稽古記録10

東雲道場 第十七回研究会 2015.04.29

今日の東雲道場の稽古では、剣術を通して教わっていることの繋がりを感じられました。

両手を組んで張りを作り、吸い上げて伸びた状態から、息を吐きながら内部が伸びていく姿勢を観察しました。
伸びが伝わる経路で弛めて、吐きながら更に伸ばすことで、身体が持ち上がるほどの伸びが起こることを体験しました。
意識的に伸ばそうとしたり、臨界だと決めて止めてしまうことなく、呼吸に合わせて力を抜いていくことで、身体が伸びていく状態を体験できました。

そうした働きが、相手に力を伝える場合にも、そのまま活かされることを学びました。
肋骨が締まる位置に息を吐いて脱力し、肚に吸うことで相手に入れました。
吸い上げに伴って相手を浮かせる力が起こり、その位置を保ったまま弛めて、重みを落としていきました。
脱力したまま伸びていく経路を辿ることで相手が転び、手からではない力の伝わりを体感しました。
持つときも持たれるときも、いつでも繋がる位置に浮かせられるようにしていく必要性を感じました。
下方からの吸い上げが上肢尺側に繋がる経路に腕を浮かすことができると、相手からの重みを肩や肘で受けることなく、伸びがそのまま伝わることを学びました。

雷刀の位置から、身体を縮めて振るのではなく、いっぱいに伸ばされたゴムのように身体の張力を溜めて、開放することで剣を振りました。
それによって、相手の剣とぶつかって止まることなく、剣を通過して相手の向こう側まで力を透していけることを体感しました。
張力を働かせるためには、剣を下ろすときにも身体の伸びの高度を落とさず、峰の意識を置いておくことの大切さを感じました。
身体を上方にある点から吊った状態を保つことで、張力を途切れさせずに、次の動作に移れることを学びました。

菁岸の構えで、中段に構えた相手のほうへ進んでいきました。
身体の伸びを物打ちまで伝えて、相手の向こう側まで付け、その意識を保ったまま進むと、勝手に相手の剣が逸れていくことを体験しました。
お互いの剣が触れたとき、接点を通して相手に伝わる方向は一点しかなく、そこから少し刃筋がずれると、通らなくなってしまうことを体感しました。
相手に繋がる方向に股関節から刃筋を合わせ、手の内を自由に動かせるように剣を握った状態で、体幹から進むことで、相手の中心を攻めることが出来ました。
手に力が入った瞬間に、伝達が止まってしまうことを実感し、手の内を柔らかく使えるようにしておくことが如何に大切かを感じました。

繋がる位置で持てるとそのまま技になることを体験し、剣術の構えや動きがどのように生まれたかを感じることが出来ました。
K野先生、お相手をしてくださいました皆様、昨日はありがとうございました。

体験記66

合気の心身研究会 2015.04.26

・両手で帯を持ったり、手指を引っ掛けたときの、呼吸の広がりを観察する
 両手の接点から肩甲骨への経路を体幹と連動させ、生まれた繋がりが途切れないように動く

・帯の一側に吸息に伴う伸びが伝わり、反対側に呼息に伴う伸びが伝わる
 帯を介することで生まれる円の中を力が循環し、帯の張りは常に抜けない

・帯で皮膚をずらしながら、自分自身に合気が掛かる方向に緩みを取る
 力の向かう方向を一致させることが出来たときには、吸い込まれるように伸びていく感覚を得られた

・抜ける剣でも、抜けない剣で生まれる張りを作り、それを保ったまま動作を行なう
 どの瞬間も、どの方向も意識を切らさないことの大変さを感じ、剣の動作を如何に曖昧にしてしまっていたかを実感した

・腹部からの力を吸い上げて、脇が開き、肘が伸びていく方向へ、内部を臨界まで伸展する
 伸びた外枠を残したまま脱力して、さらに内部を伸ばし、その力を剣に乗せる
 剣を持った両手は決めたまま、前腕との関係性をぶらさない

