スペース斜取る

昨日は、M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

股関節の前後や左右や上下の動きを行ない、その伝わりによって、手の中を杖が滑っていく様子を観察しました。
手から先に動いてしまったり、体幹が捻れてしまったり、骨盤が動かせる位置になかったりと、様々な要因によって、力の伝達が妨げられてしまっていることを確認しました。
片側の股関節を引くと、鼠径部の深みと共に力が溜まり、上肢が棒の重さや形状に沿って滑っていくことを感じました。
繋がって動ける姿勢にあると、股関節の動きと一致して、手部から伝わる感覚が移り変わり、情報を受け取るために、上肢の力を抜いたまま動けるようにしていくことが、如何に大切かを感じました。

体幹と両肘と分け目を結ぶ菱形を意識して、剣を青岸に構えました。
物打ちを握った相手を、外枠で返そうとするのではなく、相手に焦点を合わせて、フレームの対角線をイメージしながら攻めました。
目線と恥骨の向きを一致させて、体幹を回旋することで、体幹内部に力の高まりを感じられ、正中線の側方にラインが生まれることを感じました。
体幹が斜めを向いていても、攻める側の目や胸骨側面や丹田や股関節や足の向きから生まれる力のベクトルの方向が、相手の中心と合い、股関節が深くなる方向に膝を曲げると、相手を浮かせられることを体感しました。

前に進む動作においても、左右の股関節の寄せの切り替えが、重要な働きを果たしていることを学びました。
前方の脚の股関節に相手からの負荷を吸い込んで、後方の脚を浮かせ、繋がりが途切れない臨界の位置に下ろして、重心を移して行きました。
肋骨は浮かせたままにしておくことで、相手から負荷を受けていても、接点を留めながら、股関節を自由に動かすことが出来ました。
左右の股関節の行き来に伴って、フレームの傾きや内角の割合が変化しても、常にいずれかのラインで相手への焦点が合い、付けた意識が抜けることなく進めることを体験できました。

M岡さん、KMさん、昨日も、身体の観察を深める機会を、ありがとうございました。

息統合

先日は、M岡さんのご自宅での合気の研究会に参加させて頂きました。

横並びに座り、相手にもたれ掛かってもらいました。
重みを支えるのでも返すのでもなく、呼息と共に双方の重みを下方へと下ろして行きました。
自分自身の息を吐き切ることが出来ると、自然に吸息に切り替わり、そこから立ち上がる力が生まれることを体感しました。
吸息に伴うバランスの変化によって、重心が相手のほうに移り始めるまで待ち、そこから吸い上げることで、相手を浮かすことが出来ました。

側臥位に寝てもらい、相手の仙骨に骨盤の側面で触れ、上半身に両手を添えました。
呼吸が合い始めると、お互いの骨盤が、ぶつからず離れずの距離感を保ち続け、同調している状態を体感できました。
受ける側は勿論、行なう側も、とても心地良く動くことができ、身体の緊張が弛んでいくことを実感できました。
音楽を聴きながら動作を行ない、自分自身の意図や手による先導ではなく、相手の都合や周りの環境から起こる流れを受け入れる心持ちの大切さを学びました。

ボールを手で握った場合と、呼吸で浮かせた場合との違いを検証しました。
呼気と共に手指が寄るように抜いていくと、丹田の充実感が増し、ボールの方から手の内にはまり込む感覚が得られました。
その力を労宮に伝えたり、吸い込んだりしながら、労宮の張りが、骨盤や壇中や頚部といった全身のそれぞれの場所の動きと対応していることを確認しました。

相手に腕を持ってもらったり、手背に手を乗せてもらったりして、呼吸の伝わりを観察しました。
恥骨を締めて、下肢を張りながら、臀部を浮かせ、骨盤から動くことを意識して動作を行ないました。
相手からの圧に合わせて脱力し、そこから生まれたバランスの中で手を張ることで相手に力が伝わることを体感し、どのような働き掛けに対しても、それに応じて抜いていける身体を創っていくことの大切さを感じました。

