引くのではなく斬る

合気観照塾 2017.11.11

発勁の吸って弛めて吐く動きを、外に現さずに中で処理して、接点を動かさずに相手を崩す

手首を弛めながら薬指を浮かせて三焦経の働きを高め、太極棒の転がりで相手の手の内を取る

手首が決まり、肘に張りが生まれ、肩甲骨が寄り、頚が伸びるバランスで弛める

骨盤の3時9時と12時6時で、相手の持つ太極棒が相手の全体と一致する刃筋に導く

真っ直ぐな棒を引き分けて刀の長さと反りを作り、そのイメージに合わせて動く

全身の引きと攻めを棒の中心での回転に繋げて、引くのではなく、斬ることで相手を落とす

崩すときも力を抜いたまま、刃筋が落ちていくラインを信じて、脱力によって付いていく

太極棒に手刀を当て、吸って後谿穴から入れ、皮膚の緩みの範囲で棒の丸みに沿って転がす

接点を止めたまま弛めることで刃筋が合って道が開け、そのまま小腸経を伸ばすと力が通ることを体感した

発勁と同様に、吸い上げて浮かせたところから肩甲骨を弛めて、バランスの変化に伴う身体の伸びによって相手を転ばせる

触れる前から技が始まる

合気観照塾 2017.11.04

全身に空気が入って広がり、全身が弛んで集まって行くように、太極棒を動かす以前の、呼吸が行き渡る前提を創っておくことの大切さを感じた

呼吸に合わせて太極棒を上げ、弛めることでバランスを変えて向かう方向を切り替え、常に力を抜いたまま動く

背中と繋げて腕を上げ、脱力と共に背側に重みを落とし、肩甲骨が自由に動く位置に浮かせておく

道具と一致して動くことが出来ると、重い鉄の棒でも軽く動かすことができ、軽い木の棒にも重みが宿ることを体験させて頂いた

会陰を締めながら吸い上げて頚まで伸ばし、後頭下筋でバランスを取りながら腕を浮かす

相手の固まっている部位を動かそうとせず、同調した状態で、自分の同じ場所を弛めることで誘導する

刀を引き分けて刃筋が決まるところまで浮かせ、合う位置に来た瞬間にそのまま落とす

手の皮膚を固めずに、柄に広い範囲が当たるように剣を持ち、股関節から手の内の接点を変え続ける

短刀を中央で持って回転させ、手首を掴んでいる相手の中心に合ったタイミングを逃さずに捉える

呼吸で浮かせて弛めておくことで、衛気の時点で吸い込みが掛かり、相手に触れる前から技が始まっていることを体感した

技の掛かりが、相手と敵対せずにそのまま入っていけるタッチが出来ているかどうかで、すでに決まっていることを感じた

中の動きの表れ

合気観照塾 2017.10.28

相手と一致するように息を吸い、肩や肘の力を抜くことで起こる、バランスの傾きに沿って動く

左右の骨盤を分離させ、仙腸関節を立体的に動かすことによって手を操作する

実際に触れていなくても、相手に触れる心持ちで手を扇ぎ、落ちる地点を明確に意識して誘導する

体幹との繋がりを意識しながら、母指から小指へと順に相手の中心に伝わる方向に伸ばす

自分の指先まで伝わっていく螺旋の流れを、相手の腕の中にも通して、頚まで絡めることで崩す

片方の手から相手の撓みが取れるように巻き取り、もう一方の手から時間差で緩みを取り切って転ばせる

身体の中央を下から締めて圧の高まりを絞り出し、喉の奥を広げて、後頭骨から相手に向けて吐く

下肢内側を上ってくる力と共に太極棒が上がり、弛めて落ちていく重みと共に太極棒が下りる

身体の外はどちらにも動けるように弛めたまま、砂時計の砂のように中の動きの表れによって、棒を動かす

太極棒の上下の引き分けと軸、前方への落下と後頚部の引き、分け目と丹田が一致し、どこから押されてもバランスの取れる位置で動く

息を吐く通り道

合気観照塾 2017.10.21

