上肢の動きと骨盤の傾き

呼吸動作研究会 2017.05.28

それぞれの指を意識しながら手掌の向きを変えることで、呼吸の通り方に与える影響を観察する

呼吸と共に、尺骨を軸に前腕を回旋することで、上肢の動きと骨盤の傾きとの連動を感じられた

呼吸で空気の入る方向によって前後の揺れが起こり、下方からの吸い上げに伴う伸びで身体を浮かす

中指が頚と繋がるバランスで地面を突き刺し、上に伸びながらも、下方へ向かう力と行き来させる

手掌を下に向けて両手を重ね、肩甲骨が寄って頚が伸びるバランスで両腕を浮かす

仰臥位で片側の下肢を上げたとき、後頚部が伸びて後頭部の圧が高まり、頭部も協力して動いていることを感じられた

体幹の内部を通る経路と繋がる方向に肘を上げ、腹側を上がってくる伸びを指先まで伝える

タオルで後頭部と畳の間の緩みを取り、縮んでいる側に張りを作ることで、呼吸によって中心に近付いていくことを体感した

転がそうとしなくても骨盤が転がり、寄せようとしなくても肩甲骨が寄り、伸ばそうとしなくても脊柱が伸びるバランスで呼吸する

身体を動かす条件を様々に変えることで、一定のリズムの揺れの中で生じる違いを検証する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】