動きを伝える

呼吸に伴う全身のうねりを、相手に掴まれた手首の点に反映させて、わずかな動きで大きく崩す

相手と横並びでも、意識のベクトルを相手の軸に付け、力のベクトルを頚に通して後方へ落とすと、相手の中心を崩せる

柄を持つように両手を寄せて軸を細く締めながら、外側に張って弛みを取り、内外の引きと攻めを行なう

会陰と百会を呼吸で伸ばして繋げ、高さをキープしながら肩や腕を弛めて落とし、中央の動きで操作する

何人か繋がっていても、向こうの相手まで吸い込み、その流れを辿りながら返せると、同様に技が掛かる

孔雀が羽を開く

合気観照塾 2018.05.26

あくびをこらえることで込み上がってくる経路を通して、中央を伸ばして指先まで伝える

軸を伸ばしたまま腕を下ろし、手首が決まり、肘が落ち、肩甲骨が寄るバランスを観察する

孔雀が羽を開くように後ろ手で伸展が掛かっている感覚で、手が前にあるときも中を伸ばして背側の意識を保つ

観客のウェーブのように、相手の峰から腕を通って、さらに隣の人の峰へと、中を伝わって繋がる様子を見ることが出来た

中指を中心に手を寄せて離陸し、薬指を浮かせて相手の頚の向こう側まで通す

指先まで伸ばして中の弛みを取り、たわませずにバランスを変え続けることで相手を巻き取る

振り下ろされた手刀に付け、伸びを維持したまま頚へ向かうように手を滑らせていくと、相手が転ぶ

転ばせる方向を決めつけずに、左右の時間差で最後まで相手の中心をずらし続けて崩す

腰を入れて刀に手を掛け、抜刀の伸びで相手に入れ、弛めると刃筋が立ち、そのまま落として斬る

両手を前から押してくる相手の負荷を接点だけ残して弛め、新たなバランスで立ち上げて、中心を自由に動かせるようにする

触れる前から吸い込む

合気観照塾 2018.05.19

相手が後ろに居て見えなくても、触れる前から吸い込まれ、付いた瞬間には浮かされている感覚が伝わってきた

会陰が締まるように息を吸って軸を伸ばし、弛める動きで手を近付けて、相手を浮かせる前提が出来た状態で触れる

頭部を浮かせて頚から下をゆらゆらしながら、相手の揺らぎを感じ取り、崩れそうな方へ尾骨を振って相手を転がす

膝の伸びと腰の緊張、背中の反りと胸の固さなど、アンバランスをセンタリング出来ると楽に呼吸が通っていくことを体感した

内部を締めながら下腹部と腰が中心から膨らむように息を吸い、丹田の感覚を保ったまま百会まで吸い上げる

吸い込みと共に労宮が深まって会陰が締まり、指先の伸びと共に会陰が引き上がり、常に労宮と会陰の動きが連動する

呼吸で張って接点を一致させても手の形は固定せず、刻々と変化するバランスに応じて自由に動かせるようにしておく

相手と一体としたまま体幹を弛めて、中心の動きを肋骨に反映させることで、体幹を主導として手を動かす

目線による誘導を、視点を止めたまま内部で行ない、相手に付けながらも意識を全方向に広げておく

中央で吸い上げて背側の空間まで呼吸の広がりを持たせ、光背でもって相手の背部を動かす

経絡を伸展する

合気観照塾 2018.05.12

会陰を締めて中央の吸い上げで相手を浮かし、栓を抜かずに相手の高度をキープしたまま動く

相手に持たれたバランスで息を吸って接点を一致させ、その位置を留めたまま弛めて落とせる前提を作る

弛めたときの相手のバランスの傾きを受け取り、骨盤を回旋させて動けるほうへ動く

肚から指先までの呼吸の通り道を明確に辿り、イメージとも一致させて、相手の身体にも息を通していく

殴りに来る相手の腕の動きを利用して吸い込み、皮膚を反対方向にずらすことで、相手を固めて動けなくする

相手の掴み手をあやとりの紐として、相手の反応を生み出さないように、吸気の分だけ張って入れる

相手を浮かせながら、蕾の手で引いて肘で攻め、相手の腕を伸展し、糸を張った状態のまま巻き取る

相手を背部に引き寄せたら、触れた場所を内側から膨らませて相手に入れ、常に全身の引きと攻めの釣り合いを保つ

相手の持ち手によって、自分の伸びていく方向も、相手の固まっていく経路も変わり、形を決めないことの大切さを実感した

経絡を伸展するように相手の弛みが取れ、身体の自然な流れを辿るからこそ、技を掛けられると調子が良くなることを実感した

力や意識の流れ

合気観照塾 2018.04.21

