HOME>神経訓練合気

鼠径部の深みへ寄せる

合気観照塾 吹田道場 2020.07.02

骨盤時計の3時9時で、相手と反対側に重心移動して吸い込み、一致させてから力を返す

文字盤のセンターの位置を確認した時としていない時の、骨盤の動きの違いを観察する

腕の力は抜いたまま、自分の軸を立てて、相手の軸を意識して押す

相手からの負荷に対抗せず、固まっている場所を弛めて重みを落とす

骨盤時計で道着の弛みを取って、相手の手首、肘、肩と繋げて頚まで取る

相手の重心やバランスの変化を受け取り、根っこから崩す

多人数でも1対1と同様に、遠くの相手まで意識を広げて順に繋げていく

鼠径部の深みへ骨盤を寄せられるように、脚の置き方を工夫する

3時9時で寄せた時の幅のまま、細い軸で12時6時に傾ける

骨盤や肋骨を一側に寄せて、中の通り道に吸い上げて反対側の腕を伸ばす

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1082-be442693

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】