体験記06

センタリング呼吸法セミナー 2011.03.27
呼吸法セミナーでは、健康維持互助会に引き続き、リラックスして呼吸を行なうことの重要性について教えて頂きました。
最初は、いつもと同様に、立位での姿勢や臥位での現状を確認した後、仰臥位での腹式呼吸を行ないました。
それから、折り畳んだタオルを仙骨部に置き、そこを支点としてシーソーのように揺れることで、仙骨や骨盤の動きを観察しました。
タオルを挟むことで仙骨の形状が分かりやすくなり、縦方向や横方向に転がすと、丸みがある立体的な構造であることを感じられました。
動きの支点は、私が思っていたよりも位置が下方で、今までは腰椎の動きを加えることで代償していたことが分かりました。

それから、タオルを肩甲骨の下角に移動し、腰部から胸部にかけての連動を観察しました。
タオルからの圧迫により、胸部への吸い上げによって肋骨がどのように動いているかが分かりやすくなりました。
また、その状態で呼吸を行なうことで、タオルとの接点が体重や身体内部からの圧力で圧迫され、その刺激によっても緊張がほぐれることが感じられました。

その後は、健康維持互助会でも教えて頂いたように、横臥位での呼吸を行ないました。
先ほども練習していたため、よりリラックスした状態で、呼吸によって下肢や上肢へと動きが伝わっていく様子を観察することが出来ました。
力を抜いた状態で繰り返し呼吸をすることで、徐々に全身の緊張が緩んでいく気持ち良さを感じられました。
そして、再び仰臥位の姿勢を観察すると、開いていた両股関節が内側に寄り、足部がしっかりと上方を向くようになっていたことに驚きました。

M岡さん、KMくん、呼吸法を新たな切り口から指導して頂き、ありがとうございました。
セミナーを受けているあいだ、熱心に指導をして頂いているお二人に対して申し訳ないほど、リラックスすることが出来ました。
自宅で練習するときも、真剣かつ気楽な気持ちで行なうことを目標に取り組んでいきたいと思います。

活動報告11

健康維持互助会 2011.03.27
今日の健康維持互助会は、KMくんに企画を担当して頂きました。
最初に、坐位で向き合い、太極棒を剣のように上げ下ろしをしながら合気上げを行ないました。
上げようとすると力が入ってしまうことを確認した後、仰臥位にて太極棒を両手で持ち、吸気時に上げ、呼気時に下ろすという練習をしました。
しかし、私は太極棒の上げ下ろし以前に、充分な呼吸を行なえていなかったため、呼吸法に戻って教えて頂きました。

まず、仰臥位で、膝を曲げたり、腰部や下肢に丸めた座布団を挟んで呼吸のしやすさを観察しました。
私は吸気を吸い上げるときに、空気が胸部の前面を通っていたため、胸部に力が入ったり顎が上がったりしてしまっていたことが分かりました。
それを、胸郭の中央を通るように意識することで、楽に胸部へと吸い上げられることが分かりました。
腹臥位では、座布団の位置を変えながら、呼吸にどのような変化を及ぼすかを観察しました。
座布団を上前腸骨棘の辺りに置くと、そこを支点として骨盤が動きやすくなり、結果として呼吸がしやすくなるように感じました。
一方、腹部に置くと、腹部が圧迫されて呼吸が入りにくく、骨盤や下肢などに動きが伝わりにくくなることが分かりました。
それらを踏まえて普段の状態で腹式呼吸を行なうことで、より大きな呼吸をするために必要な動きが分かりやすくなり、様々な条件設定を試してみることの重要性を教えて頂きました。