・張りが途切れないまま上腕を股関節から回旋させることで、刃と鞘が合う
 呼気の集まる位置と一致する

・納刀できるバランスで力を抜いて、相手を吸い込む
 抜刀と共に生まれる張りを相手に入れ、身体の伸びを伝えることで、相手を転ばせることが出来た

活動報告60

健康維持互助会 2015.04.26

・頭部に両手を当てて、体幹の動きで緩みを取る
 皮膚のズレが、どのように全身に伝わっていくかを観察する 

・力を抜いて手を皮膚に沿わせ、相手の身体から伝わる動きを受け取る
 お互いの呼吸が合い始めると、動きが同調する

・体幹の前後に厚みが生まれる経路に呼吸を吸い上げる
 肘を後方に引いて、肋骨を締めて反れる向きを検証する

・足首の「決める」と「固める」の違いを鑑別する
 同じ角度のままではなく、吸い上げに伴う骨盤の傾きと対応して、足首の角度も柔軟に変化する

・下腹部に息を吸い、下肢後面に高まった張りを、吸い上げながら上方に繋げる
 そのままの骨盤の位置で恥骨の方向を変え、腹部に生じた弛みを伸ばすことで、さらに督脈を張れることを実感できた

・身体前面の力を抜いたまま、後面からの力を伝える
 持たれた場所を預けて、自分自身は軸を保ったまま、後方の張りを産み出せると、相手にも同じ働きが起こり、反らせる力が伝わる
 治療も技も、身体に起こった繋がりが同調することによって行えることを体感できた

印象文20

合気観照塾 2015.04.25

・手を集約した状態でも、背側の皮膚を引き寄せて張りを作る
 全身の包まれる感覚を維持したまま、上肢尺側に繋がる位置に手を浮かし、下方から伝わってくる力を通していく

・相手からの負荷に合わせて、張りを作る
 強い負荷でも、重みを落としてから吸い上げることで、軸を立てて付けられる
 わずかな接触であっても、圧に合った呼吸を返すことで、細い経路を通していける

・手首の決めと上肢の脱力を両立することの難しさを感じた
 途中で詰まったら、その都度、吸い上げて固まっている場所の力を抜く
 肩甲骨が下り、骨盤を自由に動かせるか確認する

・固められた場所は預けたまま、上肢を紐のように脱力し、股関節を弛めて落とす
 手部までの経路が繋がっていると、遠くから引かれる力が、大きな落差として伝わる

・保息しながら力を抜いていくと、肘が落ち、指先が伸び、相手の圧に沿っていく感覚を得られた
 相手に触れている点の緩みを取りながら、相手の中心に向かう方向に入れる

・上肢と共に相手も自分自身の一部として脱力していくことで、落ちる位置が感じられる
 落下地点に向かって股関節で引く

印象文19

合気観照塾 2015.04.18

・吸って弛めて、内部を通して重みを下ろす
 下方から動けると、手は後から付いてくる

・腹部に息を吸い込んで、肚の張りを保つ
 それを抜かずに、体内を動かすことで相手との釣り合いを変える

・手背を引いて、五指の指先が集まる方向に手を張る
 張りが脊柱まで集まって頚が決まり、相手を引き寄せる働きが起こることを体感した

・相手の身体に手を置き、相手に軸を付けたまま動く
 単に動いたときと、関係性が変わっても技を掛けられるときの違いを鑑別する

・噴水の動作の、手首が決まり、肘が落ち、肩甲骨の抜けていく経路を、条件が変わっても行なえるように稽古する
 鎖骨が回旋でき、上肢との繋がりが抜けないバランスで動こうとすると、相手との間合いや位置関係や腕の高さが必然的に決まる

