弛める動き

バランス☆運動療法初級 2017.04.08

K野先生と修験道の先生が、会員の身体を順にみてくださいました。

身体の現状に対して、本人の生活や家族との関係や先祖の影響など、様々な診方やアプローチの仕方があることを学びました。
施術を受けていると、斬るような鋭さで通ったり、ふわりと落とすように抜けていったり、糸が繋がって伸びていったりと、一回一回雰囲気が違うように感じました。
お二人の施術を体験させて頂き、山の頂上に登るルートがいくつもあるように、どこからアプローチしても全体のバランスが整っていくと、同じところに行き着くというように感じました。
施術の手順ではなく、感じておられることや向かっていく先を観れるように学んでいくことの大切さを感じました。

それから、椅子に座って、「あやとり呼吸法」をしました。
下腿部に紐を当てて緩みを取り、股関節で指に引っ掛けた紐を操作し、皮膚を擦りました。
背筋を伸ばしたまま後頭骨を引き、全体のバランスを取ることで下肢を浮かせました。
自分が皮膚を固めずに動けると、紐が弛める動きをしてくれることを感じられました。
また、両側の膝上や肘上に紐の輪を通し、呼吸に伴う張りを意識して動作を行ないました。
立ったり座ったり、腕を上げたり下ろしたり、上肢を回転したりして、ある時と無い時の違いを実感しました。
特に、肩で固めずに体幹から肘への伸びが伝わる状態にあると、楽に腕が上がることを体感できたときは感動しました。

今月も、感覚を体験したりお話を聴いたりする中で、身体の認識を変える多くの発見がありました。
K野先生、修験道の先生、参加された皆様、今月もありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】