中心の動きをロスせずに伝える

合気観照塾 吹田道場 2024.04.18

相掛けで相手の刀を捍ぐ
手の位置を固定したまま動く
持ち方を変えながら、技の掛かり方の違いを検証する
身体のどこかに指先を当ててもらって合気を掛ける

刀を留めたまま、上肢を畳んで身体を近付けることで、相手の刀を受けながら本体を攻める

相手の負荷を全体で受けずに、肩甲骨と肋骨を分離して、体幹を自由に動かせる状態を保つ

腕で動かそうとせずに、反る丸める動きを反映させることで相手の反応を誘導する

接点を置いたまま弛めることで、相手を含めたバランスの中で身体を繋げる

相手の力を抜きながら、自分の肚が充実する方へ吸い込み、行きたい方向を相手の身体に訊く

身体を弛めたまま、中央を締めて全体を張り、中心の動きをロスせずに伝える

相手が掛けてくる圧力の方向に合わせて力を抜き、そこから呼吸で立ち上げて返す

line4.jpg

軸が崩れないようにバランスを変える

合気観照塾 吹田道場 2024.04.11

今週の吹田道場には、K野先生が来てくださいました。
一打三足で、重心を交互に移し替えながら歩きました。
足の向きや、踏み出す幅など、いかに軸が崩れないようにバランスを変えるかを指標に観察しました。
それを前提にしたバリエーションとして、歩法のメニューや合気体操の動きに広がっていくことを学びました。

歩法の動きを意識して、合気の技を稽古しました。
骨盤を立てて胸を開いて首を伸ばし、呼吸の通り道を作りました。
軸を立てて、肩の力を抜き、腕を相手の手に沿わせました。
指先を寄せて手を細くすると、力が徹っていくラインが現れました。
接点がぶれない細さで、骨盤の動きを手に反映させることで、相手を転ばせることが出来ました。
動かないように両手でガッチリ握っていても、k野先生が筆を持つ手にされた瞬間に、実体がなくなり、転ばされました。
外を弛めて、どれだけ純粋に中心の動きを伝えられるかが重要であることを実感できました。
普段からの繊細な観察の積み重ねによって、相手に合わせて自動で弛められる身体が創られていくことを教えてくださいました。

そうした感覚が、相手のバランスを観たり、施術で誘導したりする、元になっていることを学びました。
一本ずつの指から経絡を通して、伸展してくださいました。
図やイメージが先にあるのではなく、経絡ごとに動きが変わり内臓まで繋がっていることを体感として得られました。
細やかに動ける心地良さと、全体として繋がった充実感を味わうことが出来ました。
自分がそうした状態にあって初めて、相手にも映ることを実感しました。
K野先生、参加された皆様、今月も多くの体感をくださり、ありがとうございました。

M1580001.jpg

M1580002.jpg

物打ちに肚の重さを乗せる

合気観照塾 吹田道場 2024.04.04

物打ちを持ってもらった状態で刀を振り下ろす
中段や青岸の構えで、相手に呼吸が伝わるかチェックする
手首を持たれた状態で、相手を斬るように落とす
剣術の身体の使い方を、施術に応用する

