HOME>呼吸法中心塾

感覚を信じて検証を積み重ねる

バランス☆運動療法初級 2019.07.13

K野先生が、座った状態で骨盤や背骨の状態をチェックして、バランスを整える施術をしてくださいました。
目線や呼吸の誘導しながら内部の糸を臨界まで張って、隙間に通して弛めていくような繊細な操法に感心しました。
背部に沿って指を下ろしていく時にあった詰まりが取れると、骨盤や背骨が軽く動き、とても楽になりました。
首を回す動きも、弛んで身体が繋がって動けるようになると、可動域や見える範囲が広がっていきました。
仰臥位で、足部からの施術もしてくださり、足関節や足趾の微妙なバランスで下肢からの繋がりを感じられました。
立ったときの足の着き方が変わり、通っているときの心地良さを実感しました。

それから、K野先生の補助の元、妻が施術をしました。
女子部のほうで、恥骨と後頚部の関係や肋骨と繋がって腕が伸びる位置といった感覚を掴んだらしく、背筋が伸びて首が立ち、いつもと姿勢が違っていました。
頚で吊って手を浮かせ、固まっている場所に変化が起こりそうな二点に手を添えていました。
左右の臀部の動きで手の弛みを取って骨盤で一致させ、手では無く尾骨で揺らすようアドバイスをもらっていました。
相手の弛みを取ったまま脱力できようにしていくことの大切さを学びました。
身体が整っていると、感覚も変わったようで、施術する中で助言されたことを次々と吸収していました。
端で見ていても、姿勢や目線や意識の使い方だけで無く、発言までいつもと違い、妻の変わりっぷりには驚きました。
それらが全部ひと繋がりであることを実感しました。
感覚を信じて検証を積み重ね、自信に育てていくことの大切さを感じました。

北野先生には、治療面のみならず、今後の方向性も示して下さり、いつも感謝しております。
今回の経験を、これからの仕事に活かしていきます。
参加された皆様も、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1003-0d2f8373

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】