M岡さん、KMさん、多くのことを体感を通して学ばせてくださり、ありがとうございました。

ゴーイング前へ上へ

昨日は、M岡さんのご自宅での合気の勉強会に参加させて頂きました。

上腕骨頭に触れながら上肢を動かし、上腕骨と肩甲骨の関係性を観察しました。
上肢を上に伸ばすという動作においても、肩部を固めてしまったり、顎が上がってしまったり、脇腹が縮んでいたりと、様々な癖があることを実感しました。
上腕骨を固まらない方向に動かせると、肩甲骨が付いてくる位置があり、脇や、腹部へと順に繋がって、上肢が伸びていくことを体感しました。

さらに、椅子に座って骨盤を転がし、尾骨の動きを観察しました。
尾骨が浮き上がる場所では、吸い上げた空気が頚椎の椎体を通り、頭頂部の意識が高まる様子を感じられました。
上肢もそうした働きと連動して伸び、伸びていく方向と体幹の軸の傾きが同調しながら、全身でバランスを取っていることを体感しました。

下肢においても同様に、一つの関節のように使ってしまっている部分に、多段階の動きが起こっていることを学びました。
膝に向かって真っ直ぐに大腿骨が滑っていく方向にバランスが変化すると、大腿部の内部の滑りと繋がって、腸骨が動く様子を感じられました。
どこかに余計な力が入った途端に、経路が体表を通ってしまい、内部が動きにくくなることを感じました。

相手に持たれた腕を、小指球と母指球が寄り、手が蕾になっていく様に力を抜いていきました。
そのままの位置で、抜いていった経路を逆向きに吸い上げて手を開くと、相手に入っていくことを感じました。
そこから、相手に重心の一部を移し、身体の伸びと手部の反りを同調させて行えると、相手に力を伝えられることを体験しました。
抜いていくときや、入れていくとき、重心の位置や骨盤の傾きが変化しても、膝と股関節や尾骨と頭部など、全身としてみると常に釣り合いが取れ、自分自身のバランスを保ったまま、力の向かう方向を変えていけることを学びました。

M岡さん、KMさん、身体に関する多くのことを発見させてくださり、ありがとうございました。

輪っか内

昨日は、M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

輪にした紐に両手首を通し、相手に紐の中央を握ってもらいました。
最初は、紐の掛かっている上肢に意識がいきがちでしたが、下肢の働きに目を向けることで、外方に向かう四肢の張りと内方に向かう体幹の締めが同調し始めることを感じられました。
呼吸と共に生み出される身体の張りの分だけ紐を広げられると、紐の張力が相手を浮かす力として伝わることを体感しました。
その張りが抜けないように体幹から動くことが出来ると、浮かせた相手を自在に誘導できることを学びました。

それから、前腕を持たれた状態から、同様の働きを観察しました。
力を抜いて、掴まれた箇所は相手と同化させたまま、接点をぶらさずに動作を行ないました。
肘、肩、鎖骨、肋骨、骨盤、膝、足首、足底と、少しずつ動作の起点を遠方に移し、最も遠くから相手に力を伝える練習をしました。
肘関節から先は相手と一体にしたまま、身体を繋げていけると、下方から上がってきた力をそのまま伝達できることを体感しました。
その際は、接点である前腕を相手の手の内に合わせると同時に、それぞれの手指の先から向かう意識を伸ばす必要があることを学びました。
中指を中央として、母指が丹田と繋がるほうを向き、示指で相手の頚を指し、小指が尺側を上る経路を攻め、薬指で浮かせられる位置に手背を引きました。

小指から、あるいは母指から順に、指一本一本を側方に張っていくと手首が回転し、その力が自分自身の中枢にも伝わり、全身の動きとなっていることを感じられました。
手指の張りによって手首が臨界まで決まっても、肘を落とすと、再び動く余地が生まれ、相手との接点にあたる輪っかの中を滑るように、支点を決めたまま動き続けられることを体感しました。
その輪っかが外れる位置に引くと抜き手になり、支点を止めたまま相手の緩みを順に取っていくと固め技になることを学びました。

