刀の反りに沿う

東雲道場 第四十七回研究会 2017.10.09

水車勢から手の内を柔らかくして両肘を曲げると、刀のバランスで刃が立ち、そのままの刃筋で下ろすと相手の中心を狙えることを体感した

相手の打ち込みに付いていった結果として、同じ構えから撥草やくねり打ちや逆風といったバリエーションが生まれることを感じられた

一歩踏み出して相手の刃筋からずらし、相手の刀より長くなるように、刀と体幹で三角形の二辺を創って攻める

無形から、片足を出し、体幹の向きを変え、腕を上げて、常に軸を保ったまま身勢を移り変える

吸って弛めて吐く動きと刀の上下を一致させ、重みを肚で受け取りながら、最短のルートで上げ下ろしする

呼吸で刀の動きを先導し、刀の流れを邪魔しないように、股関節から動く

相手の刀に付けたところから、刀の反りに沿って緩みを取り、相手の全体が崩れるバランスに導く

刀の反りがあるからこそ、直線での押したり突いたりではなく、付けたところから前方へ向かうことで斬る力が生まれることを検証できた

真っ直ぐな竹刀でも反りをイメージすることで引きと攻めが起こり、太い棒でも細く意識することで身体が締まって自分の軸も細くなることを体験した

自分の肩の力が抜ける位置に間合いを取って息を吸い、上肢や胸部を弛めて足底まで落とす

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】