・前に向かうときにも、後頭部や仙骨を意識して引きを保つ
 最後まで相手を引き寄せたまま、丁寧にバランスの変化に付いていく

印象文18

合気観照塾 2015.04.11

・呼吸と共に、手首や足首を決め、全身での伸びを行なう
 弛めながら、さらに伸ばす

・接点は止めたまま、相手に身体内部の伸びを伝える
 体幹の上下への伸びと四肢の先端への伸びが同調して起こる
 どこかに力が入ると、縮める働きが起こり、伸びが止まる

・条件が変わっても、全身の釣り合いの中での伸びを意識する
 持たれている側の腕の意識が高まると、脚や反対側の腕の伸びが弱まってしまうことを実感した

・手の向きや五指のバランスで、相手に焦点を合わせる
 相手が崩れる方向を、体幹から丁寧に追い、最後まで相手の変化に付いていく

・ロッキングチェアで重心を移し、下肢内側が働く経路を観察する
 後面の伸びによって臀部が浮き、骨盤を自由に動かせる位置に吸い上げる

・相手と繋がった状態で、下半身からの動きを伝える
 骨盤の立て替えによって、向きを変えたり脚を寄せることで、自分自身の軸は崩さない

学習内容50

バランス☆運動療法初級講座 2015.04.11

・両手で緩みを取り合いながら、身体後面を張り、内部が弛んで伸びていく様子を観察する
 動作を制限された中で起こる動きや、バランスの移り変わりを感じられた

・手指を挟んで引きと攻めを行ない、伝わっていく螺旋と抜けていく螺旋を確認する
 それぞれの指によって、動きにくい場所や、通っていく経路の違いを体感できた

・相手の内部が弛んでいき、関節が落ちていく状態に付いていく
 手が脱力できていると、相手の重みに合わせて柔らかく動けることを感じられ、受け取る情報量も大きく異なることを実感した

・手首を決めて、肘の攻めと肩甲骨の引きで上肢尺側に張りを作る
 目線や意識の方向も一体となって、下方からの伸びが伝わっていく繋がりを観察する

・股関節を繋がる位置に浮かせ、両手で、膝を三次元的に転がして合わせる
 脳まで入れて良い位置で待てると、脳から自然に弛んで伸びていくことを体感させて頂いた

・お互いに力が抜ける関係性にあると、呼吸が同調することを体験できた
 息を吸うと相手も浮き、弛めると相手も頂点の位置がずれ、息を吐くと相手の重みが落ちていくことを感じられた

印象文17

合気観照塾 2014.04.04

・足首が決まり、下肢内側が利く経路で呼吸を吸い上げる
 仙骨と後頭骨を繋げた状態で肩甲骨を弛められると、張りを保ったまま、上肢を自由に動かせる

・浮かせた指先を止めたままで、肘、肩、背中と多段階に抜いていく
 肩甲骨が寄って下りていく様子を、ゆっくり丁寧に観察し、丹田までの繋がりを辿る

・それぞれの体操の内部を通っていく動きを感じられ、経路の違いを体感できた
 片側の下肢から同側の上肢に伝わると天地人の串刺しになり、対側に伝わるとでんでん太鼓になる

・息を吸って、呼吸を指先まで伝える
 弛めて内部の重みが落ちていくと、相対的にさらに上方に伸びる動きが起こる

・手指それぞれの伝わりと伸びる経路を観察する
 上肢尺側の経路を通っていくと、肩甲骨と繋がって、背部に抜いていくことが出来る

・相手に合わせて力を抜いて、その関係を崩さないように張りを作る
 途中に詰まっている場所がなければ、その水路に流すことで力を伝えられる
 条件が変わっても自分自身が固まらない経路を辿ることの難しさを感じ、身体を弛める稽古の大切さを実感した

ホームページを開設しました

開業にあたって、お店のホームページを製作しましたので、よろしければご覧ください。

当ブログと並行して、お店のページでも、ブログを書いていこうと思っています。

Active Body Therapy PONO
http://p-o-no.com/

オープン

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】