離れた場所に糸を垂らす

センタリング・タッチ研究会 2019.03.03

今日のセンタリング・タッチ研究会の前半は、k野先生が参加者の施術をしてくださいました。
腕を両手で把持して反対側の肩まで通し、釣りのように糸を垂らすイメージで、離れた場所まで繋げておられました。
魚が掛かった瞬間に釣り上げるように、変化したバランスからの揺り戻しのタイミングを利用して、センターに近付ける技を見せてくださいました。
実際に調和点に触れさせて頂くと、身体の中を通っていったり、弛んで戻っていったりする流れを感じられました。
身体はどこからでも繋がっており、滞っている箇所を弛めるのに、決まった手順は無いことを実感しました。

後半は、k元さんにモデルになってもらい、鍼治療をさせて頂きました。
刺し手の手首が決まるように鍼を立て、押し手の手根部や五指を釣り合うバランスで添え、相手の身体に訊きながら鍼の角度を調整しました。
体幹を下から締め、第五腰椎を決めて首まで伸ばし、身柱を入れて肩の力を抜きました。
そして、芯を細くしながら肘を張り、両手の間を引き分け、鍼の右廻りか左廻りで弛みを取り切って、相手の変化を待ちました。
調和したまま自分を弛めていくと、相手も弛み、繊細な変化を受け取ることが出来ました。
相手の誘導をする以前に、自分が通る姿勢を取れるかどうかが如何に大切かを学びました。
また、施術前のポジショニングで、相手が力を抜きやすい位置にお膳立てをしておく必要を感じました。
両者を繋がった状態に近付けて行こうとすれば、自ずと術者の立ち位置や姿勢が決まってくることを実感しました。
 
御指導頂いているランドマークを意識しながら、施術に取り組んでいきたいと思います。
k野先生、参加された皆様、今月も多くの学びをありがとうございました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】