活動報告66

健康維持互助会 2015.10.25

・手指に貼り付けた米粒の感覚を留めたまま、丹田からの吸い上げを丁寧に追っていく
 置いておける感覚があるからこそ、抜いたり入れたりすることが自由に出来ることを実感した

・相手に触れた指腹の、その先まで通して、相手の肩を浮かす
 接点で意識を止めずに、相手に向かう通り道として、丹田からの力を伝える

・二十指のバランスでみても、一指の中の経穴でみても、感覚のばらつきがあり、それが改善すると全身の動きが変わることを体験した
 意識の薄い経絡があると、意識の濃い場所を使って処理しようとして、ますます頑張ってしまうということを実感できた

・経絡をイメージして、母指から順に力を抜き、逆の経路を通して息を吸い上げる
 井穴からそれぞれの経絡の意識が高まると、肩の力が抜けて腕が立体的になり、自然に螺旋の動きが生まれることを感じられた

・相手の負荷を吸い込んで重みを落とし、趾先まで通した力で相手に入れる
 趾先の感覚が高まり、膝の力が抜けると、下肢の働きが手指へ伝達され、大きな力が生じることを体感した

・最初に良いように感じた感覚も、別のやり方を試すと不充分な点が見えてきたりと、色々な方法を追求することの大切さに気付かせて頂いた
 K元さんの発案を試す会員の皆様それぞれの発言の中で、共感する部分や新しい発見があったりと、感覚を共有できることの楽しさを感じた

印象文42

合気観照塾 2015.10.24

・肩の力を抜いて、丹田の動きが伝達できる位置に腕を垂らす
 呼吸の働きや身体の伸びや重心の移動によって、腕が浮いたり落ちたり、離れたり近付いたり、重みで揺れたりと、肩を脱力したまま様々な動きが起こることを体感した

・後方にもたれて後頚部を伸ばし、軸の長さを保ったまま息を吸って重心を前に移動する
 元の位置に戻っても、呼吸で伸びた分だけ相手の奥に入り、中心をずらせるように感じた

・同調した状態で下方から軸を回転させて、相手の中心を動かす
 回転によって伝わる力を、意識を広げて遠くから届けることで増幅して、相手を転ばせる

・相手からの圧に対応して、息を吸って身体を張る
 手を持たれていても、胸部を抱えられていても、相手に合わせて息を吸えると、同様に緩みが取れることを感じた

・外側の張りで相手に付けた状態で、内部を自由に動かす
 保息したまま弛められるところを弛めて、残った空気を吐くときに生まれる力を集めて相手を落とす

・接点から伝わる感覚によって、相手のバランスを受け取って崩す
 相手が見える場所に居ても居なくても同様であることを感じ、目から入ってくる情報ではなく、接点から伝わる感覚から動けるようにすることの大切さを感じた

印象文41

合気観照塾 2015.10.17

・接点の力を抜き、相手の手の内とぶつかっている位置を支点にして、相手の頚に入れる
 相手に当たっている場所で闘わずに、そこを利用して楽に力を伝えられる経路へ通す

・相手から入ってくる力に合わせて脱力して、吸い込む
 自分の都合で力を抜くのではなく、その時々の、相手からの負荷の強さや深さや早さと一致して吸い込むことの大切さに気付かせて頂いた

・くれてやった瞬間に生じる相手の反応を受け取り、それを一旦、床に落としてから吸い上げる
探ったり意図したりしなくても、相手を含めたバランスの中で自然に呼吸ができれば、技になることを体感させて頂いた

・中心に寄るように息を吐き、さらに締まるように息を吸い上げて軸を立てる
 外枠は脱力したまま、内部を細くして使うことで、相手に伝わる力の鋭さが大きく異なることを体感した

・腕を上げようとせずに、中心から上下へ伸びていく働きによって相手を浮かす
 呼吸に伴う内部の引き分けを四肢の先端まで伝え、軸の張力を保ったまま脱力して落とす

・相手との接点が様々に変わっても、常に丹田との行き来の中で、吸い込んだり、手を張ったり、動きを伝えたりする
 技を掛けておられる時のK野先生の肩を触らせて頂き、全く固まらずに力が通っていく様子を感じさせて頂いた

稽古記録16

東雲道場 第二十三回研究会 2015.10.11

・柄を握って動かしたり止めたりするのではなく、小指球や手指への引っ掛かりや、剣の重みによる傾きから起こる変化を観察する
 振り下ろした剣が横隔膜の高さで止まったり、垂らした手が丹田の位置で納まったり、といったことが身体と剣の間のバランスから生じることを体感できた

・脚を揃えて中段に構えたところから、片足を出して、体重移動した分だけ体幹の向きを立て替える
 バランスの移り変わりを滞らずに伝えられると、左右の股関節と肩の関係が保たれ、身体を捩ったり傾けたりすることなく動けることを体感できた

・立て替えによって相手に押されている肩が後ろに下がると、反対側の体幹が前に出て、相手に入っていく働きが起こることを体験し、引きと攻めの見方が変わった
 お互いの身体や周りの空間を含めて相手との関係性を観て、接点に拘らずに身体の中心で攻める

