HOME>合気観照塾

手の内の中心の玉

合気観照塾 2019.07.13

大腿部の上に置いた数珠玉の転がりを感じながら、骨盤の傾きと共に手を揺らして、落下に任せて側方に滑らせる

相手の手の内の中心に玉ができるように、掴まれた腕を脱力して中を繋げ、玉を遠くから操作する

相手を浮かせたところから手で引かずに、玉が自然に転がっていく通路を作るように股関節から動く

相手の皮膚を滑らせて僅かなズレを頚まで繋げ、最後まで接点を固定させずにずらし続けて崩す

面ではなく点になるように相手のバランスを繊細に捉え、刀の反りをもって斬っていくように入れる

軸を立てて上肢を浮かせたまま、左右の臀部で手の弛みを取り、ヴィーナスのエクボで攻める

相手の頚の後方で両腕を通る力の延長を交差させ、坐骨の幅で骨盤を立て替えて、細く鋭く崩す

方向が切り替わるときも、常に相手との繋がりが途切れないように骨盤の輪の中で練るように動く

母指と小指を対応させて手を寄せながらも張り、中心の動きを五指のバランスに反映させる

シャツを摘まんで相手の内部の糸をピンと張り、浮かせた頂点から落下地点に導くことで相手の全体を崩す

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1004-3a958e80

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】