身体を呼吸で繋げる

呼吸動作研究会 2018.01.28

今月はKMさんが、足底のセンタリングというテーマで進行してくださいました。
紐を踵から足趾の間へ通して一周させ、草履を履いているような状態で、動作を観察しました。
足関節、膝関節、股関節を呼吸と共に曲げたり、身体を前後に揺らしたり、左右に重心を移したりしました。
下肢を折り畳むとき、膝を内側に入れる癖があることを実感できました。
股関節を弛めることで膝が真っ直ぐに曲がると、趾の間に通した紐の感覚が高まる方向に重みが落ち、下肢を通って呼吸が吸い上がってくる様子を体感できました。
それから、紐を通す趾の股を変え、その都度、立ったときの足の向きを微調整しました。
同じように動作をしても、前提条件が変われば繋がり方も変わり、徐々に可動域が広がっていく様子を感じられました。
順に行なった後、左右の脚の違いを比べてみると、足背の感覚が高まって足趾が浮き、足関節の深みが増していることを自覚できました。
微妙な違いで身体の使い方が大きく変わってくることを実感し、そうしたズレに気付けるように練習を工夫していく必要を感じました。

後半は、K野先生が来てくださり、会員に施術を施してくださいました。
芯での呼吸の行き来が手まで伝わることで、木刀が上がったり下がったりし、施術もそれと同様に行えることを実演してくださいました。
上肢と下肢のそれぞれの関節が対応し、呼吸が伝わる位置に下腿を浮かせておくと、木刀を持った腕が弛んでいくように脚が伸びていく様子を見ることが出来ました。
その際、術者が押したり引いたりするのではなく、相手の重みを利用していることを教えてくださいました。
膝から下の重みを取り除くことで、股関節がフリーになる位置に導き、呼吸で弛んでいく瞬間を逃さずに、相手の重みで伸展する様子を見せてくださいました。
そうした繋がる位置を受け取るために、自分の脚や腕を呼吸で浮かせられるように検証しておくことの大切さを実感しました。
自分の身体が呼吸で繋がって初めて、シンプルな原理で、どこからでも誘導できるようになるのではないかと感じました。
それから、一つのやり方にこだわらず、駄洒落のように発想を変えていくことの大切さも教えて頂きました。
相手や状況に合わせて、笑って解れたり、目線で伸びたりと、身体に備わった働きを何でも活用できることを学びました。
術者の力ではなく、本人のバランスの変化で弛めてもらうからこそ、ご自身で健康に向かって頂く施術ができるように思いました。

K野先生、KMさん、参加された皆様、多くの学びをくださり、ありがとうございました。

腰の動きって?

