HOME>施術勉強会

無に得る

昨日は、M岡さんの自宅で、引き続き柔術を取り入れた施術の方法を教えて頂きました。

最初に、相手にタオルを握ってもらい、タオルを介して相手を根元から引く練習をしました。
タオルを引きながら捻ると、相手の接点の緩みが取れ、自然に引き寄せることが出来る方向があることが分かりました。
四肢の長軸方向の伸び縮みは直線的ではなく螺旋を描いて行われるため、それに沿って伸びる方向へ導くことが出来たときに、体幹まで自然に繋がるように思いました。

タオルを相手が着ている服に持ち替え、服の前後上下左右や回転の動きが相手の体幹にどのような影響を与えているかを観察しました。
右回りと左回りでも、楽に回っていきそうな方向と詰まってしまいそうな方向があり、それらの三次元的な合成によって相手のバランスを崩すことも整えることも出来ることが分かりました。

それから、片方の手で相手の手関節を、もう一方の手で相手の肘関節を把持し、相手の上肢の繋がりを改善させる施術を教えて頂きました。
相手の首まで固めた状態で、肘関節にある手で首への繋がりを途切れさせないように「攻め」を行ない、手関節にある手で伸びていく方向に「引き」を行ないました。
両手はあくまで相手の上肢が伸びていく方向を支えるための補助であり、「動かそう」とした途端に無理な力が入り、本筋から外れてしまうことが分かりました。
私はなかなか相手の身体を立体的に診ることが出来ず、平面的な動きに結び付けようとする傾向がありましたが、実際に起こっている動きは思っていた以上に複雑であることを感じました。
相手の首と繋がっている「実感が無い」状態になったときは、再び繋げ直したり、方向をずらしたりと、細かく軌道修正をしていく必要であることが分かりました。

また、関節によって形状や動きに差があっても、この一連の流れは他の部位においても同様であることが分かりました。
肩関節でも同様の施術を練習しましたが、途端にどうやったら良いのか分からなくなり、基本を身に付けることの大切さと応用することの難しさを感じました。

M岡さん、昨日も多くのことを学ばせて頂き、ありがとうございました。
年末から続けて教えて頂いたお陰で、施術の大まかな流れは掴めたような気がします。
一見単純そうに見える動きにも、刻一刻と変化する身体の動きに対応するために、常に両手の「引き」と「攻め」によって微妙な調節がされていることが分かりました。
すべきことが分かっても出来ないというのは、手が届きそうで届かない机の下の消しゴムのようでもどかしいですが、これから練習して少しずつ上達していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/109-681c8a17

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】