腹部と胸部の中心

合気観照塾 2017.09.16

相手に持たれた両方の接点を腕のバランスを変えてそれぞれから頚に入れ、分け目を丹田で動かす

上肢を弛めて、肋骨と骨盤が捻れない向きに股関節から合わせ、内部の通り道へ呼吸を吸い上げて相手に返す

形ではなく、相手から受け取った負荷に合わせて力を抜き、そのバランスで呼吸を通せると技になることを学んだ

皮膚を一枚皮として繋げ、身体背側を上がってきた呼吸を、上肢尺側を通して小指へ伝える

肩が浮いて自由に動き、肘が落ちる位置で、中枢の力を指先まで伝え、手の反りで相手を斬る

相手の中心に入れて撓みを取り切ったところから、身体の鞭を長く伸ばして、対側の股関節の動きを手まで伝達する

背骨の反ったり胸を固めたりせず、腹と腰の両方に呼吸を入れ、内部の圧を保ったまま吸い上げて、頚まで伸ばす

呼吸で相手よりも一段上まで高さを上げ、腹部と胸部の中心の回転を連動させて、立体的な動きで相手を崩す

丹田からの伸びを指先一本一本に順に伝えて末梢まで身体の緩みを取り、相手の手の内が取れる方向へ動き続ける

内部の働きとイメージ外に現さずに内側で処理することで、ほとんど動いていなくても同様の力が伝わることを体験させて頂いた

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】