それから、腕の力を抜くために、胸骨の角度が如何に重要であるかを教えて頂きました。
胸椎の後湾と対応して、胸骨を内部から浮かせられると、頭部の位置が決まり、上肢を吊せることを体感しました。
鼠径部の寄せと連動させて胸骨の幅で動くことが出来ると、体幹を細くしながら、上肢を長く使えることを感じました。
上肢を動かそうとしなくても、脊柱の湾曲に合わせた呼吸の吸い上げによって、背部から上肢尺側を伸ばしていけると、楽に相手を持ち上げられることを体験できました。

M岡さん、KMさん、昨日も多くのことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

位置・軸

昨日は、M岡さんのご自宅にお邪魔して、身体の使い方を教えて頂きました。

最初に、身体の前後左右や回旋の動きによって、重心の位置がどのように変化するかを観察しました。
支える側に重心が移動できていなかったり、傾けたい側と反対へ向かう力が働いていたりと、自分自身の動作に様々な癖があることを確認しました。

両足と、体幹の軸の延長線上にある中央を意識して、身体内部を左右どちらかに寄せると、重心が片側に移動し、反対側の下肢を浮かせられることを学びました。
そこから交互に内部を寄せることで、左右の揺れが生じ、手を添えていると軸の寄せだけで、相手と共に移動することが出来ました。
上方に伸ばした上肢の落下する場所は、戻した軸の位置によって決まることを感じられ、重心と軸の関係性を体感することが出来ました。
それから、剣の反りのように、足背を張って接地面を点に近付け、足底の接点を移動させることで、前後の揺れも観察しました。
鼠径部が深くなるように膝を前に出していくと、重心の位置と対応して手部の高さが変化し、後方への重心移動によって後ろにも引けることを学びました。
両脚の前後への重心移動が、それぞれ反対に働くと回旋の動きが生まれ、下肢の主導によって上肢を様々な方向へ動かせることを実感できました。

停止してバランスを取ろうとするのではなく、どちらにも傾けられるアンバランスな位置に居ることの大切さを教えて頂きました。
頭部の重みが足底に乗る臨界を越えると、身体の移動と共に足が前に出て、新たな位置でのアンバランスが生じることが分かりました。
軸の傾きだけでなく、目線や意識を置く距離によっても踏み出す幅が変わり、自分自身の動作も、峰と谷を取り入れると大きく変化することを感じました。
反る丸める繋がりや、接地面との関わりや、重力に伴うバランスの変化から生まれる力に任せて身体を動かせると、筋力に頼らずに移動したり、相手に重みを移せることを学びました。

剣に引き上げてもらうように、身体の内部を伸ばしていくと、剣先の向いている方向に応じて、片側の下肢を浮かせられることを体感しました。
そこから、剣を含めたバランスの中で重みを下ろしていけると、足底に掛かる圧力が剣の物打ちに乗ることを感じられました。
刃筋の角度が変わっても、前方の脚で常に相手に付け続けることで、腹部が後方の脚に繋がって伸び、丹田の重みを下方に保つことが出来ました。
剣の落ちる位置によって、後側の足の向きは変化し、つま先からではなく、踵を中心に足部を動かすことで、軸がぶれることなく動作を続けられることを学びました。
常に、そうした軸を感じられる位置で動けるかどうかが、ここしか無いという位置を掴む上で重要であるように思いました。

M岡さん、昨日も多くのことを学ばせてくださり、ありがとうございました。

循環五指

先日は、F本さんと一緒に、N山さんの治療院にお邪魔し、治療を学ばせて頂きました。

最初に、治療に入る前段階が如何に大切かを教えて頂きました。
相手の中心と自分の中心を合わせてから近付くことで、身のこなしが変化し、受ける側の安心感も大きく異なることを体感しました。
接する際も、手からではなく、体幹から近付き、丹田から広がる呼吸を伝えるように行ないました。
相手の周りの空気を意識しながら接していくことで、心身の無意識の緊張が起こることなく触れられることを学びました。
リラックスしながら施術を受けて頂くために、治療院の空間創りから始まり、一つ一つの行動における心遣いが如何に大切かを感じました。

