第五腰椎が入る身勢

東雲道場 第六十四回研究会 2019.03.10

下肢内側を利かせながら鼠径部の引き寄せで脚を前に寄せて、第五腰椎が入る身勢を取れるかどうかをチェックする
 
身体を捩らずに左右の仙腸関節で引きと攻めをすることで、脚を後方に引きながら、対側の拳で前を突く連動が起こる
 
刀を含めた全体でバランスが取れるように柄を持ち、分け目と両腕を通る輪っかの中を固めずに循環させる

左右の労宮と眼の意識を一致させて、青岸に構えながら相手を見るように労宮の中を向ける

脱力によって萎むのでは無く、外を弛めながら中が充実するように力を抜き、労宮を通して相手に伝える

後方の空間まで膨らませて意識を全体に広げ、相手の負荷を吸い込んで風船のような弾力で返す

前進して相手とぶつかってもその場所で闘わず、刀の反りに沿うように立ち位置が変わっていくと、滞らずに進むことが出来る

体幹をたわませずに鼠径部をくわえ込み、下肢を脱力した分を上肢を浮かせる働きに反映させる

鞘と刀をガイドにして、中心から対角に中を伸ばしたり弛めたり抜刀や納刀を行なう

手を先行させず、常に下肢からの力の伝わりで刀を上げて、仙腸関節の動きで行き先を導く

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】