自分でアンバランスに気付く

呼吸動作研究会 2018.10.28

今月の研究会では、K野先生が特別講師として来てくださいました。

始めに、自分が何気なく取っている姿勢のまま、呼吸を観察しました。
それから、手の向きや置く場所によって呼吸の入り方が変わることを確認しました。
手の位置だけ見ても、最初の前提が各々違い、知識や手順ではなく、自分の感覚に目を向けることが如何に大切かを学びました。
色々と条件設定を変え、肩や腕の力が抜け、脚が安定するバランスに近付くと、呼吸が深くなっていくことを実感しました。
呼吸と共に坐骨が寄って会陰が締まる感覚を得られ、「締める」のではなく、「締まる」条件を丁寧に観ていく必要性を感じました。
お腹や腰、側腹部と手を当てる位置を移しながら、呼吸を入れました。
呼吸の通りにくい場所や意識の薄い場所があり、均等に膨らませられていないことを自覚しました。
呼吸を全方向に広げられると、更に吸い上げることで身体が均一に締まって軸が伸び、上肢の伸びへと繋がっていきました。
気功や合気体操の動きも、そうした呼吸のバリエーションであるように感じました。

後半は、k野先生が会員の皆様を順に施術してくださいました。
身体の観察を深めていくことが、そのまま診断や手技に繋がることを教えて頂きました。
自分のバランスがセンターにあるからこそ、相手のアンバランスが見え、どう立ち上がっていくかというイメージが生まれることを学びました。
触れた部位から○○時計をして、力が抜ける位置に針を合わせ、全体が繋がるバランスに誘導されていました。
相手の身体に訊きながら、その瞬間の感覚を信じてセンタリングして反応を待つことが、施術となることを感じました。
術者が治そうと頑張るのではなく、自分でアンバランスに気付き、良い方向に向かって頂けるように導くことの大切さを感じました。
施術の前後で、姿勢や動作だけでなく、性格も柔らかく変わっていかれた様子が印象に残りました。

K野先生、お忙しい中、研究会に来てくださり、貴重な体験をさせてくださり、本当にありがとうございました。
研究会の方向性も明確になりましたので、今回の学びを今後の進行に活かしていきたいと思います。
会員の皆様、今月もありがとうございました。
来月以降も、どうぞよろしくお願いします。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】