螺旋での吸い上げ

合気観照塾 2017.04.22

脱力して相手を吸い込み、会陰から百会までの伸びで緩みを取る

伸びを保ったまま、高さを変えながら「たまたま」をすることで、相手の全体を動かす

螺旋状に吸い上げて意識を高く遠く広げ、身体の揺らぎを邪魔しないよう重みを下ろす

重みの落下を、臀部の張りや股関節の深まりや膝の脱力に変え、どこを持たれても技が掛かる身体を目指す

一つずつの脊柱が立ち上がり、それに付いて肩甲骨が浮き上がり、後方にずれて落ちる位置に肘を下ろす

吸って外枠を相手に馴染ませ、保息したまま重みを落とし、呼気と共に力を解放する

相手とのバランスに合わせて呼吸を通し、その道を辿って脱力することで相手を崩す

芯をぶらさずに体幹から動き、中心から起こった波を、肩や股関節で損なわずに末端まで伝える

繋がる位置で浮かせ、固まっている場所は止めたまま息を吐いてもらい、他の部位から抜くことで微差が生まれる

接点の緩みを繊細に取りながら、相手の都合を聞き続けてバランスを変える

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】