・骨盤や肋骨を下から締めることで、中央の圧を高めて刀を上げる

・呼吸と棟や刃を伝わっていく流れを一致させ、物打ちに肚の重さを乗せて斬る

・足や膝の向きを整え、中心の圧の変化が接地面まで行き来できるバランスで立つ

・仙腸関節や胸骨の幅で立て替えて、左右の骨盤の動きを手の引きと攻めに反映させる

・中の伸びを刀に伝えて物打ちで相手を攻めたまま、フレームを替えて脚を出す

・接点を置いたまま、五指を寄せて手首を決め、刀の反りによって相手に入れる

・両手それぞれから相手の頚に徹るバランスを取り、鼠径部の隙間で動いて落とす

240404205834241.jpg

刀や肚や目線の方向

合気観照塾 吹田道場 2024.03.28

立位で廻し打ち
伸びながら打つ、伸びながら受ける
中段から、骨盤の立て替えで構えを替える
相手の太刀筋に応じて動く
青岸の構えで前に進む

・下からの吸い上げによって横隔膜を締めて肘を浮かせ、腕の高さをキープする

・重みに沿って前腕を回旋して刀を倒し、分け目を正中で上げることで廻刀する

・骨盤の立て替えによって刀の角度を変えて、最短の動きで中央を守る

・両腕の尺側の張りが刃筋を伝わって行くように身体を伸ばし、相手の頚に付ける

・刀同士が触れたら接点がずれないように弛みを取ったまま、中心から動く

・身体の伸びで相手が底から浮くほうへ弛みを取り、骨盤の動きで転ばせる

・相手の軸を攻めるように、刀や肚や目線の方向性を一致させて、ぶれずに進む

240328204613865.jpg

浮く力と落ちる力の釣り合い

合気観照塾 吹田道場 2024.03.21

正座で刀の上げ下ろし
椅子に座って、骨盤から回旋して立て替える
木刀での合撃打ち
立位で向き合い、青岸の構え、捩じり込みで前に進む

・下肢内側から体幹中央に吸い上げ、底から上がってくる力で刀を浮かせていく

・両手を引き分けて、浮く力と落ちる力の釣り合いを感じながら、刀の角度を変える

・鎖骨の留め金を外して、相手の呼吸を観ながら、いつでも下ろせる状態で待つ

・胸骨を浮かせたまま腕を下ろし、肚に落ちた重みの反作用で更に軸を伸ばす

・中のテンションを保ったまま、仙腸関節のズレを手に反映させることで、刀を傾ける

・相手との間の弛みが取れ、呼吸の伸びが伝わる、ちょうど良い角度に刃筋に合わす

・相手を斬るラインを想定しながら、その向こう側まで意識を広げて動く

240321202631463.jpg

引きと攻めが途切れないバランスで動く

合気観照塾 吹田道場 2024.03.14

正坐位で向き合い、K野先生の両手を持たせてもらいました。
相手の持ち手のまま力を抜いて、指先まで徹るように立ち上げることで弛みが取れました。
軸を伸ばしたまま肩の力を抜き、仙腸関節で動かれると、全体の引きと攻めが右手と左手にも表れました。
骨盤と手の動きは同時ではなく、浮かせて攻める側と落ちて引く側が時間差で伝わり、底から崩されました。
基本の動きは合気体操に入っていて、それを状況に応じて自在に伝えられるような身体を創っておく必要を感じました。

片手持ちでも、両手を持たれた時と同様に、一側の腕で弛みを取る働きが起こりました。
引きと攻めが途切れないバランスで動けるからこそ、力が途中で止まらずに徹っていくことを実感しました。
剣術の稽古も、そうした認識を持って稽古しないと、本来の目的から外れてしまうことを学びました。
「ここしかない角度」は相手が教えてくれていて、刀の鋭さに合わせて身体を細くしていくことで、徹る位置にピタリと合いました。

そうした感覚をより細やかにしていくと、鍼治療にも繋がることを教えてくださいました。
鍼の僅かな回転は刀の捩じり込みに当たり、垂直に立てられた鍼の先を徹る向きに合わせておられました。
鍼を接触させたまま、中心の振動が撓みとして伝わるように浮かせておくと、響きが全体に広がって弛んでいきました。
それによって、受け取る本人の中から、身体の変化に気付く切っ掛けが生まれたり、自然治癒を助ける働きとなることを感じました。

