締まって吸い上がる条件

呼吸動作研究会 2018.11.25

今月の研究会は、KMさんが進行してくださいました。

台の上に竹踏みを置き、その上に片側のふくらはぎを乗せて呼吸の伝わりを観察しました。
呼吸に伴う中心のバランスの変化が波及し、脚にも皮膚がずれる動きが広がっていきました。
下腿部の当てる位置や膝の曲がる角度、膝と足首のラインなど、条件が揃うと伝わり方が変わり、ポジショニングの大切さを学びました。
それから、大腿中央を帯で縛って両脚を竹踏みに乗せ、呼吸で張りながら中心から動きました。
張りをキープしたまま骨盤を傾けることで、脚をどの方向にもコントロールできました。
脚を下ろしてみると、下肢から体幹へと経路が通り、繋がって動ける状態を感じられました。

側臥位で大転子の上に腕を乗せて、呼吸に伴う骨盤の動きを確認しました。
大転子が向かっていく方向や弛んでいく方向にもアンバランスがあり、骨盤が均等に広がっていないことを自覚できました。
時計盤のように大転子が内側から膨らむ向きを順番に変えて行き、反対側の大転子に落として中央に近付けました。
弛めることで自然に股関節が寄り、吸うことで更に芯が締まって張りが生まれることを感じられました。
立位でも、呼吸と共に足の裏が寄って畳との間の弛みが取れ、身体を巡って再び弛んでいく流れを感じられました。
呼吸によって中央が締まって吸い上がっていく前提条件を、繊細に観ていく大切さを実感しました。

前半が終わってから、会員の皆様に来月のテーマを相談しました。
「立つ」ということ、「頚を伸ばす」とは?、脊柱の自然なカーブといった、お題を頂きました。
それらは私自身の課題でもあり、来月までに検証してメニューを考えておきます。