呼吸を吸い上げる経絡を切り替えながら太極棒を浮かせ、身体の動きや力の伝わり方を検証する

吸って弛めたときの、内部の重みの移動や太極棒の傾きの変化を感じ取り、逆らわないように動く

後頚部が伸びて頭が良い位置に納まり、腕を吊るすことができて初めて、相手の重みの移り変わりを感じられることを実感した

肩や肘の力が抜け、下肢からの繋がりが手に伝わると、中心の動きがダイレクトに反映されることを体験できた

指先を伸ばしながら、労宮を柔らかく使い、丹田への出入りと繋げることで緩みを取る

浮かせたところから、太極棒と相手の傾いていく都合に合わせて、どのラインを通っても足底まで落とせるようにセンタリングする

弛めて自分の身体の中に息を吐く通り道が出来ると、お互いの間にぶつからずに落とせる隙間が生まれることを感じられた

太極棒の吸って弛めて落ちていく流れと同様に、膝を両手で包んで浮かせ、繋がって下りていく経路を誘導する

手を沿わせて相手の身体に起こっている揺れに任せていると、自然に頚まで繋がり、弛んでいく働きが起こることを感じられた

肩の力が抜ける位置に浮かせて頚に入れ、中心から伸びていく動きに付いていくことで、指先まで伸展する

中を通して指先まで伸ばす

合気観照塾 2017.10.14

太極棒を持ち、身体の中の動きを意識しながら六方円を行ない、相手への力の伝わりかたを観察する

手背側を意識して手を張って相手との間の緩みを取り、接点を付けたまま動く

張りを残したまま肩や肘の力を抜いて丹田から動き、指先まで鞭のしなりを伝える

仙腸関節の幅で骨盤を剪断して斜めに構え、腕が落ちていく先を空けることで、相手の拠り所を無くす

身体の内部の波を頭部まで伝えて、相手の両脚の内側を擦り、手の回転と前頭部の攻めを一致させて転ばせる

どこまで通っているというイメージを実際の体内操作と一致させて、相手の上方の空間まで浮かせて後方へ落とす

片側の股関節を深めながら相手の負荷を吸い込み、反対側に起こる動きで圧を高めて、それを解放することで力を返す

中指を中心に、母指と小指で手を立て替えて、股関節の回転を指一本ずつと繋げて腕を螺旋状に伸ばす

腕の回旋と共に経絡を切り替え、薬指を浮かせることで三焦経を繋げて、身体側面を伸ばして使う

拳で当てても、握って固めるのではなく、中を通して指先まで伸ばすことで、手を開いているときと同様に相手の中心まで伝わることを体感した

弛められる位置

合気観照塾 2017.10.07

吸って弛めて吐く動きの中で、どの瞬間で止めても弛められ、流れが途切れないように動く

弛められる位置に腕を浮かせ、相手に持たれる前から力を抜いておく

相手の持ち方に合わせて脱力して吸い込み、接点を置いたまま他を自由に動かせるバランスに近付ける

細い幅で体幹の向きを切り替え、足底から反対側の手まで吸い上げて相手に力を返す

肩を押されても、接点で入れたまま弛めて、指先まで中心の動きを伝えることで、終点ではなく通過点として動く

太極棒の軸を自分の芯と一致させて、後頭部の髪の生え際を引き上げたまま、腕が伸びる方向に絞る

剣を下ろすのと同様に、吸い上げた頂点から弛めて前方にずれると、太極棒に沿って下ろせることを体験した

両手で上下に引き分けて太極棒の軸を伸ばし、その長さを保ったまま、相手の周りの空間を含めて斬る

棒を握らずに呼吸の分だけ皮膚の緩みを取り、相手の中心に伝わる傾きにずらして、そのまま落とす

吸い上げた空気を締めながら圧を高めて足底まで伝える力と、丹田に戻っていくように手が落下していく動きを一致させて相手を落とす

腹部と胸部の中心

合気観照塾 2017.09.16

