HOME>施術勉強会

不可視技

今日は、M岡さんに手技の勉強会を開いて頂きました。
前回の呼吸法セミナーの後に行なわれた勉強会の続きとして、柔術を取り入れた施術の方法を教えて頂きました。

最初に、座っている相手の手関節を把持し、上肢から体幹の繋がりを改善させる施術を練習しました。
呼吸で相手の上肢を引き上げ、詰まったら保息した状態で相手の腕が自然に伸びる方向にずらし、再び伸ばすという動作を繰り返しました。
上手く体幹まで繋がっていると、お尻が浮くくらい身体全体を伸ばせるという施術を実演して頂きましたが、私は相手の根元から引くということがなかなか出来ず苦労しました。
それを意識しているかどうかで、最初に相手の手関節を持ったときの上肢の角度から変わってしまい、まるで別物になってしまうことが分かりました。
単に手関節を引っぱるだけだと相手の手から体幹に向けて牽引力が伝わっていくのに対して、根元から引くことが出来ると腰の辺りから手に向かって力が伝わっていくというのを見ていて面白く思いました。

それから、関節を緩める動作の逆の流れとして、柔術の技を用いながら、相手の関節を固める練習をしました。
上肢においては、手関節の掌背屈や橈尺屈を試してみて関節が固まりやすい形を探し、同様に肘関節、肩関節と順番に相手の頚部まで固めていきました。
単に固めるだけではなく、あやとりを取り合うように、関節を固められた状態から自ら抜け出し、交互に技を掛け返す練習もしました。
身体にある程度の動かせる余地があれば、無理に力で逆らおうとせずに、そこから固まらない位置に移動することによって、固め技から抜け出せることが分かりました。
可動域の制限が緩まる方向に身体を動かすと、いつの間にか立場が逆転し、自然に相手に技を掛ける体勢になっているというのは不思議な体験でした。

M岡さん、今日の勉強会も含め、今年も本当にお世話になりました。
いつも丁寧な指導で多くのことを学ばせて頂き、また、不調があるときは治療までして頂き、とても助かっています。
教えて頂いたことが身に付くよう努力していきますので、これからもよろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/107-7bb80475

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】