接点で吊るす

呼吸動作研究会 2017.08.27

正座や立位でロッキングチェアを行い、重心の移り変わりや相手への呼吸の伝割り方を観察する

壁に手掌を当てて皮膚の緩みを取り、接点で吊るすように、上から順に力を抜いていくことで重みを下ろす

重みを預けきれないと、顎が上がったり、背骨を反らしたりして、内部の動きを止めてしまうことを実感した

四つん這いで、手掌の皮膚の動きを感じながら頚や胸や腰をセンタリングして、皮膚を緊張させないバランスのまま臀部を下ろす

どの二点からでも重みを中央に下ろしていけるバランスに近付けられると、背骨の捻れや頭の位置が調整されることを体感させて頂いた

骨盤を動かそうとせず、胸部や咽喉や頭部の奥行きの間で呼吸を行き来させることで、離れた場所から骨盤を誘導する

頭部まで通った細さのまま芯で動くことで、動作の繊細さや意念の働きが高まることを感じられた

後方への重心移動でも、力を抜いて下方から順に吸い上げることが出来ると、後上方へ身体が伸び、バランスが取れることを体感した

吸い上げたところから胸部を弛め、さらに肋骨を締めることで力を上肢へと繋げ、指先まで伝える

横隔膜の締めと後頚部の伸びを一致させて浮かせることで、相手の身体にも同様の状態を導き、無意識の緊張を抜け道に誘導する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】