肩の力が抜ける角度

合気観照塾 2017.06.10

会陰を引き上げながら中央で吸い上げ、骨盤底の締めを弛めずに重みを落とす

芯の幅の分だけ片側に寄せて、同側の腕を臨界まで伸ばし、そのままでは下ろせないことを確認する

常に左右の下肢の陰経が抜けない範囲で配分を変え、手の位置を操作する

上肢の尺側を脱力して着水し、橈側を下方から浮き上げる力によって相手を浮かす

肘を曲げようとする相手と戦わず、中の繋がりで腕を伸ばし、外側の力を抜く

相手に杖を持たせてそのままのバランスで技を掛けるのと同様に、自分自身が相手に応じて脱力できると自然に接点が合うことを体験した

鼠径部と腋窩が深まって上肢と下肢が釣り合って働き、肩の力が抜ける角度に体幹の向きを合わせる

相手と五分のバランスで、頚部を弛めて頭部の位置をセンタリングすることによって、相手との繋がりを誘導する

肩の力を抜いて、上肢後面が伸びながら、肘頭の上方で曲がるバランスで腕を落とす

最後まで橈側の引きと尺側の攻めを抜かずに、鼠径部の切れ込みで相手を中心に引き込む

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】