HOME>神経訓練合気

自分に合気が掛かる動き

合気観照塾 吹田道場 2019.12.12

手部が寄って、肘が伸び、肩を抜けて、頚まで繋がるバランスを丁寧に追って自分に合気を掛ける

脱力に伴う動きに合わせて手首を弛め、中の締めで小指球と母指球を寄せて五指を集め、相手の手に中心を創る

相手の手首の一点を動かさないように、中指を中心として手のバランスを変えて侵入していく

指先を引きながら肘で攻めて、自分の中を臨界まで伸ばしていくことで、相手の中を伸展して浮かす

腕の上下では無く、中の伸びを相手に反映させ、刀が落ちていくラインで手刀を落とす

接点を留めたまま立ち位置を替えて、股関節の動きがそのまま相手の頚まで伝わる、ここしか無いポジションを取る

自分の軸が立ち、相手の中心に向かうように目線を合わせながらも、視野を広げておく

呼吸に伴う張りで内側から膨らませ、相手の寄せる力との間の弛みを取り、外枠をキープしたまま弛める

脱力して丹田に集めた分だけ、重みが圧縮されて、相手に返っていく力が大きくなる

重みを落として、中から起こる振動で相手の中を揺らし、地面からの反作用を伝える

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1040-0e6be4a7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】