呼吸動作研究会 2017.12.24

後頭骨と仙骨に手が当たるように棒を後ろ手に持って、呼吸で張る

棒を引き分けて背骨を伸ばしたまま、股関節の曲げ伸ばしや回旋の動きを観察する

棒との間の浮きや当たりから、自分がイメージしている動きと、実際に行われている動きのズレを確認する

両手で棒を挟んで背骨と一致させ、体幹の傾きや捻りを手まで伝える

仰向きに寝て腰椎の下に横向きに棒を入れ、吸息で緩みを取って空気の上下で転がす

背骨の下に縦向きに棒を入れて、骨盤や肩甲骨を揺らしながらバランスを取る

背中を丸めて背側に呼吸を吸って、息が入りやすい場所と入りにくい場所をチェックする

姿勢を変えて同様に呼吸することで、骨盤と背骨や下肢への繋がりの変化を観察する

相手に手を持ってもらい、腰を丸めたとき、反らしたとき、自分の思う真ん中で息を吸ったときの違いを検証する

手を繋いで輪になり、何人も先まで意識しながら、呼吸を伝えていく

呼吸でバランスを変える

呼吸動作研究会 2017.11.27

身体に触れながら息を吸い、呼吸の入りやすい所や飛ばしている所をチェックする

立位で骨盤底へ呼吸を入れて、会陰部の行き来によって骨盤が動くことを体感した

意識が薄い場所を相手に触れてもらって呼吸を入れることで、全体のバランスも変わることを感じられた

背側の動きも意識しながら腹側から診ることで、パートナーの呼吸の偏りや姿勢のアンバランスを立体的に感じられた

趾先を竹踏みに乗せることで、下肢を弛めやすくなり、呼吸の立ち上がりが変わることを体感した

股関節から折り畳み、腰椎、胸椎、頚椎の順に重力に沿って弛め、脱力して身体背側を丸くする

前屈位で腕を垂らして脱力し、肩からではなく、骨盤の動きで手を揺らす

骨盤を帯で締めて、外側を弛めたまま呼吸で下肢を張り、内側の細い幅で動く

圧痛のある場所を押すのではなく、経絡を意識して触れることで、繋がりの中で弛んでいく働きを待つ

ペアでの施術を通して、呼吸の入り方と、姿勢のバランスと、経絡の虚実の関係性を検証することが出来た

横隔膜と肛門の浮き沈み

呼吸動作研究会 2017.10.22

仰臥位で呼吸によって骨盤を傾けて、恥骨や会陰や肛門の締まりの移り変わりを観察する

肛門の出口側を締めようとすると腹筋が固まり、肛門の中央が引き上がるように内側が締まると呼吸が通ることを検証できた

恥骨が寄るバランスで大腿骨を内旋して骨盤を締め、内側への圧の高まりと拮抗させて大腿部を張る

呼吸の出入りに伴って、横隔膜と肛門が一致して、浮いたり沈んだりすることを体感した

吸息に伴うバランスの変化よって第五腰椎を決め、腹筋を弛めたまま骨盤をニュートラルの位置に戻して、中心で吸い上げる

下腹部と仙骨を内側から膨らませ、それを維持したまま吸うと、身体の中心を細く早く吸い上がる経路を感じられた

吸って軸が伸びたところから先に弛めて丹田に戻しておくことで、呼気と共に更に頚が伸びる働きが起こることを実感した

仙骨を内側から浮かせ、呼吸の経路を通して後頭骨と繋げることで、頭や脚が上がることを体感した

横隔膜と肛門だけでなく、労宮や湧泉や百会など、呼吸によって浮き沈みする膜の感覚があちこちに在ることを感じられた

センタリング・タッチによる繋がりの誘導と、東洋医学の臓腑へのアプローチが共通していることを感じられ、治療の見方が広がった

「良い姿勢」とは?