それから、姿勢や動作を評価し、どういった方向からアプローチするか、空間に補助線を引きました。
その太刀筋を元に、剣を上げる位置と振り下ろす位置をイメージすることで、自分自身の身勢や相手との間合いが決まってくることを体感しました。
力を抜いて手を当てた状態から、労宮を中心に手部を浮かせていくことで、それぞれの指の接点が点になり、関節の形状や動きが細かく伝わってくることを感じられました。
手指を柔らかくして関節を転がしながら、両手の間に張りが生まれる位置に合わせ、丹田から攻めることで、相手の身体を繋げられることを知りました。
そこから、肩や肘など、自分自身の力が入っている場所を抜いていくと、相手の弛んでいく様子を感じられました。
その際、中心は常に付け続けることで、他が自由に動くことができ、繋がりが途切れることなく動作を行えることを学びました。
そのまま相手の伸びていくほうに付いて行き、剣の落ちていく位置と両手の集約していく位置が一致するように股関節で引けると、中央へと誘導できることを教えて頂きました。

治療に臨む上で大切な多くのことを学ばせて頂けて、たいへん貴重な経験が出来ました。
N山さん、F本さん、先日は素晴らしい時間をありがとうございました。

重心快技

先日は、M岡さんのご自宅に上がらせていただき、身体の使い方を教えて頂きました。

刀棒を行ないながら、剣術における身体のバランスを観察しました。
鼻と右肘と物打ちが直線状に並び、前進する力が相手にそのまま伝わるように剣を構えました。
上腕と前腕を絞ることで、手関節尺側が決まり、肘を固めずに両手を押し出せる位置があり、両腕を通る合力が分け目に乗る状態を感じられました。
右手の位置を柄のほうへ滑らしていくと、青岸の構えになり、体幹の側方寄りの軸で攻めることで、変化したベクトルに対応できることを知りました。
剣の峰に合わせて手部を寄せられると、刃筋の向きが合い、丹田の重みによって力の方向や高さを調節することで、上滑りすることなく相手に力を伝えられることを体感しました。

その後、棒や短刀を回す練習をしました。
前腕の回旋によって手首が倒れたり、背部の締めによって肘を引けたり、肩の脱力によって肘が落ちたりと、肘や肩を柔らかく使えると、手関節尺側を決めたまま回せることを知りました。
さらに、母指や示指を弛めておくことで、残りの三指と棒の重みに伴うバランスの変化によって、すり鉢状に棒が回り、その転がりが上肢や体幹に連動している様子を感じられました。
手関節の決めを抜かずに動作を行なえると、どの位置にあっても、上肢の前面と後面の関係性は崩れず、身勢が決まる位置を追い続けられることを学びました。

それから、相手の肩に手を添え、体幹内部の寄せによって、重心を移動する動作を行ないました。
下肢内側から体幹内部へと繋がる張りを、左右いずれかに寄せると、手の力を使わなくても、お互いの重心を移せることを体感しました。
締めに伴う中心の細さを維持したまま行なうことで、寄せた臨界点から新たなバランスが生じ、その変化に任せて中央を挟んでいくことで、繋がりが途切れることなく動作を続けられることを学びました。
ダンスにおけるターンも、そうした働きを踵へと伝え、足趾の付け根で回転することで、軸をぶらさずに行えることを学びました。

向き合って相手の側胸部に手を当て、そのまま前に進んだり、相手の足運びを誘導する練習もしました。
力を抜いていくと丹田の実感が増す位置で、相手の重みを受けられると、相手と共に上肢を浮かせたまま、下肢を運べることを感じました。
足底の緩みを取り、両脚の間に張りが生まれると、剣を持つ両手と同様に、引き分ける力が起こることを感じられました。
それによって、前側の脚の膝が曲がり、重さを相手に移すことができ、より股関節を決めることで、さらに重心を前方に移動できることを学びました。
そのまま丹田の感覚が抜けない高さで足を進められると、見ていなくても、相手の脚がどのように動いているかなど、身体の状況が伝わってくることを面白く思いました。

