HOME>呼吸動作研究会

仙腸関節のどこが動くか

呼吸動作研究会 2020.03.22

今月の研究会は、K元さんが『骨盤時計で何を感じる??』というテーマで進行してくださいました。
椅子に座って、骨盤の12時6時や3時9時に傾けたり、右回りや左回りに転がして骨盤時計を行いました。
それぞれが自分の最近のテーマを元に観察し、私は会陰の締まりに着目しながら動作を行ないました。
仙腸関節の上、下、真ん中をパートナーに触れてもらい、鼠径部との関係性をチェックしました。
距離にしてみれば僅かな幅でもどこを中心に動いているかで骨盤の傾く支点が変わり、力の伝わりが全く違うことを体感しました。
真ん中で左右の骨盤を締めたまま、上部での臨界と下部での臨界を確認しました。
鼠径部を寄せたまま骨盤を転がすことで動きの幅が細くなり、文字盤の時刻を抜かすこと無く、スムーズに動けるようになりました。

四つん這いで仙腸関節の下部から、仙骨、腰椎と順に伝わるように、「つ」の字を書きました。
中の動きに合わせて背側の皮膚を引いてくるように、骨盤を傾けて頭部まで丸めました。
それから、仙腸関節の上部から仙骨を起こして、背骨一つずつを噛み合わせて頚へ入れました。
骨盤の12時6時によって前側と後側の皮膚が互い違いの向きに伸びるように、身体全体の引きと攻めを意識して動きました。
腕や肩を持たれた状態で軸を立てて骨盤を転がすと、そのまま吸い込みになり、相手に入る動きになりました。

後半は、施術を通して骨盤の動きを検証しました。
術者の動きが深くなると、タッチも柔らかくなり、揺れの伝わる深さも変わりました。
施術の精度を上げていく上で、自分の身体の使い方を丁寧に見直していくことがどれほど大切かを実感しました。

K元さん、参加された皆様、今月も多くの学びをくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1068-35932544

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】