相手に持たれた両方の接点を腕のバランスを変えてそれぞれから頚に入れ、分け目を丹田で動かす

上肢を弛めて、肋骨と骨盤が捻れない向きに股関節から合わせ、内部の通り道へ呼吸を吸い上げて相手に返す

形ではなく、相手から受け取った負荷に合わせて力を抜き、そのバランスで呼吸を通せると技になることを学んだ

皮膚を一枚皮として繋げ、身体背側を上がってきた呼吸を、上肢尺側を通して小指へ伝える

肩が浮いて自由に動き、肘が落ちる位置で、中枢の力を指先まで伝え、手の反りで相手を斬る

相手の中心に入れて撓みを取り切ったところから、身体の鞭を長く伸ばして、対側の股関節の動きを手まで伝達する

背骨の反ったり胸を固めたりせず、腹と腰の両方に呼吸を入れ、内部の圧を保ったまま吸い上げて、頚まで伸ばす

呼吸で相手よりも一段上まで高さを上げ、腹部と胸部の中心の回転を連動させて、立体的な動きで相手を崩す

丹田からの伸びを指先一本一本に順に伝えて末梢まで身体の緩みを取り、相手の手の内が取れる方向へ動き続ける

内部の働きとイメージ外に現さずに内側で処理することで、ほとんど動いていなくても同様の力が伝わることを体験させて頂いた

後頭下筋の働き

合気観照塾 2017.09.09

肘の力を抜いて、相手の重みを吸い込んで下肢を充実させ、ぶつからない方向で離陸する

仰臥位の相手の腕を持って肩が弛む位置に浮かせ、伸びていく繋がりを腹部を通して対側の足まで伝えて伸展する

肩の力を抜き、先に重みを落として繋がりだけで腕の位置を保ち、それを瞬間に丹田へ戻すことで相手と共に落とす

頭部を吊ることで後頭下筋をセンサーとして働かせ、頭を安定させたまま身体を自由に動かせる状態を保つ

足からの吸い上げを対側の手に伝えて相手を浮かし、全体の重みが乗るように股関節を折り畳んで、相手の背側中央へ落とす

相手が腕を掴もうと手を出してきた流れのまま吸い込んで、皮膚に沿って緩みが取れるよう呼吸で立ち上げることで浮かす

背側を上がってきた空気を、吸い上げたカーブに沿って相手の後面へ落とし、空間の中で呼吸の流れが詰まらないように動く

頚を伸ばして後方の意識を保ち、身体の波を頭部の内側まで伝えて、相手に伝達する

相手の手前で止めずに、相手の中を吹き抜けるように意識を広げて、力を通す

自分の意識が広がり楽に動けるときのフワッとした感覚が、受ける側にも同様に伝わって、結果的に技になることを感じた

呼吸の流れに沿う

合気観照塾 2017.09.03

相手に腕を掴まれる前から脱力し、接点を留めて、どこも緊張しないように体幹から動く

相手との間の緩みが取れる分だけ息を吸い、横隔膜を締めたまま相手と繋がった状態をキープする

接点を相手に合わせることによって生じた身体の不均衡を、保息したまま弛めることでほどいて一体にする

新たなバランスによって生じた軸の回旋や骨盤の向きを受け取り、嶺から谷に向かうよう股関節から傾ける

相手が肩を押してくる力を吸い込んで下ろし、そのままの流れで吸い上げて入れ、力を抜ける場所に落とし、常に呼吸の流れに沿って全身で動く

芯を伸ばしながら丹田と壇中の回転を一致させ、外枠を固めること無く、中の動きを伝える

膝を弛めて鼠径部を深め、腰や背中を反らさずに後方へ広がる感覚を保つことで、前に向かう力と釣り合いを取って立つ

肘を外に張って合谷を前に向け、腕を頚で吊るように垂らすことで、体幹の呼吸の行き来によって手を上げ下ろしする

身勢が取れていると、何もしなくても、前から押してきた相手に自動的に力が返って行く状態を体験させて頂いた

下ろしている腕を上げるのではなく、浮いている位置から押し下げてくる圧に対して、身体が呼吸の入るバランスに戻ろうとする働きによって相手を浮かす