M岡さん、KMさん、先日も多くのことを学ばせてくださり、ありがとうございました。

刀機微

昨日は、M岡さんのご自宅に伺って、剣術の稽古をつけて頂きました。

剣の横断面の角度を意識して、両手の近位指節間関節や手背の向きを合わせ、前腕後面で攻めることで、刃筋と一致した動作を実現できることを教えて頂きました。
さらに、両手のバランスが、左右それぞれの股関節の動きに対応して変化している様子を観察しました。
両腕と体幹や、剣と右腕など、身体の各所に三角形のバランスが存在し、それらの二辺の長さや角度の大きさや面の傾きが変わることで、あらゆる身勢の変化が生まれることを学びました。
下段に構えた位置から、剣を直線的に上げるのではなく、反りを意識した斬る動きによって剣を浮かせて中段の構えを取りました。
さらに、中段からの骨盤の立て替えで正眼になり、正眼から肘を畳んで剣に体幹を近付けると相懸けになるといったように、基準となる線や面を設けて股関節を起点として動くことで、姿勢の転換が行なわれることを知りました。
上下や左右の組み合わせによって、相手からの様々な方向からの働き掛けに対応でき、それぞれの身勢の間にある繋がりを感じることが出来ました。
そのような姿勢では、剣を介してだけで無く、身体を直接に押されても崩れずに丹田の動きを伝えられることを体感しました。
身勢を立て替えるときには、何処で止まってもそうした状態にあり、なおかつ、臨界の位置まできちんと決めてから動作を続けていく必要性を感じました。

その後、肩部に袋竹刀の物打ちを当てさせて頂き、そこから前進する練習もしました。
袋竹刀の撓みと連動して、脊柱に張りが高まることを感じ、そうして集めた圧力を維持したまま、後方の脚を引き寄せ、さらに一歩を踏み出すと、前に進めることを体感しました。
体幹の面が斜めを向いていても前側の膝や足部が前を向くようにすると、体重を乗せていくことで分け目の実感が高まり、物打ちに重みを乗せていけることを学びました。
相手との位置関係や接点によって、剣の向きが変わり、身体もそれに合わせていくことで、内部に剣の動きと一致した張りを生み出せることを感じました。

それぞれの姿勢の移り変わりを観察する中で、常に身体全体の釣り合いが関わっていることを実感しました。
剣の向きを変えると、膝が内に入ったり、曲がらない位置で肘を曲げようとしたり、手首の決めが抜けてしまったりと、自分自身の様々な癖を感じられました。

M岡さん、昨日は剣術を通して多くのことを学ばせてくださり、ありがとうございました。

選択挟み

先週の土曜日は、M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

最初に、立位で、膝の力の抜ける姿勢を観察しました。
膝より上方を下げることによって曲げると、関節に重みが掛かり力が入りましたが、下方から伸ばすように意識すると、膝関節の奥に引き込まれるように曲がることを感じられました。
そのためには、踵を浮かせても足趾の付け根に乗り、下ろしても重心のずれない位置に、体重を乗せておくことが重要であることを学びました。
また、踵のどこに意識を置くかによって、足関節の曲がり方や伸びていく経路や臀部下部の張りが変化することを感じました。
設定を変えながら、膝関節後面の外側と内側を抜けるラインの両方が通る位置を探し、さらに下肢内側を締められる条件を検証しました。
前方、中央、後方の締めが行える位置では、呼吸によって生じた力を、上方への伸び上がりとして逃がしてしまうことなく、内側に挟む力として高め、外側への張りを生み出せることを学びました。
自分自身が認識していなかった癖に気付いたり、動作時に意識する点や方向をいつもと変えることで、身体の繋がりが大きく変化することを実感できました。

