HOME>健康

球体以前

一口に腹式呼吸と言っても、その通り方は多種多様です。
呼吸が前側しか入っていないと腰が反って緊張しやすくなります。
後ろ側だけ膨らませようとすれば、腹筋が縮んで固まります。
お腹の上の方にしか呼吸が入っていないと、そこから上の高さの脊椎が過度に反ります。
どのように呼吸をしているかが、姿勢に反映されています。

肚の中心から均一に呼吸が入るとき、骨盤の内側から球形に膨らむ感覚が得られます。
臀部も恥骨側も内圧が高まり、仙骨が起きて腰が立ちます。
球面の一点にさらに呼吸を入れてみると、全身のどこかと対応していることに気付きます。
下面の左寄りと右寄りから、下肢に力が満ちて足底の圧が高まります。
頂点の圧を高めると、芯が伸びて頭頂まで伝わります。
球体から映し出されたものが広がって人型を形作ります。

球形だからこそ、どの方向からの負荷にも対応できます。
外部から受けた負荷により球面に圧が高まる場所があれば、弱まる場所が現れます。
そこに呼吸を入れて均一に近付けると、身体のバランスを取ろうとする動きが起こります。
そうした働きに任せるためには、肚の圧を保ったまま、呼吸が出来るかどうかが重要になります。
身体の張りを維持したままバランスを変えようとすれば、中で動くしかありません。
筋力で耐えようとした途端に、身体は固まって球の弾力は失われます。
球の中心を見失わずに球を転がすことで、バランスを保ったまま動くことが出来ます。

施術のときも、自分だけでなく、患者さんの中心を意識するようにしています。
患者さんの身体のどこに触れるときも、腹部の呼吸の満ち引きを感じられるように心掛けています。
身体の繋がりにくい場所と、球形の膨らみにくい方向は対応しています。
別の場所のバランスを変えることで、呼吸が球形に近付くように補助できると、バランスが整う方向に向かっていきます。

身体の使い方の癖によって、球の形にも偏りが出来てしまいます。
丸く柔らかな球体になれるよう、肚の底から呼吸を味わっていきたいと思っています。


球体

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1074-16c770e8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】