手と足の連動

呼吸動作研究会 2018.02.25

仰臥位で膝を曲げ、足の下の棒を置く位置や、脚の角度を変えて、呼吸の通り方を検証する

下腹部に棒を乗せて手を添え、呼吸の出入りに伴って浮き沈みする様子を観察する

胸の前で棒を浮かせて持ち、吸って、弛めて、吐く呼吸の流れで動きを伝える

吸息によって骨盤や肋骨を締めて内部の圧を高めながら、外側にも呼吸を広げて全方向に張る

両手で棒を持って、肋骨が締まり、体幹と繋がって伸びていくバランスで腕を上げていく

片側の膝を曲げて、もう一方の下腿部を棒に乗せ、息を吸いながら腕と脚を上下に伸ばす

椅子に座って、足底と畳、手掌と大腿部の間に棒を置き、呼吸での連動を観察する

負荷を掛けてもらい、手で動いたときと、足底の皮膚の緩みを意識して呼吸したときの相手への伝わり方の違いを確認する

相手の詰まっているところを感じ取りながら、同調しながら自分が脱力して動くことで弛めていく

立位で臨界まで中を伸ばして腕を上げ、位置をキープしたまま弛めて、棒の重みに沿って下ろす

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】