HOME>呼吸法中心塾

中心の動きが自由に伝わる

バランス☆運動療法 初級講座 2020.03.07

椅子に座って、足心を中心に前後左右に重心を移し、足底から時計の文字盤を回しました。
足首や下腿と順に高さを変えながら頭部まで、前後左右のセンタリングをしながら回転させました。
だんだん身体が繋がり始め、丹田の動きが全体に反映されていくことを感じられました。
たまたまでは、膝の形に手を沿わせて、中心から手の動きをコントロールしました。
全身のどの高さにおいても同様に力の流れが伝わり、手の回る方向はその表れであることを感じられました。
動きが外見には分からないほど繊細になっても、それに対応した分だけ骨格がバランスを変え、皮膚が動きました。
六方円では、呼吸に合わせて重心を移動し、身体を伸ばすことで腕を浮かし、弛められる位置で落としました。
パドリングでは、肋骨を締めながら両手を引き分けて頚を伸ばし、骨盤と手が一致して動くバランスを観察しました。
体操を通して、中心の動きが、どの方向でも自由に伝わる状態にしておく必要性を学びました。

椅子に座ったまま、足をK野先生の大腿部に載せてもらい、施術して頂きました。
頚に繋がるバランスに近付け、手を当てている高さを文字盤に合わせて回してくださいました。
飛ばしてしまっている時刻を自分で認識してもらい、そこを丁寧に通過させることで、身体のバランスが整っていくことを教えてくださいました。
施術をされているときのK野先生の坐骨を触らせてもらうと、手で操作していないことを身をもって体感させてもらいました。
会陰を締めて中央に集めた空気を、更に坐骨を寄せて内圧を圧縮することで、相手に伝わっていく力が生み出されることを感じられました。
触れている場所全部から力が伝わり、中心からの一体となった動きが同調することで、中心に導かれていくことを感じました。

後半、ペアに分かれて施術をさせて頂くと、自分の力が抜け、触れるだけで楽に誘導できました。
自分の身体を弛め、整えておくことがいかに大切かを実感しました。
K野先生、参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1065-1d2e586a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】