それから、お互いに相手の上腕部に手を添えた状態で、歩法を行ないました。
締めによって脚が引き寄せられ、そこから起こる力の高まりを解放することによって、移動するための推進力が生まれることを学びました。
相手から重みを掛けられても、それを上方へと受け止めようとするのではなく、力を抜いて下方へと吸い込むことを意識して行ないました。
そこから下腹部に生まれた張りを保つことで、体幹の移動に伴って後方の脚が浮き、足関節が決まる位置へ足が運ばれることを感じられました。

また、お互いに抱き合った姿勢から、相手を浮かせる練習もしました。
背部に沿うように手を当てて相手の力を受け入れ、そこから、お互いの接しているあらゆる部位が密着するように、意識を広げて呼吸を行ないました。
自分自身の身体の張りによって、相手に張りを生み出すことが出来ると、一体となって移動できることを体感しました。
手を持たれている場合など条件が変わっても、接点の在り方が異なるだけで、そうした感覚は同様であることを学びました。
相手に把持された接点を留めて自由に動ける位置を探し、力を抜いたまま伸びられる経路を辿ると、相手を浮かせて行けることを体感しました。
鎖骨や肩甲骨の働きを活かすことが、肩部を脱力したまま、張りによって生まれた力を上方まで伝えるために重要であることを感じました。

M岡さん、先日は密度の濃い勉強会を企画してくださり、ありがとうございました。
お相手をしてくださったK元さん、KMさん、ありがとうございました。
今回、得られた自分自身の課題を解決する条件を満たせるように、一つ一つ検証していきたいと思います。

解く相反

先週の土曜日は、 M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

最初に、仰臥位で、自分自身の呼吸を観察するところから始まりました。
下肢の組み方を変えながら呼吸を行ない、どの経路が張っているか、どのように弛んでいくかを観察しました。
緊張が弛んだ状態では、下肢の動きが軽くなったことを感じ、今まで骨盤の傾きを臨界まで動かせていなかったことに気付くことが出来ました。
骨盤をいっぱいま前傾させられると尾骨が立ち上がり、仙骨から脊柱を順に引き寄せていくことで、重みをそこに乗せて行けることを感じられました。
その結果、肩部を床に付けた状態では頭部を、後頭部を付けた状態では背部を浮かせても、身体後面に張りが生まれ、身体の繋がりによってバランスを取れることを学びました。
肘を床に向かって引ける位置では、上肢との繋がりも生まれ、相手からどの向きに負荷を与えられても、吸い込んで返せることを体感しました。

それから、動画で撮影して自分自身を客観的に観ることで、呼吸や姿勢の癖を観察しました。
私の場合は、身体後面を意識しながら吸い上げようとすると、背部が一体となって上がる一方向の動きになっていたことに気付くことが出来ました。
相手と色々な方向で手を合わせながら呼吸を観察することで、様々な場所での引きと攻めを意識することの大切さを教えて頂きました。
尾骨の向きや顎の引きを意識しながら、吸息を脊柱を通して吸い上げたときにも、背部を下方へ向かう力が働く位置を観察しました。
仙骨と後頭骨を繋ぐ張りが生まれると、前方に向かっていても後方への引きが保たれ、相手に押されても崩れないことを確認しました。

また、腹部への吸息によって下腹部に生まれた張りを、肋骨を締めながら吸い上げることで、その力を体幹の内部へ引き込めることを体感しました。
横隔膜の収縮によって、肋骨が浮く一方で、下方への圧力も生まれ、下肢内側から足底へ下る繋がりが生まれることを感じられました。
上から押さえられた重みも、その経路へ通すことができ、そこから相手との関わりの中で力を交流させられると、相手を浮かせたり落としたり出来ることを学びました。
さらに、肋骨内部への引き込みによって、腹部から体幹の内部へと続く経路を感じられ、丹田の動きを伝えることで、繋がりが途切れることなく、相手をあらゆる方向に誘導できることを体感しました。
そのためには労宮や湧泉の働きを意識し、上肢や下肢が自由に動かせる位置を探っていくことの必要性を感じました。