後半はM岡さんに、呼吸法において、力を抜いたまま行なうことの重要性を教えて頂きました。
腹部に吸い込んだ空気を胸部に吸い上げるときも、より力を抜く意識が必要であることを教えて頂きました。
横臥位では、身体の力を抜いたまま、呼吸によって四肢が動いていることを観察しました。
腹式呼吸によって骨盤が後傾するときは、上にある側の下肢が前方に滑り落ち、空気を胸に吸い上げることで上肢が前方に引かれ、呼気によって元の位置に戻りました。
一方、骨盤が前傾するときは、上にある側の下肢が後方に擦り上がり、吸い上げることで上肢が後方に引かれ、やはり呼気によって戻ることが分かりました。
その二つの動作を繰り返すと、腹部から胸部にかけては矢状面において8の字を描くように空気が移動し、肩関節や股関節には∞の字の軌跡で動くように力が伝わることを感じられました。
そして、後方への動きから、息を吐くことで元の位置へ戻るのでは無く、肘関節を重力に任せて落としていくことで、寝返りの動作が生まれることが分かりました。
さらに、そうして生まれる動きが、上肢や下肢を把持して全身の動きを改善させる治療にそのまま置き換えられることも教えて頂きました。

M岡さん、KMくん、呼吸法の基本に戻っての指導をして頂き、ありがとうございました。
私は今まで、呼吸を行なうときに骨盤や肋骨の動きを意識するあまり、身体の様々な部位に不必要な力が入ってしまっていたことが分かりました。
今回学んだ内容を、これから呼吸法を行なう上で役立てていきたいと思います。

感想文49

観照塾 2011.03.26
今日の観照塾では、剣術の稽古を付けて頂きました。
最初は、袋竹刀を持って、受け手と攻め手に分かれて打ち合いをしました。
正眼の構えは、臍の向きや、肘関節と横隔膜の位置関係を指導して頂き、切っ先は相手の首元に向ける意識で行ないました。
城郭勢の構えは、左手の引きと右手の攻めを強めることで、正眼の構えからやや切っ先が下がる形になり、相手の懐を斜め下から斬り上げる構えであることを教えて頂きました。
そうして構えた状態から、「受ける」というよりも「攻める」意識で前に出ることで、相手の攻めを受け流しつつ、自分が優位な立場に立てることが分かりました。
また、あえて構えに隙を作ることで、相手の出方を窺い、後の先をとるといった駆け引きが行なわれていることを教えて頂きました。
剣の上げ下ろしに関しては、呼吸によって肋骨の引き締めと伸びによる動きが上肢に伝わることで、身体の中央への寄りや、筋力によるものではない両手を絞る動作が生まれることが分かりました。
それによって、相手の竹刀から伝わる力の大きさや方向が掴め、相手の竹刀との接点において付け続けられることが分かりました。
そして、上半身の力が抜けているからこそ、そうして感じ取った変化に柔軟に対応し、相手よりも先に行動を起こせることが分かりました。
これから、呼吸と肋骨の動きの関連を確認しながら、木刀を振る練習をしていきたいと思います。

語尾捌く

私は、誰かと会話をしているときに、話した内容を聞き直されることが時々あります。
自分自身でも、睡眠不足であったりすると特に、ハキハキしゃべれていないことを自覚することがあります。
今までそれで困ったという経験も無く、多少聞き取りづらいくらいのほうが、うっかり誤った内容を口走っても、聞き間違いだと解釈してくれるから良いのではなかろうかという思惑もあり、あまり気にしていませんでした。
しかし、コミュニケーションをとる上で、一回で自分の考えを伝えるということは重要であり、ここに来て改善するための方法を考えてみることにしました。

言葉がハッキリと伝わらないときは、滑舌の問題というよりも、話している内容に自信が無いという気持ちの問題のほうが大きいような気がします。
あまり頭の回転が早いほうではないので、文章を書くといったゆっくりと時間を掛けられる状況であれば雄弁になるのですが、言葉で伝えるとなると口数が少なくなることがあります。
間違った事柄を話さないように、誤解を与えかねない内容を含まないように、と色々と考え過ぎてしまうと、発音に充分な意識が回らないのでしょう。

