瞬間に付ける

合気観照塾 2017.03.25

刀を同じ位置に保ったまま、鎖骨を弛めて、いつでも下ろせる状態で相手が吐くのを待つ

身体が伸びて相手に向かっていく動きと、重みが落ちて自分に戻ってくる動きを繋げて、途切れずに動く

どこも止まらずに、瞬間に付けて方向を変えられることを体感させて頂き、付ける拍子と当たる拍子の違いを感じられた

柄を握って固めずに、剣の向かう方向に合わせて手の内が変化が出来るように、緩みを取って持つ

常に、お互いの力のベクトルが重なり合う中心に丹田を向けて踏み込む

青岸の構えから刀を重みで倒して曲池に乗せ、肘を浮かす力で相手を攻める

相手の刀と接触する力に対抗せず、自分の身体に通して、廻刀したり立て替えたりする動きに変える

自分の立ち位置は変えずに、刀の流れに付いていくように回旋し、そのまま振り下ろす

相手の呼吸と合わせて吸って弛め、手刀が接したタイミングで落ちていく経路に沿って吐く

ぶつかった瞬間には、すでに相手を落とす準備が出来ているという状態を体験でき、峰と谷や時間の感覚のイメージが変わった

お互いが拮抗している所からも、吸って入れ、相手からの反応に弛めながら付いていくことで、自分で拍子を作る

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】