下肢と上肢の張り

合気観照塾 2018.02.24

骨盤を恥骨が寄るバランスで締めて内圧を高め、大腿中央部を張って、会陰から吸い上げる

下肢と上肢の張りを一致させて、接地面と、相手との接点の緩みを取り、張りを維持しながら引きと攻めで動く

労宮と裏労宮の両方の感覚が生まれるバランスで手の力を抜き、中心の点を転がすことで指を操作する

胸骨と後頚部の間で呼吸を行き来させ、頭頂部へ息が通る位置に姿勢をセンタリングする

吸い上げた呼吸を膀胱経のラインを通して下ろし、相手の手の圧に合わせて、背骨の形を変えて背中を弛める

相手を押さずに、内部の重みの落下に合わせて下肢の関節を折り畳むことで、勁を伝える

肘や肩や胸の力を順に抜いて、相手とぶつかる場所を無くしていくことで、軸を細くして動く

呼吸を相手の頚の向こう側まで通し、浮かせた両手から漏斗状に下ろすことで、中央へ集めて下まで落とす

片脚を浮かす動きを手まで伝えて刀を上げ、刀が下りていく流れで股関節を弛めて足を踏み出す

骨盤の立て替えと中央での呼吸の上下によって、四肢のバランスを変えながら、常に中心を保ったまま動く

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】