活動報告69

・自分の大腿の上で、呼吸と一致させて手を移したり浮かせたり沈めたりする
 触れている場所の深さや伝わってくる感覚に、意識を向けながら手を当てる

・立位での重心移動や片脚立ちを行ない、足底を畳から浮かせたときと接しているときの違いを観察する
 足底の重心の乗る場所や掛かる圧の深さの変化を観察し、足が着いている状態でのコマ数を増やし、重心移動の精度を高めていく必要性を感じた

・立った状態で、手掌や足底の圧の深さを変えながら、相手への力の伝わり方を観察する
 相手の感受性に対応して反応の起こるタッチの深さが変わり、体内操作や重心移動もそれに伴って変化することを感じた

・常に両手のバランスが取れる位置に移しながら、経絡の流れを辿って鍼を当てていく
 SRさんの鍼治療を受けさせて頂く中で、頭部の意識が薄かった点の感覚が高まり、それによって身体の緊張が弛んでいくことを感じられた

・相手の周りの空間も意識しながら、小指球から訊くようにして手を近付ける
 触れる側がどれだけの細やかさをもって接していくかによって、お互いにとって触れる以前の感覚が全く変わることを体験できた



午後から、K野先生が来てくださり、会員を順に施術をしてくださいました。
それぞれの現状に合わせて診立てをされ、施術を通して変えていかれる様子をじっくりと観せて頂くことができ、多くの驚きがありました。
K野先生、素晴らしい時間をくださり、本当にありがとうございました。

・形や固さや音や色や温度や咳など、身体に表れているあらゆる手掛かりを受け取りながら相手を診る
 症状にこだわらず、気になった箇所に響きの大きい別の場所から通していくことで、間接的にバランスを変える

・相手の両足を把持して、弛んだ側と同調させることで、反対側を誘導する
 二点に手を当てての誘導も、両間を繋ぐ自分の在り様次第で色々な見方ができることを感じ、発想が広がった

・母指と四指の引きと攻めで、相手の両足首が決まるポジションを取り、それぞれの通る位置で待つ
 施術を受けている立場でも、全身の前面と後面に引きと攻めが生まれることを感じられ、繋がりを持った動きが起こるポジションで待つことの大切さを感じた

・足が決まるポジションで鍼を垂直に当て、前後左右の傾きをみて伝わる位置に合わせる
 鍼をバランスの支点として、反対側の手で鍼の先端の圧や向きを調節しながら誘導する感覚を得られた

・相手の腹部に手を乗せて、呼吸の浮き沈みを同調させることで、振幅を高めていく
 呼吸をする度に体幹の内部の緊張が弛み、呼息の深さや吸息の広がりが変わっていく様子を体感できた

・施術をして頂いた後、腕を上げると自然に肋骨の内側から伸びたり、頚を回すと脊柱全体に伝わって回旋することを感じられ、身体の変化を実感できた
 下肢の折り畳まり、骨盤の寄り、第五腰椎が入る位置、肋骨の締まり、肩の向き、頚部と頭部の釣り合いなど、自分の身体のバランスを観察を深める必要性を改めて感じた

印象文53

合気観照塾 2016.01.23

・後ろ側の足に体重を乗せたまま、股関節の重みを抜かずに締めながら引き寄せていくことで、両側の脚を揃える
 左右の股関節に交互に乗せ替え、常に中央への寄りが抜けないように足を運ぶ

・体幹を捻らずに骨盤の向きを変えることで足を着く角度が決まり、ゼロになる位置に来たときに足が自然に前に出ることを体感した
 回旋に伴う内部の張力が中心に合うバランスに近付くとき、中央に力が集まり、前方への推進力や手からの発勁に繋がることを体感した

・呼吸を吸い上げて上肢を浮かせ、手首を決めたまま、相手の背中に沿わせて滑らせる
 上肢尺側の反りと落下から生まれる曲線によって、相手の身体に折り畳む繋がりが起こり、膝が曲がって崩せることを体験した

・相手に触れる寸前の空気から吸い込みを掛け、相手の軸や意識をずらしてから接点を落とす
 相手の頚を通っていく刃筋をイメージして落下に伴う力を伝え、接点ではなく相手の全身を崩す

・丹田の高まりと一致させて、内部から広がる圧力が均等になるように手を開く
 前腕の拡張と共に、相手の手の内の緩みが取れ、頚に繋がる経路に入っていく感覚を得られた

・薬指を伸ばして相手の瘂門の向こう側まで通し、両手の先のほうで交差する点の感覚を残したまま、お互いの落下が合流する地点に落とす
 接点は留めたまま鎖骨を弛めて内部を落とすことで、土台から浮いた相手と地に重みを下ろした自分との間に落差を作る

印象文52

合気観照塾 2016.01.16

・接点での擦れに伴う溜めを、鼠径部へ吸い込むことで力を高め、それを解放して相手に返す
 鼠径部でも呼吸しているような感覚を得られ、それによって下肢からの動きが上肢に繋がって伝わることを体感した

・ぶつからないように手背で相手の肩を撫でることで、相手を転ばせる
 相手が抵抗している場所と戦わず、軸を崩さずに重心移動しながら擦り続けられる経路を辿る

・上肢の浮きと腰部への吸気を一致させ、相手からの圧が増すほど、身体後面の張りが高まるバランスで受け取る
 相手からの負荷を、腕で受けたり、腰を固めて、下方からの力の伝わりを止めてしまっていたことを実感した