肩の内部の空間

合気観照塾 2017.08.26

相手の圧に応じて力を抜き、着いた位置から吸える方向に吸い上げ、バランスの変化に合わせて動く

軸を寄せて側方に居る相手の向こう側まで意識を通し、空間を広く捉えながら嶺から谷に向かうようお辞儀する

上腕を外旋しながら前腕を絞り、直線ではなく、螺旋で自分の身体内部の糸を張って伸びを伝える

呼吸によって全方向に緩みが取れると、全身で同時に引きと攻めが起こり、身体のどこを持たれても技になることを実感した

片腕を持たれた場合でも、一刀での両手の引き分けと同様に、接点を上肢の伸びで引き分け、頚と分け目を一致させて動かす

膝と肘が繋がるバランスで脱力し、下方からの力を体幹で交差させて腕まで伝達する

肩の内部に空間が生まれるように浮かせ、丹田の動きが自由に伝わるバランスで、鞭のしなりを指先まで伝える

相手の示指を頭部に当ててもらい、先端の点から引きと攻めが伝わる方向に内側から操作する

視線と側方のラインを相手の中心に合わせ、相手に斬り込める隙間に向かって重心を移動する

眼の動きや身体の繋がりなど、体感したイメージを鮮明に描くことによって、実際の動きと同じ働きを導けることを体験した

柔軟な頭

合気観照塾 2017.08.19

視線と自分の身体の繋がりを一致させて相手への力の通り道を誘導し、下から吸い上げ、頂点まで浮かせ、落ちる点へ導く

吸い上げた力を股関節から対側の肩まで対角線上に通し、弛めて股関節で折り畳むことで落とす

頭部まで呼吸を通して伸ばした軸の長さを保ち、相手との間の張力を維持したままお辞儀する

接点で付けたまま引っ掛けるようにずらすことで、相手の瞬間の緊張を誘発して、そのまま崩す

色分けをイメージして頭蓋骨を弛め、頭にも相手の手掌に合わせて緩みを取れる柔軟さを持たせる

頭部の中心の感覚を得られると、意識が四方に広がり、動ける方向に動くだけで技になることを体感した

吸息によって指先まで伸びが伝わる位置に両手を浮かせ、身体後面で攻めながら前面で引いて、相手と繋げる

相手の圧を下肢内側の張りが高まるバランスで吸収し、左右の陰経の切り返しで相手に力を返す

先端まで張って、内部の張力を高めながら相手と一致させ、丹田から押し出される動きを損なわないように力を伝える

相手の指先の二点の緩みを前腕で取り、最後まで力を抜いて良い位置を辿ることで、相手のバランスを崩す

一体となるバランス

合気観照塾 2017.08.12

腕の力を抜いたまま、「ロッキングチェア」や「鳥と亀」の内部の動きによって相手に伝わる力を観察する

自分の都合では無く、相手から加えられている左右それぞれの圧に合わせて、一体となるバランスで弛める

接点で相手と一致したところから、それ以外の場所を自由に動かせるように脱力し、相手にとって「無い」状態にする

力を抜いているつもりでも、肋骨の弛み方や左右の肺の膨らみ方にアンバランスがあり、呼吸の流れが妨げられていることを実感した

意識した点へ息を吸ってバランスを変え、その位置のまま弛めて中心に近付けることで、偏りを調整する

立っている相手に対して、臀部を締めて下肢内側を通して吸い上げ、下方からの伸びで相手を浮かす

丹田と繋げる位置に腕を上げられると、力を抜くだけで丹田へ集まるように重みが落ちていくことを体感した

正座位で立っている相手に腕を持ってもらい、一本の刀となるよう頚まで繋げて担ぎ上げる

大きく踏み出して相手の内側まで入り込み、軸を崩さずに股関節を切り返して反対側を向くことで相手を転ばせる

定位置でも、四方投げと同様に、相手の頚まで入れて落ちていく方向へ抜くことで、相手を崩せることを体験した

