呼吸が弛めて整えてくれる

バランス☆運動療法初級 2017.09.09

最初は、K野先生が順番に立位での施術をしてくださいました。
両脚の第四趾のラインを正面に向けて、下肢から調整をしてくださいました。
最初は、足先が内側を向いているような感覚がありましたが、整えて頂くと違和感が消えて下肢が軽くなり、それだけ捩れてしまっていたことを実感しました。
腕も同様に捩れがあり、パキッという音と共に肘の可動域が広がり、肩の緊張も抜けたことを感じられました。
足元から順に整えてくださり、全体があるべき位置に納まっていくことを感じられました。
中心での吸い上げによって身体後面にも呼吸が通り、後頚部まで伸びることを体感できました。

ブルワーカーを使って、両手を引き分けるように張ったり、前屈位から体幹を起こしたり、自転車の空気を入れるようにしゃがんだりして、身体の繋がりを観察しました。
軸を立てて、肋骨を締め、肘を張って、呼吸で立ち上げていくと、頚も伸びていくことを体感しました。
そのまま保息しながら締めをキープすることで、身体を固めずに、アイソメトリックの働きが起こることを感じました。
頭部が前に出たり膝が固まっていると、途端に肩や腕に力が入り、スプリングの反発力を受けてしまうことを確認しました。
身体のどの場所でも、繋がる位置から外れてしまうと、全体のバランスが崩れて働きが損なわれることを実感しました。

仰臥位で、足部や頭部からの施術も体験させて頂きました。
真っ直ぐに寝ているつもりでも、両脚が寄っていたり、片脚に開きがあったりと、中心の感覚にズレがあることを気付かせてくださいました。
そこから、股関節が入り、膝が弛み、足関節が決まり、足部が真っ直ぐ着けるバランスで、緩みを取って待つということを実演してくだいました。
片側ずつ整えて頂き、左右の脚の上がり方や通り方の違いを体感しました。
繋がる位置に導くことができると、後は本人の呼吸が弛めて整えてくれることを感じられました。
足からでも頭からでも、先へと意識を移しながら分け目を操作して繋げていくことで、どこから触れても全身が整っていくことを実感しました。

施術の学びと共に、毎回、自分の身体が繋がった状態を体感させて頂いていることを有り難く思っております。
そうした感覚をいつでも維持できるよう、稽古に取り組んでいきたいと思います。
K野先生、参加者の皆様、今月もありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】