現状を客観的に観察して、自分自身の「当たり前」を変えていくことで、呼吸や相手への力の伝わり方が大きく変化することを実感できました。
M岡さん、KMさん、先日も多くのことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

講習メモ40

40回目となる天晴会では、「扇を持ったときの動き」「両手の中点の意識」というテーマを頂きました。

昨年の五月から行なってきた天晴会は、これで一区切りとさせて頂くことにしました。
それまで入力することに意識が傾いていた学びを、出力するほうに目を向けるようになったことは、私にとって大きな転換でした。
至らない点も多くあったと思いますが、毎回の勉強会のメニューを考え、進行させて頂くことは、自身を見つめ直す良い機会となりました。
最初の天晴会を行なった頃と比べると、心身における様々な変化を感じており、こうした勉強会を続けさせて頂けたことに、深く感謝しております。
てるてるぼーずさん、tonoさん、ゲストとして参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。



◇現状認識

立位・仰臥位での現状を観察する

◇相対練習

<仰臥位・側臥位>

姿勢を変えて呼吸の変化を観察する
・呼吸の通り方の差異
・上肢や下肢の置き方
・骨盤や脊柱の傾き
・タオルを入れる位置や高さ
・力の抜きやすい姿勢取り

骨盤の動きを誘導する
・呼吸で動く方向
・手を当てる場所
・転がる軸
・頭側や尾側への繋がり
・集まる点
・中心の位置

気になる点に手を当てて誘導する
・動きの伝わりにくい部位
・対側から圧力の掛かる場所
・両手の一致する位置
・上方からの繋がり、下方からの繋がり
・伸びていく方向

<正坐位>

お互いの動作を観察する
・呼吸に伴う揺れを観察する
・姿勢や動作の癖
・重心の変化
・骨盤の傾く方向
・手部への伝わり
・道具を持ったときの動きの違い(太極棒、扇)
・動作の大きさ、重さ、滑らかさ、リズム、方向の切り替わる点
・相手の動作の誘導

◇変化の確認

前後の変化を確認する

丹求心

先日、K野先生が、K元さんのお店で施術の勉強会をしてくださいました。

最初に、ベッドに坐った姿勢で、O-リングテストを通して身体を観察しました。
検査を行なう前の基本形を、姿勢を取り直したり、上肢の浮く位置を探したり、手首の角度を調節したり、指の組み合わせを変えたりと、丹田の感覚の有無を基準として調整しました。
繋がった位置では、丹田の感覚を指先まで広げられ、指に加わる感覚や伝わる力がそのまま丹田と一致している状態を体感できました。
今まで、丹田を下腹部に存在する球として意識していましたが、必ずしも場所や大きさが固定したものではないことを感じることが出来ました。
そして、向いている方角や、持っている物や、指差している色との相性によって、丹田の感覚が薄くなると、指先が簡単に外れてしまうことを確認しました。

それから、丹田の感覚が途切れないように意識して、太極棒を持ちながらの動作を行ないました。
呼吸の働きと太極棒の動きが同調している時は、脊柱に意識が通る位置を感じられ、その役割の大きさを実感できました。
仙骨と後頭骨を両端として、呼吸の出入りに伴って、その間を上方から下方、下方から上方へと順に力が伝わっていく様子を感じられました。
いずれの位置であっても、太極棒と脊椎の高さが釣り合っていれば、相手の負荷をそのまま丹田で受けられることを学びました。
日常のあらゆる場面で、姿勢や動作において、丹田が利いているかどうかを意識しておくことが如何に大切かを学びました。