呼吸動作研究会 2017.09.24

正座位で前後左右から押してもらって、バランスや緊張を確認する

骨盤、背骨、頭部、肩甲骨と、身体の各部位に意識を移しながら、重心を前後に移動する

両手を組んで、肋骨を締めながら引き分け、身体の内側と外側で起こっていることに目を向ける

立位で目を瞑り、重心の移り変わりや、動いている所、動いていない所を感じてみる

力を抜いたまま脚を動かしたり腕を上げたり、呼吸で動ける範囲で動作を行う

身体背側に下から順に息を入れて、臀部や腰や背中や頚を丸くする

同じことを片側や左右で逆向きに行なって、呼吸の通り方の変化や身体に起きる連動の違いを観察する

仰臥位で自分の呼吸が届いている範囲を受け取り、条件を変えて違いを検証する

円皮鍼を貼ったところを意識して呼吸で膨らませ、繋がりの変化を感じてみる

円皮鍼を一側の手首と足首に張り、呼吸によってバランスが変わっていく様子を観察する

意識の偏りと姿勢のアンバランスの関係性を感じられ、どちらからアプローチしても良い方向に導けることを体験した

接点で吊るす

呼吸動作研究会 2017.08.27

正座や立位でロッキングチェアを行い、重心の移り変わりや相手への呼吸の伝割り方を観察する

壁に手掌を当てて皮膚の緩みを取り、接点で吊るすように、上から順に力を抜いていくことで重みを下ろす

重みを預けきれないと、顎が上がったり、背骨を反らしたりして、内部の動きを止めてしまうことを実感した

四つん這いで、手掌の皮膚の動きを感じながら頚や胸や腰をセンタリングして、皮膚を緊張させないバランスのまま臀部を下ろす

どの二点からでも重みを中央に下ろしていけるバランスに近付けられると、背骨の捻れや頭の位置が調整されることを体感させて頂いた

骨盤を動かそうとせず、胸部や咽喉や頭部の奥行きの間で呼吸を行き来させることで、離れた場所から骨盤を誘導する

頭部まで通った細さのまま芯で動くことで、動作の繊細さや意念の働きが高まることを感じられた

後方への重心移動でも、力を抜いて下方から順に吸い上げることが出来ると、後上方へ身体が伸び、バランスが取れることを体感した

吸い上げたところから胸部を弛め、さらに肋骨を締めることで力を上肢へと繋げ、指先まで伝える

横隔膜の締めと後頚部の伸びを一致させて浮かせることで、相手の身体にも同様の状態を導き、無意識の緊張を抜け道に誘導する

身体の可能性を広げる

呼吸動作研究会 2017.07.23

今月の研究会では、前半はKMさんが担当してくださいました。

最初に、今回のテーマである「でんでん太鼓」の動きを確認しました。
それから、腰の下に座布団を入れて、呼吸によって骨盤を転がしました。
骨盤の傾きと共に鼠径部が深くなって、腹筋が伸び、頚まで繋がって動くことを確認しました。

同様の動きを、側臥位で観察しました。
体幹の下に枕を挟んで圧の変化を受け取ることで、呼吸に伴う転がりが骨盤や脇の下にも伝わっていく様子が感じられました。
力を抜いて呼吸に任せることで、鼠径部が深まる方向に骨盤が傾いて脚が滑り、寄ったまま元の位置に戻っていくことを体感させて頂きました。
そうした連動が伝わるバランスを取るために、最初のポジショニングがいかに大切であるかを学びました。

再び仰臥位になり、吸息に伴う肩甲骨の寄りによって、肘を張る力が伝わって背部が浮き、頚が伸びる様子を観察しました。
それから、中央での吸い上げによって腕を浮かせ、上がったところで弛めて、末梢に伝えた力を中枢に集めていくことで腕を下ろしました。
仰臥位でも、立位と同様に内部の力の行き来によって、手の動きを誘導でき、元の位置に落とせることを体感しました。
「天地人の串刺し」や「六方円」、刀の上げ下ろしなど、どれも同じ原理で起こっていることを実感できました。

後半は、K野先生が特別講師としてメンバーの施術をしてくださいました。

相手の呼吸が入りやすいバランスで待ち、本人の呼吸で弛むタイミングを逃さずに付いていけると、固まっている場所も動き、身体の可能性が広がっていくことを実演してくださいました。
そのために、引きと攻めを同時に行うことで、相手の脳が反応できない状態を作り出す必要性を学びました。
そこから、呼吸の隙間でずらすと、本人が無意識の内に固めている癖の位置から外せることを教えてくださいました。
外見はほとんど動いていないように見える繊細さで、内部では弛んでいく働きが起こり、身体が繋がっていくことを感じられました。

そうした施術を行うためには、相手のバランスに応じて、自分の力を抜ける身体を創っておかなければならないことを改めて実感しました。
相手と一体になったところから、自分が力を抜くと、相手も同調して弛んでいく様子を観せて頂きました。
施術をされているK野先生の頭部に触れさせて頂き、吸って弛めて吐く働きと共に柔らかく動いている様子を感じられました。

また、側臥位で頭を浮かせ、いつもと違うバランスで力を抜いてもらうことで、肩が弛む位置に導いたりと、相手の発想を変えることの大切さを学びました。
施術や会話を通じて、お客様自身に自分の癖や治る力に気付いてもらう方向に導けるよう工夫していく必要性を感じました。

