中を通して指先まで伸ばす

合気観照塾 2017.10.14

太極棒を持ち、身体の中の動きを意識しながら六方円を行ない、相手への力の伝わりかたを観察する

手背側を意識して手を張って相手との間の緩みを取り、接点を付けたまま動く

張りを残したまま肩や肘の力を抜いて丹田から動き、指先まで鞭のしなりを伝える

仙腸関節の幅で骨盤を剪断して斜めに構え、腕が落ちていく先を空けることで、相手の拠り所を無くす

身体の内部の波を頭部まで伝えて、相手の両脚の内側を擦り、手の回転と前頭部の攻めを一致させて転ばせる

どこまで通っているというイメージを実際の体内操作と一致させて、相手の上方の空間まで浮かせて後方へ落とす

片側の股関節を深めながら相手の負荷を吸い込み、反対側に起こる動きで圧を高めて、それを解放することで力を返す

中指を中心に、母指と小指で手を立て替えて、股関節の回転を指一本ずつと繋げて腕を螺旋状に伸ばす

腕の回旋と共に経絡を切り替え、薬指を浮かせることで三焦経を繋げて、身体側面を伸ばして使う

拳で当てても、握って固めるのではなく、中を通して指先まで伸ばすことで、手を開いているときと同様に相手の中心まで伝わることを体感した

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】