どちらにでも反応できる身勢

東雲道場 第四十六回研究会 2017.09.10

第四趾のラインを正面に向けて下肢内側が利くバランスで立ち、呼吸の吸い上げで腕を上げる

五指それぞれを相手に伝わる方向に合わせ、指先が更に伸びるように息を吸って相手を浮かす

ボールの中心を意識しながら労宮で吸い込み、両側の股関節の回転と一致させて立体的に転がす

手前に落とすときも、最後まで相手の中心を攻める意識を抜かずに、自分の領域に踏み込まれないように保証したまま崩す

接点の位置は変えずに同じ長さのまま、相手の皮膚の緩みが取れていく方向に巻き取って、体幹から回旋することで相手を裏返す

相手の刀が当たる寸前に肘を引いてかわし、相手の中心を攻めるように、そのままの位置で三歩目を踏み出す

物打ちを相手に付けたまま、切っ先をぶらさずに捩り込んで、相手の脇を斬り上げるように意識して進む

燕飛を型ではなく、無数の発展の中の一つの可能性として、その流れが生まれるに至るお互いの狙いや駆け引きを感じながら動く

相手の出方に応じてどちらにでも反応できる身勢で構え、最短のルートで相手の剣を受けられる軌道に落とす

相手の剣を捍いで中心を崩し、生じた隙を刀の流れに沿って狙うように、常に次の一刀に繋げていく意識を切らさずに剣を振る

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】