K野先生、KMさん、参加された皆様、昨日は多くの気付きをくださり、本当にありがとうございました。

背骨と呼吸

呼吸動作研究会 2017.06.25

仰臥位で、呼吸の入り方や足の向きや背骨の着き方を観察する

骨盤を転がして、背骨一つずつを意識しながら、反る動きや丸める動きや回旋する動きを順に伝える

呼吸と合わせて動作する中で、動きの固い場所や途切れる場所を確認する

紐を背骨に当てて皮膚をずらせる範囲で緩みを取り、触れている場所を意識して息を吸って張る

足底や足趾に紐を掛けて、呼吸で身体を伸ばし、張りを抜かずに弛める

頭部に紐を通して呼吸で張りを作り、中心の伸びを観察する

芯を伸ばして後頭骨と仙骨の関係性を維持したまま、骨盤や背骨を動かす

意識したところに呼吸を入れたり移したりすることで、背骨を動かしたり、手の位置を誘導したりする

相手の足趾を持ち、頚まで順に繋げて、張りを保ったまま、弛んでいく流れを待つ

自分の軸を伸ばして、接点の緩みが取れたら、骨盤の操作で手を動かして繋がるバランスに近付ける

上肢の動きと骨盤の傾き

呼吸動作研究会 2017.05.28

それぞれの指を意識しながら手掌の向きを変えることで、呼吸の通り方に与える影響を観察する

呼吸と共に、尺骨を軸に前腕を回旋することで、上肢の動きと骨盤の傾きとの連動を感じられた

呼吸で空気の入る方向によって前後の揺れが起こり、下方からの吸い上げに伴う伸びで身体を浮かす

中指が頚と繋がるバランスで地面を突き刺し、上に伸びながらも、下方へ向かう力と行き来させる

手掌を下に向けて両手を重ね、肩甲骨が寄って頚が伸びるバランスで両腕を浮かす

仰臥位で片側の下肢を上げたとき、後頚部が伸びて後頭部の圧が高まり、頭部も協力して動いていることを感じられた

体幹の内部を通る経路と繋がる方向に肘を上げ、腹側を上がってくる伸びを指先まで伝える

タオルで後頭部と畳の間の緩みを取り、縮んでいる側に張りを作ることで、呼吸によって中心に近付いていくことを体感した

転がそうとしなくても骨盤が転がり、寄せようとしなくても肩甲骨が寄り、伸ばそうとしなくても脊柱が伸びるバランスで呼吸する

身体を動かす条件を様々に変えることで、一定のリズムの揺れの中で生じる違いを検証する

張りと脱力

呼吸動作研究会 2017.04.23

吸息と共に身体を張って、下腹部の圧力の高まりによって骨盤を傾ける

動きが止まる場所に枕を入れて、前後の厚みを意識しながら息を吸い上げる

筋力ではなく、脱力によって股関節が深まる方向へ骨盤を転がす

股関節の向きを変えながら伝わりかたの違いを観察し、骨盤の動きと膝の回転を一致させる

両腕を下肢に掛けて張り、弛んでいく流れに沿って胸を開いて肩甲骨を落とす

動きが止まったところから、もう一回吸って後頚部を伸ばすことで、頭部まで弛めていく

側臥位で、下側の脚の張りに伴う反作用によって、反対側の下肢を浮かす

張りを保ったまま、上側の脚ではなく、中央の呼吸の行き来によって左右の骨盤を転がす

大腿部の外側への張りによって、臀部下部が利き、腰椎が決まることを感じられた

張りを維持したまま、中を自由に動かすことで、相手の負荷を受けずに手を伸ばせる

呼吸と皮膚感覚

呼吸動作研究会 2017.03.27

<仰臥位>

畳との接地面の状態を観察する

身体に手を当てて呼吸をしながら、動いている場所や動いていない場所をチェックする

畳に触れている皮膚の動きを観察する
脚を曲げ伸ばしする
足の下にビニール袋を入れて摩擦を減らす
ある時とない時の違いを検証する
足底の皮膚から身体への連動を観察する