進行してくださいましたKMさん、会員の皆様、今月もありがとうございました。
来月も、よろしくお願いします。

骨盤と両手を一致させる

合気観照塾 2018.11.24

外縛と内縛、母指を並べるか重ねるかで、呼吸の通りや合気の掛かり方の違いを観察する

骨盤と両手を一致させ、中央への寄せで両手を締め、仙腸関節の幅で手の隙間をずらす

組んだ手の中でも中心の力が指先まで伝わり、内側から蠢くように柔らかく動く

両手が離れていても、組んでいるときと同様に身体が締まり細くなるバランスで手を使う

芯を細くして下から順に寄せ、肋骨を締めてチューブの中身を押し出すように頚を伸ばす

側方の相手を手で押さずに、中央の軸を立てて股関節から相手側に寄せ、相手の軸を攻める

呼吸の浮きによって相手を浮かせ、弛めて頂点でずらし、内部の落下で相手を落とす

身柱を意識しながら、肩甲骨の開閉と胸の開合を連動させ、前後の奥行きを手まで伝達する

吸息と共に第五腰椎を決めて相手との間の弛みを取り、仙腸関節の前後の傾きと左右の回旋で相手を斬る

吸い込んだ手の丸みを中指を中心にして立ち上げ、親指小指の引きと攻めを利かせて刃筋で落とす

繋がりが満たされる条件

合気観照塾 2018.11.18

芯を前後左右から締めて、両側の足の裏の皮膚を中央に引き寄せ、畳との弛みを取る

ゲレンデを滑っていくように、身体を細くしたまま、重力に沿って下りていく方向へ腕を伸ばす

身体の絞りを太極棒の芯に集約できると、前から押された力が大椎の向こう側へ抜け、丹田から力が返る

手首が決まりながら自由に動かせる位置で、母指側と小指側の引きと攻めを伝え、棒に刀の反りを持たせる

両手を引き分けて棒を引き上げ、張りを保ったまま鎖骨を回転し、弛めて方向を切り替える

肋骨が均一に締まるように吸い上げ、更に締まっていくバランスで吐き、外側の力を抜く

脱力によって仙腸関節がパタリと回旋する動きと、太極棒の水平面での90度回転が一致する

股関節の寄せで左右に移動し、吸い上げで浮き、脱力に伴う落下で下りる動きを、呼吸と共に循環させる

下肢内側から吸い上げて、横隔膜から上肢に繋がる経路も丁寧に辿りながら、途中で飛ばさないよう手まで通す

一つずつの動作を細かく観察し、全体としての繋がりが満たされる条件を検証していく

相手のバランスを繊細に感じ取り、それに応じて瞬時に力を通せる身体を創っていく

途切れずに循環する

合気観照塾 2018.11.10

吸って相手を浮かせ、弛めてずらし、相手と太極棒が転がるほうへ動く

大腿と下腿の間に太極棒を置き、下肢後面の伸びで臀部を浮かせて、棒を転がすことで手を操作する

恥骨を寄せて大腿部を張り、下肢内側を上がってくる力を中央の吸い上げと繋げる

丹田の転がりで臀部を内側から動かして、傾きかけている相手に骨盤の動きを直接伝える

呼吸の吸い上げで脚を上げ、弛めて下りていく流れで足を着き、足底まで通す

体内の球を自在に動かし、両側の股関節と太極棒を一致させて全体で動く

どちらにでも動ける状態でバランスを変え続け、相手の負荷も流れの一部にする

丹が途切れずに循環していれば、どのタイミングで触れられても合気が掛かり、技になる

大きく動いたときの体感を、小さな動きでもイメージして、外に見せずに中で処理してコンパクトに崩す

自分が合気を掛けられたときの繋がりを、逆モーションで伝えて相手に返す

深いところまで届く感覚

バランス☆運動療法初級 2018.11.10

今回は、AM先生の施術をさせて頂きました。
脈診や腹診をして、バランスが整うように鍼治療をさせて頂きました。
途中、K野先生が施術されているときに脈を診せて頂くと、バランスが転換すると脈も変化する様子を感じられました。
施術によって、身体の内側も変わっていることを実感できました。
どの深さまで意識してアプローチできているかで、呼び起こされる反応の深度も変わってくることを感じました。

それから、K野先生が椅坐位での施術をしてくださいました。
脚の上に乗せて足首が決まる一点に近付け、全ての接点からの精妙な操作で繋げてくださいました。
足を揺らして頂くと、左右で仙腸関節への伝わりが全く違いました。
腰や肋骨も滞っていたようで、固まっていた場所が解れていくと、自然に動きが生まれることを感じました。
AK先生が、組んだ手を上から下に移動させ、身体のスキャンをしてくださいました。
両膝を包んで誘導して頂くと、意識された体内の点にピタッと合うことを体感しました。
自分の身体に対する捉え方次第で、どのようにでも働き掛けられることを感じました。
先生方の素晴らしい技を体験させて頂き、こんなことも出来るんだと、発想が広がりました。
施術後は身体が軽く、全身が繋がって動く心地良さを感じられました。

普段の活動の中でどれだけ意識して、深いところまで届く感覚を養っていけるかが大切だと思いました。
K野先生、AK先生、AM先生、会員の皆様、今月も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

丹田の力を透す

センタリング・タッチ研究会 2018.11.04

前半は、K野先生が参加者の施術をしてくださいました。
時計の文字盤の固まる時刻で戦わず、抜ける位置でゆらゆらしていると、弛んでいくことを体感しました。
どちらにも付いていける状態で、不安定な位置から相手が戻ってくる反応を利用して中心に近付けておられました。
足元のバランスが整うと、足底から肩に抜けるラインが通り、脚の細さや靴下の色まで変わりました。

噛み合わせもズレていたため、顎関節の調整もしてくださいました。
合った瞬間に頭蓋骨の中心の感覚が生まれ、頚も伸びて、目も耳も通ったようで、とてもスッキリしました。
全体のバランスの中で、顎関節の与える影響の大きさを実感しました。

施術をしているとき、手の使い方を見せてくださいました。
手を握らずに、小指側と母指側の引きと攻めによって手を使っておられることを教えてくださいました。
丹田の力がどこにも滞らずに透っていくと、自分の身体も相手との接点も通過点と出来ることを学びました。
実際に試してみると、どの指を曲げるかが肩の緊張に関わっていることを感じられました。
教えてもらわなくても、自ら見つけて行けるように、「当たり前」を作らずに丁寧に検証していく必要性を感じました。

後半は、モニターとして参加してくださった、Yさんの施術を担当させて頂きました。
胃腸の不調を主訴として、手技や接触鍼で治療をさせて頂きました。
施術後、K野先生が補助を入れてくださり、不充分なところや見えていないところが浮き彫りになり、とても勉強になりました。

K野先生、今回も多くの学びをくださり、ありがとうございました。
モニターとして参加してくださいましたYさん、こうした貴重な機会をくださり、ありがとうございました。
会員の皆様、来月もよろしくお願いします。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】