教わってきたことが色々と繋がり、今後の稽古の方向性を見直す有難い機会になりました。
K野先生、参加された皆様、多くの学びをくださり、ありがとうございました。

M1540001.jpg

刀をガイドにしながら上げ下ろし

合気観照塾 吹田道場 2024.03.07

手首を決めて、小指球が乗り、中指環指が引っ掛かるバランスで刀を持つ

呼吸に伴う骨盤の傾きを両手の絞りと一致させ、刀を上げ始める

刀の傾きや重さの移り変わりを感じながら、常に肚と一致するバランスで上げる

刀の高さに合わせて身体を締め、圧を下から押し上げていくことで、臨界まで伸ばす

重心を前に傾けて鎖骨を弛め、軸の伸びを保ったまま腕を落とす

刀をガイドにしながら上げ下ろしして、緊張や捻れと言ったアンバランスを観察する

股関節を深めて立ち、常に刀との釣り合いが取れる位置に重心を移動する

刀に当たった所で止めずに、足の下まで意識して相手の本体に力を通す

肚の圧の高まりで、刀と胸の間の空間を広げ、相手の向こう側まで通す

全体の反る丸めるを手にも反映させ、他の四指を引いた分だけ、母指で攻める

line2.jpg

身体の隙間を通して相手を落とす

合気観照塾 吹田道場 2024.02.29

股関節から脚を上げると、重みで前に倒れ込んでいくバランスで立つ

前後の重心移動と骨盤の立て替えで、体幹に腕を巻き付ける

足首を決めて、殿部を丸めて、首を立て、中を伸ばした姿勢で相手に持たせる

掴まれた場所は置いたまま、手の内のバランスを変えることで相手との間の弛みを取る

呼吸による広がりで前後や左右の張りを生み出し、お互いの外枠を一致させる

両手を引き分けて息を吸い上げ、全体の引きと攻めで、相手を引き付けながら腕を上げていく

意識も目線も相手の身体で留めずに、空間を広く使って向こう側まで通す

相手を浮かせたまま中だけ弛めて、骨盤が自由に動き、いつでも落とせる状態にしておく

鼠径部の溝が深まる方へ重みを下ろすことで、身体の隙間を通して相手を落とす

呼吸で手の平が返る動きで、相手を浮かせて頚に入れ、弛めてずらし、腰から崩す

240229204843124.jpg

腕ではなく体幹から短刀を回す

合気観照塾 吹田道場 2024.02.23

骨盤の傾きと共に、前寄り・後ろ寄りに吸い上げ、身体を前後に揺らす

足底からの繋がりで百会まで呼吸を入れて、中の伸びを反映させることで相手を浮かす

身体を前に傾けるのではなく、締めながら伸ばすことで、重心を移動して倒れ込む

足首を決めて、身体背側が伸びていく方へお辞儀し、股関節を深い位置で曲げる

前屈位から背骨を一つずつ噛み合わせて、体幹を起こす動きと連動させて腕を上げる

肩の力を抜いて吸い上げた重みを落とし、鼠径部を深めることで身体を折り畳む

短刀の切っ先の向きと脊柱が波打つ動きを連動させ、腕ではなく体幹から短刀を回す

息を吐きながら更に軸を伸ばして、物打ちに肚の重みが乗るように刀を下ろす

軸の伸びと指先の伸びを連動させ、中央を伸ばしていくことで手の内の弛みを取り続ける

身体の伸びや重心の移動や意識の広がりを、呼吸で一致させて全体で動く

240222192926015.jpg

呼吸の移り変わりで寝返りする