・相手に乗られた重さを身体を通して地面に落とし、その分だけ相手に返す
 相手からの負荷を自分に対する負担と受け止めずに、循環させて浮かせる力に変える

・会陰を締め、内部の圧を高めて丹田を浮かせ、一緒に上っていった力で相手に入れる
 接点を残したまま丹田を沈め、自由に動かせるようになった骨盤の動きを相手に伝達する
 丹田の浮き沈みによって、内部を通る力の方向をコントロールできることを体感できた

・外側を拡張して身体に張りを作り、分け目と丹田を一致させたまま、足を寄せて進む
 刃筋が相手の中心と合う身勢にあると、内部が伸びていく働きが起こり、相手に力を伝達できることを体感した

稽古記録19

東雲道場 第二十六回研究会 2016.01.11

・左右の股関節に交互に乗せ替えながら、踵を上げずに足を運ぶ
 反対側の股関節の感覚が途切れない位置に足を置き、骨盤を前に向けたまま中心に吸い上げて足を寄せる

・身体のバランスと剣の向きが中心に揃う、ゼロになる瞬間を意識しながら進む
 足の位置や骨盤の立て替えや体幹の向きや剣の角度が連動しながら移り変わっていく様子を体感できた

・相手の小手や頚に剣を当て、相手を吸い込んだところから、焦点が合う一点に合わせる
 吸息に伴う軸の伸びと共に、剣の反りを切っ先より先まで伸ばして長く使い、刃筋に沿って股関節からお辞儀することで相手を崩す

・杖を垂直に浮かせたところから、床より下までイメージし、さらに軸が立ち、頚が伸びていく深さまで呼気を下ろす
 呼吸や体内操作も、動作や力の向きと一致した意識が働くことで、充分に活かされることを体感した

・相手に掴まれている場所の力を抜き、丹田と繋げて均圧になるように手を広げることで、相手に持たせた状態にする
 腕を強く握られて固定されていても、その場所を完全に預けられると、身体の内部を通して自由に力を伝えられることを体感した

・下肢の寄せや中心の伸びによって生じる力を、上肢に伝達することで相手を崩す
 姿勢やお互いのバランスが変わっていく中で、常に下肢の張りが抜けずに充実した身勢を取り続ける

・下肢から伝わる様々な働きが反映されて、剣の一連の動きが起こっていることを体感した
 骨盤の絞りと共に下方から伸びていく力が伝わると剣が抜け、両側の下肢を寄せる力が昇っていくと剣が上がり、下肢を張ったまま引き離す力が働くと剣が下り、股関節から体幹や手の捻れが揃う位置に合わさると剣が納まる

印象文51

合気観照塾 2015.01.09
 
・息を吸いながら横隔膜を均等に締め、肋骨を浮かせた姿勢で足を運ぶ
 上肢が浮いた状態と落ちた状態での下肢の動きの差を体感し、歩法における上半身の働きの大切さを実感できた

・爪先で立ったときと踵で立ったときの身体の繋がりの違いを確認する
 意識の高まる側や力の向かう方向を感じられ、それと同様の働きが合気上げで起こっていることを体験した

・提肛しながら後ろ側の足を寄せ、下肢内側から上がってくる力を手まで伝える
 下肢内側の繋がりが中心での吸い上げと連動し、それが相手を浮かせる力になることを体感した

・頚部を引いて上肢を吊り、丹田が利くバランスで両腕を浮かす
 相手の負荷を丹田で受け取れると、重みを掛けられても楽に浮かせられ、下肢を運べることを感じられた

・正座位で足趾を反らせて臀部を浮かせ、骨盤の動きを伝える
 体勢が変わっても、足を引き寄せるときの中心への寄りと同様の力が、そのまま相手に伝わることを体験できた

・相手の重みを下方に落として足底の圧を高め、その感覚を上方に伝える
 吸い込みに伴って起こる肋骨の締まりや腕の回旋や手首の決めによって、相手の中央に焦点が集まり、大きな力となって返っていくことを感じた

学習内容59

バランス☆運動療法初級 2016.01.09

・手を近付けられたときの感覚が場所によって違い、身体の働きや意識の濃淡が、周りの空間に表れていることを体験させて頂いた
 施術によって身体のバランスを改善して頂くと、そうした認識のばらつきも整い、内側にも外側にも感覚を広げられることを実感した

・下肢を把持して高さや角度を変え、ラインが繋がるバランスで、重みを受け取りながら待つ
 相手が力を抜いて重みを落とせる位置に浮かせられると、自然に抜けて伸びていく流れが起こることを体感した

・右手と左手で、第五腰椎が入り下肢内側が利く位置に近付け、鼠径部で吸い込んでもらう
 肋骨側面から上肢尺側に手を滑らせ、横隔膜と繋がるバランスに誘導する
 上肢と下肢の対応や、下になっている側から交差する経路を感じられ、側臥位の施術に対するイメージが広がった

・骨盤や肩部の緩みを取って時計の動きを伝えることで、脊椎を調整する
 相手の骨格を通して、離れた場所に付け続け、抜け道に辿り着くところまで追っていく様子を見せて頂き、その誘導の細やかさに驚いた

・手の力を抜いたまま緩みを取り、相手との関係が途切れない臨界まで、鳥と亀やたまたまを行なう
 自分の繋がった動きが反映されることで、相手の身体も繋がっていくことを体感でき、誘導に意図を必要としないことを感じられた

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】