刻々と変わるバランス

バランス☆運動療法初級 2017.10.14

今月バランス☆運動療法初級講座は、座学から始まりました。
剣術の伝書に書かれている内容が、施術における心や身の置き方とも共通することを教えて頂きました。
文章を読んでいて、感覚を言葉で説明するのではなく、自然になぞらえて表現されている部分が印象に残りました。
内容を頭で理解するというよりは、著者が感じているイメージが共有されることで伝わることを感じました。

施術風景を観せて頂く上でも、動きや外見ではなく、K野先生が何を感じておられるかを受け取ることを心掛けて観ていました。
竹を下から揺らすと動きが葉まで伝わるイメージで、下肢からの揺らぎがどのように伝わっているかをチェックしてくださいました。
左右の揺れかたの違いを体感させて頂き、固まっている場所があると、途中で波が途切れてしまうことを実感しました。
小さな隙間に糸を通していくように、皮膚のわずかなズレからも、伝わる位置に導かれていく様子を体感させて頂きました。
末端へ伝わったバランスの変化は、また接点へと戻っていき、その中で身体が繋がっていくことを感じられました。

立った姿勢でも、寝た姿勢でも、刻々と変わるバランスに応じてポジショニングし続けることが、施術となることを学びました。
脚を交互に上げて、動きの軽さや頚への伝わりに左右差があることを見せて頂きました。
自分の都合で外見を真っ直ぐに合わせようとするのではなく、その方にとっての中が繋がるバランスに近付けると、全体が整っていくことを感じられました。
相手の身体に聞いてセンタリングしながら、繋がる位置で弛んでいくタイミングを待つことで、整う方向へ導く自然の働きが起こることを教えて頂きました。
そうした位置やタイミングは、観察を重ねていくことで自分で会得していくしかないことを実感しました。

K野先生、参加者の皆様、今月も多くの気付きをくださり、ありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】