相手の中心を揺らす

合気観照塾 2017.06.03

相手と五分の関係で接点以外を弛め、股関節から自分の中心をずらすことで、相手の拠り所を無くして転ばせる

上肢の重みを落としながらも、指先から相手に向かう方向に入れ続け、最後まで繋がりを抜かずに斬る

掴まれた側で接点の緩みを取ってから、反対側の腕を上げて空間の点と結ぶことで内部を伸ばし、全体が通るバランスに近付ける

細やかに動きながら、意識は自分の後方や相手の向こう側まで大きく広げ、お互いの間に奥行きや落差を作る

両側の下肢の陰経を行き来させ、足部を捻らず、足底の外側に掛かる圧が逃げないように、中心の力を練る

下肢全体の大きな動きではなく、股関節から大腿の中央を通る芯を回旋する、内側の動きで相手を崩す

股関節のわずかな回転でも、一体となった状態で相手の中心を揺らせると、外枠のバランスを大きく変えられることを体感した

下肢内側からの伸びを上肢に繋げて離陸し、その張力を保ったまま脱力して相手の崩れていく方向に誘導する

片側の鼠径部に寄せて保障したまま、脾経の伸びを指先まで繋げて、対側の内部を臨界まで伸ばす

頚まで浮かせることで、横隔膜や骨盤底がフリーになり、中心の動きが損なわれることなく上肢や下肢へ通っていく

肘の蝶番の動きではなく、自分の芯の後方の感覚を高め上方に吸い上げることで力を伝え、相手を前上方に浮かす

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】