意念が及ぼす力

合気観照塾 2017.08.05

体重を掛けてくる相手の負荷を吸い込み、骨盤底が締まって臀部が浮き、第五腰椎が入るように軸を立ち上げる

頭の位置をセンタリングして、背骨が順に伸び、吸い上げた息が頭部まで伝わるバランスで相手と繋げる

芯を伸ばしたまま周りを弛めて、下肢内側の張りがより高まるように重みを落とす

上方へ浮かせる働きと下方へ落とす働きで、内部を締めながら圧力を高め、その爆発力で相手を上げる

頭蓋骨を内側から色付けすることで一体となるバランスに近付け、呼息と共に頭まで弛めて落とす

固まっている場所や意識の薄い場所にペンキを塗って、自分の身体が繋がるように誘導し、色のイメージを相手の頚の後方と一致させて力を透す

意念が及ぼす力の大きさと、自由度の高さを感じられ、活かしていくイメージが広がった

相手に掴まれた接点の位置をずらさずに、弛めて吸い上げて張り、面ではなく点で緩みを取る

相手の腕の丸みに添って蕾の手を作り、指先の引きと、手関節後面の攻めで、相手の頚に入れながら引き寄せる

左右の股関節の動きで相手の衝脈をずらして、崩れていく方向に緩みを取り続ける

体内の釣り合い

肩を掴んできた相手に対して、接点の位置を変えずに、相手の中心に照準を合わせたまま脱力する

肩から丹田までの経路だけを意識するのではなく、肘から先の力も抜けることで、初めて吸い込みが起こる

同側の股関節を弛めて重みを下方に下ろし、高まった反対側の下肢内側の張りを、体幹内部で斜めに通して相手に返す

労宮から吸い込めると、自然に手首が決まり、相手の重みを支えることなく、接点を止めたまま自由に動けることを感じられた

接点で相手の中の動きを感じ取りながら、それに付いていくように自分の中を動かす

相手の上着の袖と襟を掴んで浮かせ、引き手と釣り手の間の張りがたわまないように、体内の釣り合いを保つ

接地面の圧の変化を感じながら、相手の不安定なバランスにただ付いていくだけで、相手が勝手に転んでいくことを体感した

骨盤の動きを指先まで柔らかく伝え、中指の先から伸びていく力が、相手の瘂門に向かうように仰ぐ

相手を通り抜けた遠くの一点まで空間を広げ、意識を手前で止めずに、相手を通過点にする

嶺から谷まで通されているときは、落とされる前から落差を感じられ、動きとして表れる以前から技が決まっていることを実感した

どこからでも引きと攻め

合気観照塾 2017.07.15

手で蕾を作りながら相手を引き寄せ、肘で攻めながら相手に入れる

引きと攻めで臨界まで相手との間の緩みを取って、繋がりを保ったまま掴み手を外す

丹田の回転で股関節をコンパクトに動かして手を操作し、自分の中心を保てる領域内で相手を転ばせる

自分の上肢尺側に呼吸が通るバランスになるように力を抜いてずらし、相手の内側を攻めながら離陸する

腕に芯が通るように指を集めて手部を細くして、その細さのままで相手の中心まで繋げる

小指側の伸びで刀の反りを作り、相手の頚への攻めが途切れないラインで腕を下ろして斬る

左右の股関節の動きで、襟元を掴む相手の両腕の隙間に手を通し、一方で引きながらもう一方で攻めて緩みを取る

上下の動きも意識しながら骨盤を立て替え、立体的な「の」の字を描いて相手を転ばせる

胸骨に当てられた拳を胸で吸い込み、内側から相手の橈側を引いて尺側を攻めるように繋げる

生まれた分け目を、直接胸から動かすのではなく、対応する背骨から相手の瘂門を突き通すように力を通す

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】