反作用を活かす

バランス☆運動療法初級 2018.07.14

K野先生が、参加者の身体を順に整えてくださいました。
仰臥位でバランスや揺れを見ながら、足部からの施術をしてくださいました。
足関節を背屈したところから、五趾それぞれの弛みを取り、さらに順に繋げてくださいました。
脚からの繋がりが改善すると、揺らしてもらったときの伝わりが左右で全く違うことを実感しました。

そして、肩甲骨でも骨盤でも、相手の身体を使って誘導できることを教えて頂きました。
側臥位で背骨に触れながら、上肢側と下肢側のどちらからが響きが大きいかを確認しておられました。
相手の肩甲骨や骨盤の弛みを取って引きと攻めの一部にして、そこから頚に入れたり、斜めに落としたり、自在に誘導できることを見せてくださいました。
背中を手刀で擦過して相手のバランスが崩れる方へ導く合気の技と同様であることを感じられました。
どこから、どのようにアプローチするか、常に「相手の身体に訊く」ことの大切さを学びました。

途中、K元さんが取り組んでおられる、「太鼓を叩く」動作と絡めて身体操法をアドバイスされていました。
横隔膜の高さで腕を浮かせ、両手に持った短刀を股関節から振るように動いておられました。
天地人の串刺しのように中央の伸びで腕が上がり、臨界からの落下によって落としておられました。
浮かせるときは上腕前面に手が当たって肘が曲がり、落とすときは肘から先の重みによって肘が伸びました。
太鼓からの跳ね返りも自分の中に通していくことで浮かす力に変わり、反作用を活かすことがいかに大切かを学びました。

それから、伏臥位で背中に手を当てて馴染ませる施術も体験させて頂きました。
手を乗せて重みを掛けるのではなく、横隔膜を締めて浮かばせることで、内部の細やかな振動が伝わってきました。
触れていなくても変化を感じられ、手で触れることで目に見える動きは、誘導の一部であることを実感しました。

K野先生、参加された皆様、今月も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】