また、語尾が曖昧になるときは、話す内容の最後まで意識を保てていないことが原因ではないかと思います。
ここまで話せば伝わるだろうという勝手な憶測で集中力が途切れてしまった場合に、語尾があやふやになってしまうのでしょう。
合気道の稽古をしているときも、最後まで技を掛け切れていないと言う指摘を受けることがありますが、それも同様の意識の在り方が関わっているのかも知れません。
最近、技が掛かりそうか掛かりそうでないかという途中経過に関わらず、最後まで掛け切ってこそ、一つの行為として完結するものだと思うようになりました。
一つ一つの行動において、尻尾の先まであんこの詰まったたい焼きのように、最後まで意識を繋げられるようにしていきたいと思っています。

マダイ

感想文48

観照塾 2011.03.19
昨日の観照塾では、袋竹刀や木刀を使って練習する中で、呼吸や意識の重要性について学びました。
合撃や回し撃ちでは、特に、相手の竹刀を受ける側の難しさを感じました。
受ける側が相手の中心や振り方の癖を捉えているかどうかで、竹刀の振りやすさや当たりやすさが全く異なることが分かりました。
竹刀を横向きに持って受ける場合でも、上げ下ろしを呼吸に合わせて行なうことで、相手の振り下ろしによる力が腹部に落ち、受けた後も楽に前進出来ることが分かりました。
合気上げでは、相手から受ける力を肘や肩を通って接地面まで順に吸い込んだ後、吸気に合わせて逆の経路で引き上げ、相手の中まで通していくイメージで行ないました。
引き上げる際も、力が通る経路を意識しておくことが必要で、それが外見上では目線として表れることが分かりました。
また、目線の向きと横隔膜の動きには大きな関連性があることが分かりました。
目線が低過ぎると肋骨の前側で詰まり、高過ぎると背部で詰まり、横隔膜の充分な収縮が得られないように思いました。
それから、坐位で向き合い、木刀の先端を持った相手を転ばせる練習もしました。
骨盤の動きによって相手の手の内の緩みを取り、その方向と、身体全体で相手を押す方向を同時に攻められた場合に、相手を押せることが分かりました。
稽古においても、治療においても、力が通っていく経路と意識が一致するように経験を積んでいきたいと思います。

始仕舞

昨日は、大阪市阿倍野区にある山中能舞台で、能の稽古を体験させて頂きました。
私は、小学生の頃に能の舞台を観に行ったことがありましたが、それ以降は能に触れる機会はほとんどありませんでした。
最初に、観世流能楽師であられる山中先生に手本を見せて頂き、今まで能に対して抱いていた印象が大きく変わりました。
男性役と女性役のそれぞれの演技では、目線の向きや扇子の先まで行き届いた意識によって役柄を表現されていることを感じました。
また、謡や舞はもちろん、動作の結果として起こる音まで、舞台を形づくる要素として取り込まれていることに感心しました。

それから、実際に舞台に上がっての稽古を付けて頂きました。
基本的な立ち方から始まり、手の使い方や足の運び方まで丁寧に教えて頂きました。
私の場合は、立っているときや歩いているときに、踵に重心が乗っていることを指摘されました。
それを改善するために、第一趾と第二趾の付け根に体重が乗るように意識をし、その上で膝関節の位置や骨盤の角度を調節しました。
その姿勢のほうが、体幹の重みが両足の中央に落ち、重心をぶらさずに足を運びやすくなることが分かりました。
他にも、臍の向きや背部の意識など、合気道を通じて教えて頂いている内容と多くが重なっていることに驚きました。

稽古が終わった後は、実際に能に使われる面や装束を見せて頂きました。
女性役に使われる面をいくつか並べて頂くと、役柄の年齢や性格によって様々な表情のものが用意されており、見ているだけでその内面が伝わってくるようでした。
特殊な空間を作り出すために、舞台や衣装は様々な理由があって今の形に至ったことを教えて頂き、その工夫に感心しました。

