バランスの転換

合気観照塾 2017.05.06

刀の切っ先と踵を繋げて息を吸い上げ、身体を上下に引き分けて内部の糸を臨界まで伸ばす

頂点から腹側の皮膚が滑り降りる位置にずらして鎖骨を弛め、腕の重みと共に刀を下ろす

仰臥位で、腹筋を縮めずに、後頭骨との釣り合いを確認しながら、脚をゆっくりと上げ下ろしする

手首が決まり、肘が寄って伸びる位置にあると、腕に付いて脚を浮かせられることを体感した

脚を押さえる相手の負荷に対抗せずに、脱力して吸い込むことで相手の中心に繋がり、傾いていく方向が感じられた

動作の起点を変えることで、相手の負荷をアンカーにして体幹を起こすことも、相手ごと脚を上げて転ばせることも出来る

立位から下肢を折り畳んで、どの点でも止まれるように常に全体のバランスを意識しながら、重心の高さを変える

お辞儀から頭の上がっていく動きで先導し、軸が後方に向かう力によって体幹を起こして膝を浮かす

両側の踵を付けて、間の圧力の高まりが下肢内側の張りと連動するバランスで立ち上がる

筋力や勢いや反動で誤魔化さずに、一つ一つの動作を連続性のあるバランスの転換として丁寧に観察していくことの大切さを感じた

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】