その後、直接のご指導を頂きながら、K野先生の施術をさせて頂きました。
両手で緩みをとった状態から、力の抜ける位置まで浮かせて、自分自身の頚部を引きながら、相手の頚の先まで意識して行ないました。
そこから、手で押すのではなく丹田の重みを伝えることで「入れる」ことができ、楽に呼吸が出来る姿勢で待ち、相手の身体内部の動きに付いていきながら「抜く」ことで、緊張を弛められることを教えて頂きました。
「攻め」だけでなく、常に「引き」とのバランスを取って動作を行なうために、脊柱の働きの大切さを感じました。
また、施術において、弛む位置や、伝わる深さや、戻ってくる経路を、もっと丁寧に診ていくことの必要性を感じました。
他にも、私自身の課題となる多くの点を、実際の施術を通してご指摘頂くことができ、たいへん勉強になりました。

勉強会を通じて多くの体感を得られ、自分自身の身体を創り、感じて動ける状態を維持しておくことの大切さに気付くことが出来ました。
K野先生、K元さん、先日は素晴らしい体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。

講習メモ39

今週の「天晴会」は、以下のような内容で進行しました。

◇現状認識

立位・仰臥位での現状を観察する

上肢を回す、下肢を上げる
・左右の違い
・動かしにくい方向
・詰まる場所

◇相対練習

<仰臥位・側臥位・正坐位>

相手の呼吸を誘導する
・呼吸の通り方を観察する(前後・左右への入り方、入りやすい場所、入りにくい場所、動く方向・早さ・スムーズさ)
・ポジショニングを変える(骨盤の傾き、脊柱の湾曲、四肢の置き方、それぞれの関節の角度、枕の入れ方)
・呼吸が通りやすい位置
・自分自身の位置取り
・呼吸に伴う動きを増幅できる持ち方
・伝わる経路
・呼息と吸息の切り替わり
・頭側へ向かう繋がり、尾側へ向かう繋がり

母指を当てて付いていく
・滞っていそうな点
・反対側の手を置く場所
・表裏の圧力のバランス
・呼吸の一致
・当てた場所の動き
・動く方向
・弛んでいく位置

◇変化の確認

前後の変化を確認する

講習メモ38

今週の「天晴会」は、以下のような内容で進行しました。

◇現状認識

立位・仰臥位での姿勢や呼吸を観察する

◇呼吸

<仰臥位>

太極棒を持って呼吸する
・浮かせる位置を変える(肩や肘の角度、手首の向き、指の方向)
・力の入りやすい部位
・空気の移動と棒の動く方向の関連性を観察する
・両手の引き
・棒の中央
・体幹の締まり

下肢を浮かせて、太極棒で誘導する
・手の内の締まる方向と下肢の移動方向の関連性を観察する
・空気の出入り
・骨盤の動き
・伝わりやすい側、伝わりにくい側
・下肢に至るまでの経路
・抜けずに動ける範囲

<正坐位>

色々なものを持って、呼吸に伴う張りを観察する(紐、手拭い、ティッシュペーパー)
・両手の引きやすい位置、距離
・一致する場所
・張りの細さや弾力性の違い
・張りの臨界
・体幹の動きとの連動
・施術への応用

◇変化の確認

前後の変化を確認する

講習メモ37

今週の「天晴会」は、以下のような内容で進行しました。

◇現状認識

立位・仰臥位での現状を観察する

◇呼吸

<仰臥位、正坐位>

両手を合わせて、波の伝わりを観察する(前後、左右、回転、剪断)
・呼吸の通る経路
・両手の間の圧力
・丹田の動き
・脊柱の揺れる方向
・骨盤の動きの変化
・下肢への伝わり
・波の伝わりにくい箇所

<正坐位、立位>

扇を持って揺れを観察する
・扇までの波の伝わりを観察する
・伝わりやすい持ち方(指の配置、手首の決まる位置、肘や肩の向き)
・空気との間の緩み
・方向の切り替わるタイミング
・途切れずに動ける方向
・下肢の運び
・揺れのリズム

◇相対練習

足部からの施術を行なう
・膝や股関節の位置
・曲がりやすい方向、曲がりにくい方向
・繋がる位置
・伝わる経路

◇変化の確認

前後の変化を確認する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】