相手に触れる前から吸い込んで力や意識の流れを作り、お互いの間で交流させることで相手に返す

自分の中を自由に行き来できる状態で相手に手掌を当て、落とした重みが返ってくるタイミングを逃さずに、もう一方の手で通す

相手の持ち方によって入れるか抜くかは変わり、自分から働き掛けるのではなく、相手の働き掛けを受け入れ、その反作用で動く

会陰を締めて、頭部を浮かし、重力から解放された状態で仙腸関節から手まで鞭の動きを伝える

正座位で大腿の上に手を置いて片側に吸い上げ、足の経絡に沿って滑らせながら、手の経絡を伸ばす

手の指の股の張りも意識しながら、呼吸の満ち引きに合わせて、手部が寄ったり開いたりする動きを観察する

手首を決め、肘頭上部で肘を操作しながら「たまたま」をすると、前から後ろから腕を持たれても同時に合気が掛かることを体験した

肩甲骨に当てられた手の緩みを内側から取り、相手の頚に焦点を絞って点になった瞬間に通す

両目を寄せることで軸を細くして、後頭部で像を結ぶように目からも相手を吸い込む

緩みが取れる向きを丹田で受け取りながら、相手の手首をオロチの結び目として手部を決め、腕の中の繊維を均一に近付ける

支点を変え続ける

合気観照塾 2018.04.14

骨盤を締めながら膨らませて両手の張りと一致させ、仙腸関節からの繋がりによって手を動かす

手首を押さえてくる相手の圧を吸い込んで軸をずらし、生じた隙間へ息を吸い上げて離陸する

脱力によって肘が下りて手部が上がり、吸息が指先まで伝わると中指が相手の腕に沿うように、常に呼吸の結果として手を動かす

肋骨は落とさずに内部を弛め、肩、肘、手首と順に抜いていくことで、自分の高度を保ったまま転ばせる

手の中の見えないボールが落下する方向に労宮で吸い込んで、引くのではなく弛めることで相手を引き寄せる

「鳥と亀」における体内の回転を上肢に反映させて、相手を浮かせてずらして落とす力を伝える

後ろから腕を掴まれていて見えなくても、前から持たれているときと同様の感覚で、相手の中心をずらし、首を取り、固めたところで転ばせる

相手の手背と面を揃えて弛めることで一致する点を作り、そこを中心として回転させ、相手の掴み手から抜き去る

母指側の引きだけでなく、小指側の攻めが加わることで、相手の手の内に新たな支点が生まれて、合気上げになることを学んだ

中心からの伸びを五指それぞれに時間差で伝え、回転する支点を変え続けることで相手を崩す

ぶつからない方向へ動く

合気観照塾 2018.03.24

雷刀の伸びと同様に骨盤を丸めて後方にもたれ掛かり、股関節からお辞儀するバランスの変化で前方に返す

背部を通して弛めた流れを下肢後面にまで繋げ、後方からの伸びで自分の体幹と相手を浮かせる

脱力と共に恥骨が締まって丹田の圧が高まり、次の吸息に切り替わる瞬間を逃さずに離陸する

腕を上げようとせず、中心の動きによって手を大腿の上で滑らせて、常に相手とぶつからない経路を辿る

骨盤の立て替えによる大腿部のズレと落下に伴う手の集約を一致させ、相手を土台から崩す

腕を掴んできた相手の圧を受けずに、皮膚がずれる分だけ突っ込んで固まった場所を弛め、そのバランスから呼吸で立ち上げることで相手に入れる

相手と繋がったら、どこから動くとか、どちらに動かすと考えずに、ただただ、全体でぶつからない方向へと動く

石を置いても隙間から水が流れていくように、相手の止めようとする働き掛けにも逆らわず、新しい流れで動き続ければ結果として技になる

腋窩後方から側背部へと負荷を下ろしていき、上がってきた流れを体幹から上肢尺側へ繋げて指先まで伸ばす

軸の伸びと共に、後頚部と前腕の間に張りを創って、身体の絞りと前後の張力の高まりによって抜刀する

身体の実感を丹田へ

合気観照塾 2018.03.17

相手の持ち手に合わせて弛めることで分け目が生じ、その点を支点とした動きを伝えることで崩す

接点から伝わる相手の重みやバランスを、脳で処理しようとせず、丹田で受け取り、丹田で誘導する

身体の実感を丹田へ吸い込むことでオフにして居なくなり、相手の力が抜けて軸がずれた瞬間にオンにする

ゼロになる位置まで弛めながら繋げ、接点のバランスを変えずに末端まで空気を満たすことで、伸びていく方向に伸ばす

