中を通して指先まで伸ばす

合気観照塾 2017.10.14

太極棒を持ち、身体の中の動きを意識しながら六方円を行ない、相手への力の伝わりかたを観察する

手背側を意識して手を張って相手との間の緩みを取り、接点を付けたまま動く

張りを残したまま肩や肘の力を抜いて丹田から動き、指先まで鞭のしなりを伝える

仙腸関節の幅で骨盤を剪断して斜めに構え、腕が落ちていく先を空けることで、相手の拠り所を無くす

身体の内部の波を頭部まで伝えて、相手の両脚の内側を擦り、手の回転と前頭部の攻めを一致させて転ばせる

どこまで通っているというイメージを実際の体内操作と一致させて、相手の上方の空間まで浮かせて後方へ落とす

片側の股関節を深めながら相手の負荷を吸い込み、反対側に起こる動きで圧を高めて、それを解放することで力を返す

中指を中心に、母指と小指で手を立て替えて、股関節の回転を指一本ずつと繋げて腕を螺旋状に伸ばす

腕の回旋と共に経絡を切り替え、薬指を浮かせることで三焦経を繋げて、身体側面を伸ばして使う

拳で当てても、握って固めるのではなく、中を通して指先まで伸ばすことで、手を開いているときと同様に相手の中心まで伝わることを体感した

刻々と変わるバランス

バランス☆運動療法初級 2017.10.14

今月バランス☆運動療法初級講座は、座学から始まりました。
剣術の伝書に書かれている内容が、施術における心や身の置き方とも共通することを教えて頂きました。
文章を読んでいて、感覚を言葉で説明するのではなく、自然になぞらえて表現されている部分が印象に残りました。
内容を頭で理解するというよりは、著者が感じているイメージが共有されることで伝わることを感じました。

施術風景を観せて頂く上でも、動きや外見ではなく、K野先生が何を感じておられるかを受け取ることを心掛けて観ていました。
竹を下から揺らすと動きが葉まで伝わるイメージで、下肢からの揺らぎがどのように伝わっているかをチェックしてくださいました。
左右の揺れかたの違いを体感させて頂き、固まっている場所があると、途中で波が途切れてしまうことを実感しました。
小さな隙間に糸を通していくように、皮膚のわずかなズレからも、伝わる位置に導かれていく様子を体感させて頂きました。
末端へ伝わったバランスの変化は、また接点へと戻っていき、その中で身体が繋がっていくことを感じられました。

立った姿勢でも、寝た姿勢でも、刻々と変わるバランスに応じてポジショニングし続けることが、施術となることを学びました。
脚を交互に上げて、動きの軽さや頚への伝わりに左右差があることを見せて頂きました。
自分の都合で外見を真っ直ぐに合わせようとするのではなく、その方にとっての中が繋がるバランスに近付けると、全体が整っていくことを感じられました。
相手の身体に聞いてセンタリングしながら、繋がる位置で弛んでいくタイミングを待つことで、整う方向へ導く自然の働きが起こることを教えて頂きました。
そうした位置やタイミングは、観察を重ねていくことで自分で会得していくしかないことを実感しました。

