脚が自然に浮く

合気観照塾 2018.10.20

吸息と共に肩甲骨と坐骨が一致して寄り、肩や肘の力が抜ける姿勢を観察する

会陰から順に締めて内圧を上げ、隔壁によって浮かす力を上方へ移して行く

中央に空気が満ちたところから更に吸い上げ、呼吸を指まで伝えて腕を浮かす

軸を伸ばして頚を立て、常に後頚部と上肢のバランスを取って、前後の奥行きを保つ

途中で飛ばしたり途切れたりしないよう、頭部まで丁寧に吸い上げて、内部で呼吸を一周させる

吸い上げた高さに合わせて、前後左右でセンタリングして中央に近付け、上へ伝わるように芯を通す

股関節の寄りと内部からの引き上げによって、片脚が自然に浮く位置に吸い上げる

吸息の頂点から弛んでいく流れによって、重みが下り、骨盤がニュートラルな位置に戻り、足部まで落ちていく

重心を片側の股関節に寄せて、側方の軸で吸い、下肢と上肢を繋げて全体のバランスを取る

下から順に締まったり、上から順に弛んだりする体内のリズムで、太極棒を上げ下げする

空気をパッキングして内圧を高めた状態から、会陰の動きと一致させて手を操作し、更に締めて相手に力を放つ

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】