繋がった経路を利用する

合気観照塾 2018.07.14

相手に腕を掴まれたバランスの中で、肩や肘の力が抜ける位置に近付ける

前後のセンターを確認して呼吸を中央で吸い上げ、会陰から百会が繋がる位置に近付ける

持たれた場所の弛みが取れたら、体幹の軸の伸びで相手を崩し、それを指先まで伝えて転ばせる

労宮の奥行きによって一本ずつの指を伸ばし、常に五指の関係性を保ちながら手を使う

肋骨を締めながら呼吸を中央に通すことで、下肢内側からの吸い上げを上肢の伸びに繋げて、相手に入れる

相手の両側からの攻めを漏斗状に吸い込んで中心に集め、その細さを保ったまま吸い上げて鋭さを生み出す

大腿部を内側から広げてもらい、相手が合気を掛けようとする動きを吸い込みにして、流れに逆らわずに循環させて伝える

股関節を挟んでもらい、相手が自分の恥骨を締めて頚まで通してきた瞬間に、繋がった経路を利用して力を返す

肩を把持して繋がる位置に浮かせ相手の頭部を吊り、自分の働き掛けではなく、相手の重みによって落とす

ずらした位置で吸って弛めて吐いてもらい、新たなバランスをキープしたまま、もう一度吸って弛めて吐いてもらうことで変化を導く

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】