合気観照塾 吹田道場 2024.02.15

重心を一側へ寄せて呼吸で中央を伸ばし、反対側とのバランスで腕を上げる

上下に引き分けて均衡が取れた状態から、弛めることで隙間を作って腕を落とす

仰臥位で鼠径部を寄せて、呼吸に伴う骨盤の転がりで脚を浮かす

尾骨を付けて、下からの繋がりで背骨を順に反らせ、仙骨と後頭骨でブリッジする

身体の中が弛んでいく流れと共に、背骨を一つずつ下ろして床に付けていく

頚に入る方向に脚を上げ、弛めて横に倒し、力を抜いて踵まで伸ばして、呼吸の移り変わりで寝返りする

刀を含めたバランスで息を吸い、背骨を呼吸が昇っていく流れに沿って腕を上げる

両手を引き分け、刀の重みと背側への引きの釣り合いを取り続けることで、刀を振る

股関節を寄せて、相手との接触点に内側から呼吸を入れることで弛みを取る

相手の触れ方に合わせて力を抜いて呼吸を通し、どこからでも合気が掛かる身体を目指す

line_835339077453318.jpg

line_835339077453.jpg

型に込められた意図を汲み取るように学ぶ

合気観照塾 吹田道場 2024.02.08

先日の吹田道場の稽古には、K野先生が来てくださいました。
制剛流抜刀術で、そのまま引いても鞘から抜けない刀をいかに抜くかというところから見せてくださいました。
中の伸びと仙腸関節の立て替えが、刀の抜ける軌道と一致すると抜刀でき、そのまま相手を斬る動きになりました。
一つ一つの動作が骨盤と連動し、余計な動きを削ぎ落としていくと、きれいに納刀まで繋がっていくことを学びました。
形を追うのではなく、型に込められた意図を汲み取っていくことで、身体の使い方を学んでいくことの大切さを教えてくださいました。

相手が持つ刀のバランスのまま力を抜いて、手を沿わせておられました。
腕で上げずに、中のバランスの変化が手の内の引きと攻めとして伝わることで、伸展が起こりました。
そのまま圧を変えずに、刀で斬れる軌道で引きと攻めが切り替わることで、峰から谷に落とされました。
脳の予測したイメージが現実とリンクしていると、わずかな動きであっても同様に技が掛かりました。
握ったり、引いたり、押したり、といった直接的な動きから脱却できないと、そうした方向に向かっていかないことを感じました。

息を吸い上げて、頭の中から頭部の経穴に向けて息を吸い上げました。
額中と脳戸に行き来させると、軸が伸びて、ロッキングチェアの揺れが自然に起こりました。
目標とする場所が少しずれただけでそうした反応は起こらず、少しの違いが大違いであることを実感しました。
最近されている動眼呼吸法を、体験させてくださいました。
仰臥位で目を瞑ったまま、指を当てておられる点を、右目で見たり、左目で見たり、両目で見たりしました。
頭を繋がる位置に合わせ、呼吸や目の動きを使って、全身のバランスを誘導してくださいました。
頭蓋骨が弛んで自然に身体が伸び、頭の中もクリアになりました。

自分で得た体感が、そのまま相手の身体に及ぼす影響力として反映されていることを実感しました。
体感を深められるように工夫しながら、稽古に取り組んでいきたいと思います。
K野先生、参加された皆様、今月もありがとうございました。