五指を集約して指先まで充実させ、手部の立ち上がりと臀部の浮きを一致させて、相手を浮かす

会陰を締めて下方の栓を閉じ、吸い上げた呼吸を圧縮して上方へ押し出す

股関節の動きが螺旋で手まで伝わると、中指を中心とした回転が起こり、母指側と小指側の引きと攻め、薬指の浮きとして表れることを体感した

片手を持たれているときも、両手の間の球を転がすように、反対側との釣り合いを保ちながら、相手を転ばせる

薄筋が利いた状態で、仙腸関節の動きを手と一致させ、会陰の細さで力を伝える

立ち位置や掴まれる部位に関わらず、離陸や蕾の手と同様の繋がりが表れることを見せて頂き、シンプルな原理から技が生まれることを実感した

会陰が締まるバランス

合気観照塾 2018.03.10

相手が息を吐けるように脱力して、一緒に息を吸える深さまで吸い込みを掛ける

お互いの吸息の頂点から、先に自分は弛めて息を吐ける状態にして、相手が落ちる位置にずらす

相手の押さえ込む手に合わせて力を抜くことで、肘が下りて、手首が上がり、手背が相手の腕に沿う

手を膝の丸みに沿わせ、呼吸に伴う浮きと落下の流れによって、はらりと返して相手を転ばせる

空中でも、相手の持つバランスで弛めて、接点を留めたまま、中心の回転を伝えて崩す

進行方向を替える骨盤の立て替えを、正面を向いたままコンパクトに行うことで、大きな力を相手に伝達できる

会陰が締まるバランスで吸い上げ、骨盤底の切れ込みで軸を操作して、下肢と上肢を連動させて動かす

先に手の形を決めず、吸息と共に肋骨を締め、肋骨の締めによって肘を張り、肘の張りで手首を決める

吸って弛めて吐く呼吸によって手を回し、相手の中心に刃筋が合う位置で入れ、落下によって斬る

頚を伸ばしたまま、肩、肘、手首と内部を通して弛めていくことで、中央の落下を末端まで丁寧に伝えて落とす

吸い込んだ流れ

合気観照塾 2018.03.03

天地を伸ばして軸を長くして、フリーになった骨盤を前後や左右に揺らし、相手に崩れる方向を訊く

相手の重みを吸い込んだ流れが途切れることなく、循環するように吸い上げて離陸する

上肢の脱力と共に恥骨が寄るように骨盤を締め、手の張りと共に大腿部を張り、常に呼吸で四肢を一致させて動く

中指で相手の 瘂門の向こう側を突き刺して、その距離感を維持したまま、力を遠くから通して転ばせる

胸ぐらを掴む相手の手を胸骨の内部へ吸い込み、内側から緩みを取って頚まで繋げると、胸でも合気上げが出来る

鼠径部から骨盤の奥行きで吸い込み、深みを保ったまま、呼吸の移り変わりによって相手を浮かせる力にして返す

体操の体内操作を吸い込んだバランスに応じて行ない、コンパクトな動きでも、中の繋がりを明確にして動く

相手の手をあやとりの紐として両手の間を張り、折れない指になるように五指の先まで呼吸を通す

肘の曲げ伸ばしで引っ掛けるのではなく、自分の伸びを同調させることで、相手の中を伸ばして釣り上げる

引きと攻めを指先まで伝えて反りを作り、刃を残したまま弛めていくことで生まれた刃筋に沿って、仙腸関節で斬る

下肢と上肢の張り

合気観照塾 2018.02.24

骨盤を恥骨が寄るバランスで締めて内圧を高め、大腿中央部を張って、会陰から吸い上げる

下肢と上肢の張りを一致させて、接地面と、相手との接点の緩みを取り、張りを維持しながら引きと攻めで動く

労宮と裏労宮の両方の感覚が生まれるバランスで手の力を抜き、中心の点を転がすことで指を操作する

胸骨と後頚部の間で呼吸を行き来させ、頭頂部へ息が通る位置に姿勢をセンタリングする

吸い上げた呼吸を膀胱経のラインを通して下ろし、相手の手の圧に合わせて、背骨の形を変えて背中を弛める

相手を押さずに、内部の重みの落下に合わせて下肢の関節を折り畳むことで、勁を伝える

肘や肩や胸の力を順に抜いて、相手とぶつかる場所を無くしていくことで、軸を細くして動く

呼吸を相手の頚の向こう側まで通し、浮かせた両手から漏斗状に下ろすことで、中央へ集めて下まで落とす

片脚を浮かす動きを手まで伝えて刀を上げ、刀が下りていく流れで股関節を弛めて足を踏み出す

骨盤の立て替えと中央での呼吸の上下によって、四肢のバランスを変えながら、常に中心を保ったまま動く

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】