その後も、能に関する貴重な体験談や面白いエピソードを聞かせて頂く中で、能楽を身近に感じられるようになりました。
貴重な経験をさせてくださった山中能舞台の関係者の皆様、および機会を作ってくださったM岡さん、昨日は本当にありがとうございました。

山中能舞台

感想文47

観照塾 2011.03.12
今日の観照塾は、袋竹刀を用いた剣術の稽古でした。
剣の持ち方として、特定の指を外したり、片方の手を使わずに袋竹刀を持っての打ち合いを行ないました。
私の場合は、いつも母指側に力を入れてしまう癖があるため、小指側で把持するほうが振り難く感じました。
また、左手だけで剣の上げ下ろしをするのは難しく、落ちる位置が中心より左側にずれていることを指摘されました。
それらが改善するように意識すると、いっぱいまで振り上げたときの袋竹刀の角度が後方に傾いていたのが、前方に向けて刃が立つようになりました。
雷刀の構えになった相手の手首に向けて振り下ろす練習では、下肢の動きが重要であることが分かりました。
吸気によって上肢とともに前方に出した足のつま先が上がり、剣を振り上げた状態からさらに身体を伸ばすことで骨盤が絞られ、体重が前方に移動すると、それによって自然にもう一方の足が運ばれることが分かりました。
その動きが上肢に伝わることで、上肢を振らなくても、斜め前方に向かって袋竹刀が落ちていくことが分かりました。
ただ、実際に行ってみると、なかなか距離感が掴めず、袋竹刀を狙ったところに振り下ろすということがなかなか出来ませんでした。
これから持ち方や振り方を一つずつ確認しながら、剣を振る練習をしていきたいと思います。

学習内容01

中心塾 2011.03.12
今日は、今月から始まった「呼吸法中心塾 芦屋土曜教室」に参加させて頂きました。
最初に、仰臥位でボールを背中の下に置いて転がしながら、如何に筋力を使わずに頭部や下肢を上げられるかという練習を行ないました。
とりあえず自分なりにやってみると、頚部や腹部に力が入り、楽に呼吸を行ないながらという状態とは程遠いものになりました。
K野先生に頚部や胸部を調整して頂くと、骨盤から頭部までの動きが繋がりやすくなり、息を吸っただけで、背中が丸まり頭部が上がってしまうことに驚きました。

そして、参加者の方々の身体の繋がりを、視診や触診を用いて観察しました。
今まで身体を揺らしたときの波を、身体全体の揺れとして漠然と見ていましたが、目標までの経路を伝わる細かい波の複合として診ることで、動きの悪い部分が分かりやすくなるように思いました。
また、そうした部位を実際に触ってみて、硬さや凹凸として反映されていることを感じました。

それから、そうして確認した繋がりの悪い箇所を改善する手技を教えて頂きました。
体幹の特定の部位を、上肢や下肢の運動という遠隔操作によって、固めたり緩めたりする技術に感心しました。
今まで、相手の動きを固める目標を頚部に置いて行なう練習はしてきましたが、これほど自在に応用が効くことに驚きました。
また、その部位に手を置かせてもらうことで、実際に伸びたり縮んだり膨らんだり萎んだりと動いている様子がよく分かりました。

今日の勉強会では、「身体の繋がり」という事柄に関する捉え方が随分変わりました。
教えて頂いたことが役立てられるように工夫していきたいと思いますので、来月からもよろしくお願いします。

本の紹介12

空の名前

『空の名前』

著者 高橋健司
発行所 角川書店

余寒(よかん)
立春を過ぎると暦の上ではもう春です。そこで、立春以降の寒さは冬が残していったものとして、余寒といいます。
どんなに寒くとももう冬ではない、季節は春なのだと、春を待つ気持ちが感じられる言葉で、残暑の対語です。
~季節の章