K野先生、参加者の皆様、今月も多くの気付きをくださり、ありがとうございました。

刀の反りに沿う

東雲道場 第四十七回研究会 2017.10.09

水車勢から手の内を柔らかくして両肘を曲げると、刀のバランスで刃が立ち、そのままの刃筋で下ろすと相手の中心を狙えることを体感した

相手の打ち込みに付いていった結果として、同じ構えから撥草やくねり打ちや逆風といったバリエーションが生まれることを感じられた

一歩踏み出して相手の刃筋からずらし、相手の刀より長くなるように、刀と体幹で三角形の二辺を創って攻める

無形から、片足を出し、体幹の向きを変え、腕を上げて、常に軸を保ったまま身勢を移り変える

吸って弛めて吐く動きと刀の上下を一致させ、重みを肚で受け取りながら、最短のルートで上げ下ろしする

呼吸で刀の動きを先導し、刀の流れを邪魔しないように、股関節から動く

相手の刀に付けたところから、刀の反りに沿って緩みを取り、相手の全体が崩れるバランスに導く

刀の反りがあるからこそ、直線での押したり突いたりではなく、付けたところから前方へ向かうことで斬る力が生まれることを検証できた

真っ直ぐな竹刀でも反りをイメージすることで引きと攻めが起こり、太い棒でも細く意識することで身体が締まって自分の軸も細くなることを体験した

自分の肩の力が抜ける位置に間合いを取って息を吸い、上肢や胸部を弛めて足底まで落とす

弛められる位置

合気観照塾 2017.10.07

吸って弛めて吐く動きの中で、どの瞬間で止めても弛められ、流れが途切れないように動く

弛められる位置に腕を浮かせ、相手に持たれる前から力を抜いておく

相手の持ち方に合わせて脱力して吸い込み、接点を置いたまま他を自由に動かせるバランスに近付ける

細い幅で体幹の向きを切り替え、足底から反対側の手まで吸い上げて相手に力を返す

肩を押されても、接点で入れたまま弛めて、指先まで中心の動きを伝えることで、終点ではなく通過点として動く

太極棒の軸を自分の芯と一致させて、後頭部の髪の生え際を引き上げたまま、腕が伸びる方向に絞る

剣を下ろすのと同様に、吸い上げた頂点から弛めて前方にずれると、太極棒に沿って下ろせることを体験した

両手で上下に引き分けて太極棒の軸を伸ばし、その長さを保ったまま、相手の周りの空間を含めて斬る

棒を握らずに呼吸の分だけ皮膚の緩みを取り、相手の中心に伝わる傾きにずらして、そのまま落とす

吸い上げた空気を締めながら圧を高めて足底まで伝える力と、丹田に戻っていくように手が落下していく動きを一致させて相手を落とす

相手から伝わる感覚

センタリング・タッチ研究会 2017.10.01

今月のセンタリング・タッチ研究会では、K野先生が柔道の固め技を体験させてくださいました。
頚と腕の間の緩みを取り切られてしまうと、脚は動かせても力は入らず、全く返せなくなりました。
身体の連動を、繋がる方からではなく、固める方から観ることができ、頚を止められるだけで全身の自由が利かなくなることを実感しました。
そして、伸展を掛けたところから弛めるか弛めないかの違いだけで、治療と武術が共通していることを感じました。

センタリング・タッチによる施術を見せて頂き、受けさせて頂き、それからお互いに練習しました。
両手の中心を直接動かすのではなく、そこに意識を置いたまま、相手から伝わる感覚によって動くことを学びました。
そのためには、自分自身が、吸って浮かせて、弛めてから動くことの大切さを教えて頂きました。
丹田の動きが滞りなく通っていくように肩を弛めておき、感覚と動作が一致して行き来できる状態にしておく必要を感じました。
息を吸って中心に集まっていき、固まる所から少しずらすことで、癖の位置に戻ること無く、新しいバランスへ導けることを教えて頂きました。
偏りを改善しようとか、捻れを解消しようといった余計な意図を働かせなくても、その方の持つ自然の働きがバランスを整えてくれる様子を観察できました。

相手の頭部に手掌を馴染ませて、指先が自由に動かせるように沿わせ、センサーが働く状態を体験させてもらいました。
頚を伸ばしてもたれ掛かることで内部の糸を伸ばして、相手の呼吸によって導かれる変化を待ちました。
そして、張りがたわまないように骨盤を転がして付いていくことで、緩みを取り続けました。
ランダムに点滅する線香花火の光のように、手掌から、刻々と接点が変わっていく感覚が伝わってきました。
手の調整をされているK野先生の微細な動きが、そのまま頭部にも反映されていることを体験させてくださいました。
そうした手が出来ていると、触れるだけで自動的に相手と繋がり、弛んでいくバランスに導けることを実感しました。
センタリング・タッチは技術ではなく、それが可能となる身体を創っていくこと自体であるように感じました。

学ぶということが、知識や方法を増やすのではなく、それを受け取る自分自身をどう変えていくかというところに帰着することを再認識しました。
施術に臨むときの余計な力みややる気を無くしていくことで、剣術のようなシンプルな動きに近付いていくイメージが出来ました。
そうした身体を創れるように、日々の臨床や稽古に取り組んでいきたいと思います。
K野先生、参加された皆様、今月もありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】