<側臥位>

四肢への骨盤の動きの伝わり方をみる
上側の脚と下側の脚をずらす
手を前方に滑らせる
両脚の間、手の下にビニール袋を挟む
左右差を確認する

<正坐位>

大腿部に手を乗せて皮膚をずらす
下腿前面の皮膚を揺らす
ビニール袋で雑巾掛けするように手を伸ばして身体を前に倒す

<椅坐位>

足底や臀部の皮膚の動きを確認する
足の下にビニール袋を敷いて色々に動かす
両手の掌を合わせて、手掌の圧の変化や皮膚のずれを観察する

相手と手を合わせて呼吸の伝わりかたを検証する

上下の三角形

呼吸動作研究会 2017.02.26

骨盤の内側の呼吸の出入りと、座布団に当たっている腸骨稜の外縁の動きを観察する

呼吸の入りやすさを指標として、枕の高さや位置を変え、膝の曲がり方を検証する

膝の内・外・真ん中でそれぞれ弛め、頚と繋がって伸びていくバランスを観察する

膝を曲げるのではなく、条件が満たされると、股関節が深まったり、膝が曲がったり、足関節が決まったりが連動して起こることを感じた

左右の脚を浮かせて比べ、上方との繋がりによって下肢が折り畳まると、楽に上がることを感じられた

肘が曲がる方向に力が抜けると、肩も脱力できて可動域が広がることを実感した

両膝ー会陰を繋いで重みを地に下ろし、身体を下方からの吸い上げによって立ち上げる

両肘ー百会の繋がりを保ちながら腕を浮かし、上下の三角形の関係性を意識して動く

手先から伸ばさずに丹田から腕を出し、常に肚と繋げた状態で動作を出来るようにする

母趾球と小趾球、踵の中の前後左右で重心の移り変わりを細かく受け取り、ロッキングチェアをする

呼吸で骨盤を転がす

呼吸動作研究会 2017.01.22

・腰の下に座布団を入れて腹側を伸ばしたまま、呼吸で骨盤が動く様子を観察する
 息を吸ったときの丹田の感覚が途切れていないかを常に意識しながら、脱力して動く

・仰臥位で両側の踵を合わせると、腹部への吸息によって両足の間の圧力が高まり、下肢が伸びることを感じられた
 膝を寄せずに、下肢内側の張りを高めて、体幹の中央に息を吸い上げる

・脚を上げようとして引き寄せるのではなく、空気の移動に伴う骨盤の転がりで下肢を浮かす
 骨盤を捻らずに、頂点でのズレによって脚を側方に傾け、その重みで体幹を回旋する

・丹田からの繋がりで、畳の上に手を滑らせ、身体の周りを一周させる
 上肢の位置が下肢や頭部の重みと釣り合いながら、全体としてのバランスを取りながら変わっていく状態を体験できた

・腹筋を縮めずに骨盤を丸めることで、背骨へ順に力が伝わり、バランスで頭が上がることを体感した
 左右の肩甲骨を寄せることで下方から上がってきた力が肋骨の内部を通り、頭部まで伝えられることを感じた

・眼球を動かしたり、焦点を合わせたりして、眼窩の内部の緊張や弛緩に目を向ける
 姿勢や呼吸や後頭下筋など着眼点を変えることで、どこからでも繋がりを広げていけることを感じられた

活動報告80

健康維持互助会 2016.12.25

・足趾、踵、足首、膝、股関節、骨盤、頭と意識する場所を移しながら、足底の前や後ろに重心を移動する
 同じ方向への動きを、条件を変えながら違いを確認する

・姿勢や先導する場所を変えながら、体幹を前屈したり回旋したりする
 動作の起点や、動かしやすい場所、動きにくい場所を観察する

・それぞれの関節に意識を移しながら、片脚を上げる動作を検証する
 片側の足底に重みが乗るように脱力していくことで、反対側の脚を浮かす

・接地面や接点の皮膚のズレを感じながら、身体のバランスを変える
 全身の皮膚とその内側をずらし続けられる方向に、緩みを取りながら動く

・相手の両手を持って、伝える深さを意識しながら、身体を揺らす
 それぞれの手から緩みを取って頚まで繋げ、相手の身体が一体になった状態で、骨盤の動きを同調させる

・膝を折り曲げるのではなく、大腿と下腿が鍬え込まれるように深まる方向に折り畳む
 正坐位を取るときも、お尻を落として居着くことなく、股関節が自由に動き、次の変化に繋がることを感じられた

活動報告79

健康維持互助会 2016.11.27

・立位での姿勢を確認した後、二種類のインソールを試し、それぞれが身体の安定性や柔軟性に与える影響を観察する
 足底のバランスに伴って、全体の姿勢や重心が少しずつ変化し、頭部の位置まで変わっていく様子を感じられた

・色々な方向から負荷を加え、それに対してその方が支えようとしている場所を確認する
 固まっているところの緊張を弛めて浮かすことで、三点の働きを高め、足底の着き方のバランスを変える

・三点バランスのインソールの上で、骨盤を意識して足踏みしたり、体幹を回旋したりする
 無意識で脳に働き掛けながら、意識して動いてもらうことで、身体に起こった反応が持続しやすいように感じた

・単に腕で物を持ち上げたときと、先に対象にヘソを向けてから物を持ち上げたときの違いを観察する
 手から動かすのではなく、呼吸に合わせて中心から動く

・中心の軸を感じながら、側方のラインで攻めるように立て替える
 鼠径部を深め、脚の外側ではなく、内側を通る経路で回旋し、体幹の中央に繋げる

・両手の引きと攻めで相手の周りの空気を動かすことで、姿勢や動作の変化を観察する
 直接に触れていなくても、相手の皮膚の緩みが取れていくときと同様の感覚が生じ、どのように身体のバランスが変わるかを感じられた気がした

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】