この本では、天候や季節を表す名前が、美しい写真と共に紹介されています。
私が聞いたことが無い名前も沢山ありましたが、言葉の由来や出典を交えての解説は分かりやすく、面白いものでした。
四季の移り変わりの中で起こる自然現象が、これほど細かく分類され、それに合った名前が付けられていることに驚かされます。
今の「空」に、どのような名前が付けられているのかを調べるのも良いですが、自分が見たままに勝手に名前を付けて見比べてみるのも楽しいかも知れません。

凍地方

三月に入りましたが、まだまだ寒い日が続いています。
今年は厳冬だったため、慌てて腹巻を買いに走ったという方も多いことでしょう。

私の実家は日本海側にあり、毎年よく雪が降りますが、今年の冬は例年以上に雪がたくさん積もったようです。
豪雪地帯というと、雪が交通の妨げになったり、雪かきや雪下ろしといった力仕事が増えたりと、苦労が多いイメージが付き物ですが、そう悪いことばかりでも無いように思います。

そうした地域では、生活の習慣から建物のつくりに至るまで、寒い冬でも乗り越えられるような工夫がみられます。
囲炉裏を囲みながら食べる、旬の野菜や魚介類を入れた鍋は暖かく美味しいものです。
下から薪で沸かした五右衛門風呂では、身体が芯から温まるということを感じられます。
雪が降り積もっている深夜の静けさは、正に「しんしん」という擬音がぴったりだと思います。
その寒さと静けさの中で、布団を何枚も重ね、足元に湯たんぽを入れながら暖かくして眠るのは、何とも言えず気持ちの良いものです。
子供の頃はさらに気楽で、朝起きて雪が積もっていると、家の前でスキーやソリをしたり、かまくらや雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりして楽しく遊んでいました。
そして、どれほど多くの雪が積もっていても、時期が来ると徐々に暖かくなり、それらが綺麗に解けてなくなることを不思議に思ったものです。

最近、私の自宅の近くでは、ウグイスが鳴き方の練習をしている声が聴こえてきます。
鳴き声の音ズレが無くなり、上手にさえずるようになった頃にはきっと本格的に近付いていることでしょう、春の訪れが。

つらら

体験記05

センタリング呼吸法セミナー 2011.02.27
昨日の呼吸法セミナーでは、呼吸に伴う全身の繋がりを学びました。
最初に、立位での姿勢を目で見たり、仰臥位での身体の着き方や呼吸の入り方を感じることで、現状を確認しました。
それから仰臥位で、背部に置いた座布団の位置を色々と変えながら、健康維持互助会でも教えて頂いた呼吸を練習しました。

仰臥位における腹式呼吸が上手く行なえると、力を使うことなく頭部あるいは下肢が上がることを学びました。
腹部に入れた空気を胸郭の内部に吸い上げられると、腰部を支点として、頭頚部や上肢帯が一つの塊となり上がることが分かりました。
また、呼吸に伴う骨盤の後傾によって下肢が引き寄せられる位置にあれば、膝関節前面が上方に浮いていくような感覚で、下肢が上げられることが分かりました。

腹臥位でも、同様に呼吸を行なうことで、頭部や下肢が上がることが分かりました。
普段の身体の使い方の癖から起こるのか、私の場合は腹臥位で行なったほうが、すんなりと上がりました。
上手く繋がったときは、身体背面に一本の筋が通ったようになり、その緊張を維持できることが分かりました。
全体のバランスが取れていると、頭部と下肢の両方を上げることも、下肢を畳に付けることで頭部をより高く上げることも出来る状態になることを面白く思いました。

M岡さん、K元くん、KMくん、昨日は呼吸による働きを分かりやすく指導して頂き、ありがとうございました。
私は最初、健康維持互助会の企画として、呼吸によって上肢を上げることを目標として考えていたのですが、その捉え方が大いに違っていたことが分かりました。
呼吸の働きをパターンとして決め付けず、多くの視点から見れるようになっていきたいと思います。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】