・自分から働き掛けると、それと同じだけ相手からの反作用が生じ、力と力の押し合いで釣り合ってしまうことを検証した
 相手を吸い込んで最小限の圧を相手の軸に付け、接点だけを留めたまま他を脱力することで、自由に力を発揮できることを学んだ
 全身の動きが途中で損なわれることなく接点まで伝達されると、相手の無意識の反応を受けずに力を通せることを体験した
 
・身体の伸びによって剣を受け、軸の張力を保ったまま、腕の力を抜いて剣を落とす
 剣を下ろしていく力や意識の方向が持続した状態で抜かれてしまうと、相手の存在が消えたような虚が生じることを体験させて頂いた

・刀棒に構えて相手の胸に当て、面で押さずに、触れている点から繋げて相手に入れる
 剣の角度や傾きを変えて焦点を合わせ、相手の中心が取れた状態で丹田から動くと、思いの外、楽に進めることに驚いた

印象文40

合気観照塾 2015.10.10

・下肢内側から体幹の中央を上がっていく力を、太極棒に伝える
 吸息に伴う伸びに合わせて手の内の緩みを取りながら、太極棒を転がし続ける

・呼吸に伴う体幹の伸びで、太極棒の長軸方向に働くテンションを背骨の張りと一致させる
 太極棒の中心を通る軸を意識し、その感覚を上下に伸ばして、棒を長く使う

・前後の張りを保ったまま幅を変え、太極棒を寄せて来るときも攻め、出して行くときも引く
 後頚部を引いていく働きと、両手を絞っていく働きが釣り合うと、体幹と棒の間の空間の圧力が高まっていくように感じた

・軸の伸びや、横隔膜の浮きや、体幹の締まりや、外方への張りといった、呼吸と共に身体に起こる変化を同調できる位置に太極棒を持つ
 棒に加わえられた力を丹田で受け取れる状態にあると、どの方向から押されても楽に身勢を保てることを体感した

・相手と五分の釣り合いで闘おうとせず、相手にぶつからずに伝わる通り道を見つける
 自分の力を抜くことで、相手の重心がずれ、そのバランスの中で丹田と繋げたまま動ける経路を辿る

・力を抜いて相手に沿うように触れることで、手首が決まる立ち位置を取る
 相手の周りの空間から吸い込みを掛けて近付けると、接して手の内の緩みを取るだけで相手の頚に入っていく感覚を得られた

学習内容56

バランス☆運動療法初級 2015.10.10

・五芒星を構成するラインのイメージで、全身の繋がりを診る
 下肢から対角の上肢を経由して対側の上肢から抜いてきたりと、自在にバランスを変えておられる様子に驚いた

・相手に合わせて息を吸い、保息して付けたまま待ち、相手に合わせて息を吐く
 呼吸に伴う空気の動きと、付ける・入れる・抜くの関係を感じることが出来た
 触れている手のどこにもぶつかることなく、バランスが変わっていく状態を体験させて頂いた

・小さな動作を観察し、筋力で動かしたときと、呼吸の力で動いたときの違いを鑑別する
 わずかな動きからも身体の繋がりが変わり、軽く浮かせられるようになったり、重みに任せて落とせるようになったり、 皮膚の感覚が高まったり、温かく感じたりと、様々な形で変化が表れることを体感できた

・意念で、呼吸や体内操作で行なっていた動作をトレースする
 自分自身の身体の変化をどれだけ繊細に感じ取れるかが、意念の精度を高め、相手の身体を深く診ることに繋がることを実感した

・外側で動こうとせずに、相手の内部の変化を受け取ることで、自分の内部を動かす
 軸を立てて力を抜き、自分が揺れられる状態にあると、それが相手にも反映されることを感じられた

印象文39

合気観照塾 2015.10.03

・呼吸によって生まれた上下前後左右への張りを維持したまま、内部を細く柔らかく使う
 足底と手掌の皮膚のずれや、肋骨の締めや、後頚部の伸びや、両肘の張りといった動きが、太極棒の引き分けや絞りと連動して起こることを感じられた

・軸を立てて太極棒と同調し、常に丹田と一致させて動く
 顎が上がって軸が無くなったり、丹田から外れて棒を動かした途端に、簡単にバランスを崩されてしまうことを体感させて頂いた

・吸い上げたところから肩甲骨の力を抜いて、上肢が弛んで伸びていく働きに付いていく
 腕を持たれた状態では、伸びた分だけ、相手に深く入り、相手の軸のたるみも取れて中心に集まっていくように感じた

・放物線の頂点をイメージしてボールを投げ、落ちていく流れに付いていく
 両脚の内側から体幹内部を上っていった力が、身体後面を通って抜けていくと、相手の腰が落ちて膝が曲がり、楽に転ばせられることを体験した

・相手に通っていく力を、意識の働きによって増幅させる
 見えていない場所でも、接点からの感覚に明確なイメージが加わると、相手に伝わる力の大きさが全く異なることを実感できた

・接点の位置を保ったまま、力を抜いて丹田に落とし、相手を吸い込む
 動きとしてではなく、働きとして脱力が相手に伝わり、次に起こる内部の変化に繋がっていくことを感じた

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】