相手を包む空間

バランス☆運動療法初級 2017.06.10

女子部終了後に休憩を挟んで、O原さんの鍼治療を見せて頂きました。
実際に触れておられなくても、接触鍼と同様に、相手を包む空間から鍼を介して中心に伝わっていくイメージが得られました。
そうした中の動きが、施術を行なう人にも受けている人にも見ている人にも、一致して感じられることを興味深く思いました。
そして、意識が通るときと通らないときの前提条件の違いを感じられ、自分の施術を省みる上で学ぶところが多くありました。

その後、K野先生と修験道の先生が、男子部のメンバーを順に施術してくださいました。
自覚できていませんでしたが、K野先生に触れて頂く度に、体幹や膝や母趾に捻れがあったことに気付かせて頂きました。
施術と共に、右半身と左半身の筒が回旋されてズレが整ったような大きな変化を感じました。
修験道の先生が、下肢に意識が落ちて、上半身が浮かず、首の付け根を固めてしまっていたことを指摘してくださいました。
最近の身体の使い方のテーマとして思い当たるところがあり、意識が偏っていたことを実感しました。

他のメンバーを施術されている様子を観ていて、その時々の精神状態や人間関係や仕事といった、日常のあらゆる要素が現在の身体に表れていることを実感できました。
いつも、「人の身体を診る」ということの奥深さを感じさせて頂けることに、感謝しております。

今月も、多くの発見をありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】