M151000.jpg

身体を上下に引き分ける

合気観照塾 吹田道場 2024.02.01

息を吸ったり吐いたりして、脚の上げ下ろしとの関係性を検証する

前に出した足を股関節から弛めて外に開き、倒れ込めるように道を空ける

中央の吸い上げで腹直筋と後頚部を伸ばし、身体を上下に引き分ける

頭部を浮かせて背骨や骨盤を吊るし、背側の波を伝えることで前に進む

肩幅ではなく、軸の幅の回旋や上下する流れによって、肩を動かして腕を揺らす

四つ這いで後頭骨と仙骨を連動させて、頭との釣り合いで脚を伸ばす

頚が伸びていく方へ、手や足が勝手に付いて動くようにハイハイする

軸の伸びで会陰を引き上げて、締めを保ったまま股関節を移し替えることで歩く

肘の位置と肋骨の関係を観察し、頚が伸び、肋骨が締まるバランスで腕を上げる

肚と労宮を繋げて腕を浮かせ、相手の圧を吸い込みながら重心を移動する

240201202207747.jpg

全身の締まりや解放で歩く

合気観照塾 吹田道場 2024.01.25

立位で目を瞑り、視覚に頼らずに足の裏の感覚でバランスを取る

息を吸ったり吐いたりして、呼吸による重心の変化を観察する

前後のバランスの臨界から、止めずに倒れ込むことで、前や後ろに進む

地面を蹴らずに、息を吸い上げて横隔膜から後ろ側の脚を引き寄せる

一方の足に重心を乗せ、股関節を寄せて足を浮かせ、細い幅で踏み替える

鼠径部を解放することで、側方の軸で回旋して体幹の向きを替える

呼吸による全身の締まりや解放を、脚を寄せたり踏み出したりする動きと一致させて歩く

相手の重みを足底まで落として、相手を含めたバランスで底から吸い上げる

相手の頚に入れて伸展し、そのまま重心を後ろに移すことで相手を爪先立ちにする

弛みを取ったまま、鳥と亀の動きによる下からの波で腕を伸ばし、相手を後ろへ転ばせる

240125203303107.jpg

全体のバランスで足を踏み出す

合気観照塾 吹田道場 2024.01.18

吸って脚を上げ、弛めて股関節を解放し、吐きながら下ろし、呼吸との関わりの中で歩く

足を先に出さずに重心移動で倒れ込むと、勝手に脚が前に出て、頭の下に足を着ける

全体のバランスの傾きを変えることで、足を踏み出す位置をコントロールする

前の足に重心が乗り切るまで踵を着けたまま待ち、そのまま滑らせて後ろ脚を寄せる

身体後面を伸ばすことで張力を生み出し、前へ向かう推進力として活かす

右目、左目と切り替え、視線で身体の伸びを誘導し、体幹の向きを替える

呼吸の吸い上げで腹直筋と後頚部を伸ばし、中央の軸を立てたまま動く

腕を吊ったまま力を抜き、肋骨を浮かせたまま、横隔膜と繋げて脚を引き上げる

股関節のくわえ込みが抜けないように、左右の割合を移し続けることで粘り強く進む

意識的に変えようとせず、いつもと違う動きをして、一周目と二周目での身体の変化を観察する

軸の振動から伝わる手の圧

合気観照塾 吹田道場 2024.01.11

今週の吹田道場には、K野先生が来てくださいました。
太極棒を持ち、呼吸で引き分けながら腕を上げ、軸の伸びで仙骨と後頭骨を繋げました。
弓の弦のように自分の中をピンと張った状態を保ちながら、力を抜くことで腕を下ろしました。
股関節の動きに合わせて腕を前後に揺らし、肩の力を抜いたまま振れるバランスを観察しました。
指先まで呼吸を伝えるようにして浮かせ、先端を残したまま先に中を落としました。
吸い上げて頭の上で両手を合わせると、骨盤や肋骨が締まり、さらに軸が伸びました。
合気の技も施術も、そうした前提があって初めて体現できることを教えてくださいました。

K野先生が施術してくださいました。
触れるか触れないかの境界線で手を当てて、頚まで繋がるポジションに近付けておられました。
軸の振動から伝わる手の圧が細やかに変わり、身体の中で広がって頭蓋骨まで弛みました。
膝でも腰でも頭でも、中が徹る位置で待っておられると、自然に変化が起こりました。
全体が繋がってくると腕に力を入れる必要が無くなり、手の感覚も変わりました。

そうした体験を踏まえて、メンバーで順番に施術をしました。
息を吸うだけで相手の軸が伸び、百会まで伝わるように手を当てました。
少しの手の向きの違いで、相手への徹りかたが大きく変わることを体験しました。
余分な力が抜けているからこそ、自分の緊張や相手の偏りが感じられることを実感しました。

緊張が解けていく心地良さを味わわせて頂き、そうした施術が出来るように積み重ねていく気持ちを新たにしました。
K野先生、参加された皆様、今月もありがとうございました。

M150000.jpg

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】