手の内の中心の玉

合気観照塾 2019.07.13

大腿部の上に置いた数珠玉の転がりを感じながら、骨盤の傾きと共に手を揺らして、落下に任せて側方に滑らせる

相手の手の内の中心に玉ができるように、掴まれた腕を脱力して中を繋げ、玉を遠くから操作する

相手を浮かせたところから手で引かずに、玉が自然に転がっていく通路を作るように股関節から動く

相手の皮膚を滑らせて僅かなズレを頚まで繋げ、最後まで接点を固定させずにずらし続けて崩す

面ではなく点になるように相手のバランスを繊細に捉え、刀の反りをもって斬っていくように入れる

軸を立てて上肢を浮かせたまま、左右の臀部で手の弛みを取り、ヴィーナスのエクボで攻める

相手の頚の後方で両腕を通る力の延長を交差させ、坐骨の幅で骨盤を立て替えて、細く鋭く崩す

方向が切り替わるときも、常に相手との繋がりが途切れないように骨盤の輪の中で練るように動く

母指と小指を対応させて手を寄せながらも張り、中心の動きを五指のバランスに反映させる

シャツを摘まんで相手の内部の糸をピンと張り、浮かせた頂点から落下地点に導くことで相手の全体を崩す

感覚を信じて検証を積み重ねる

バランス☆運動療法初級 2019.07.13

K野先生が、座った状態で骨盤や背骨の状態をチェックして、バランスを整える施術をしてくださいました。
目線や呼吸の誘導しながら内部の糸を臨界まで張って、隙間に通して弛めていくような繊細な操法に感心しました。
背部に沿って指を下ろしていく時にあった詰まりが取れると、骨盤や背骨が軽く動き、とても楽になりました。
首を回す動きも、弛んで身体が繋がって動けるようになると、可動域や見える範囲が広がっていきました。
仰臥位で、足部からの施術もしてくださり、足関節や足趾の微妙なバランスで下肢からの繋がりを感じられました。
立ったときの足の着き方が変わり、通っているときの心地良さを実感しました。

それから、K野先生の補助の元、妻が施術をしました。
女子部のほうで、恥骨と後頚部の関係や肋骨と繋がって腕が伸びる位置といった感覚を掴んだらしく、背筋が伸びて首が立ち、いつもと姿勢が違っていました。
頚で吊って手を浮かせ、固まっている場所に変化が起こりそうな二点に手を添えていました。
左右の臀部の動きで手の弛みを取って骨盤で一致させ、手では無く尾骨で揺らすようアドバイスをもらっていました。
相手の弛みを取ったまま脱力できようにしていくことの大切さを学びました。
身体が整っていると、感覚も変わったようで、施術する中で助言されたことを次々と吸収していました。
端で見ていても、姿勢や目線や意識の使い方だけで無く、発言までいつもと違い、妻の変わりっぷりには驚きました。
それらが全部ひと繋がりであることを実感しました。
感覚を信じて検証を積み重ね、自信に育てていくことの大切さを感じました。

北野先生には、治療面のみならず、今後の方向性も示して下さり、いつも感謝しております。
今回の経験を、これからの仕事に活かしていきます。
参加された皆様も、本当にありがとうございました。

バラツキが均一化される

センタリング・タッチ研究会 2019.07.07

前半は、K野先生が参加者を施術してくださいました。
骨盤や背骨のアンバランスを整えてくださった後、腕や脚から誘導してくださいました。
外見上はほとんど動いていないようでも、手の内では細やかな粒子が出入りしているような、繊細な動きを感じられました。
仰臥位や腹臥位で、背中やお腹に手を添えてくださいました。
合気の技と同様に、骨盤を自由に動かせるバランスで浮かせて、手では無く、中心の動きを伝えることを教えてくださいました。
身体の内部に細やかな振動が伝わると、バラツキが均一化されて芯ができ、それが徐々に細くなっていく感覚を得られました。
施術が決まった形でも意図的なものでもなく、合気の身体で触れると自然に整っていくということを体感させて頂きました。

後半は二名の方がモニターとして参加してくださり、K元さんとKMさんが担当されました。
自分が担当だったらどうするかイメージしながら、お二人の施術風景を見せて頂きました。
実際にモニターとして来てくださった方への施術は、より実践的な学びがありました。
特に、ご本人の身体の状態と怪我をする場所との関係性を、興味深く感じました。
自分とは違った診立てやアプローチで整えて行かれる様子を見れて、たいへん勉強になりました。

K野先生、会員の皆様、モニターとして参加してくださいました皆様、多くの気付きをありがとうございました。

点に集約するように焦点を合わす

合気観照塾 2019.07.06

軸を立ち上げながら脱力して吸い込み、接点を留めて相手に五分と思わせながら、高低差を作る

吸い上げながら内部の圧を高め、さらに脱力して外を弛めることで力が自由に通る状態にしてから勁を放つ

相手の手の内と一致するように骨盤の向きを合わせ、そのバランスで息を吸って立ち上げ、身体の伸びていく方へ任せて動く

接点での相手の皮膚の弛みを受け取り、僅かなズレを細く丁寧に繋げて行くことで、相手の頚まで取る

自分の皮膚が固まらないように、中心の動きで身体を内側から動かしながら、全身のバランスを変える

相手の手掌の触れている面が点に集約していくように、遠い側の股関節から焦点を合わす

最後まで点の感覚が途切れない方へ接点のバランスを変え続け、相手の中心を追って転ばせる

相手を押さずに、手背側を意識しながら労宮で吸い込み、指先まで伝わってきた伸びで崩す

何人もの相手が連なっていても、力が通っていく点が線になるように繋げ、イメージではなく実感を持って通す

目線を手前で止めずに、相手の向こう側まで透して観ることで、力を遠くまで伝える

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】