HOME>合気観照塾

感想文40

観照塾 2011.01.08
今日の観照塾では、股関節の使い方に重点を置いて練習しました。
最初に、基本的な歩法のやり方を教えて頂きました。
脚が前に出る動作は、体重の偏りが臨界点まで達したときに、バランスをとるために自然に起こることが分かりました。
移動の際に重心をぶらさないようにするためには、股関節の使い方が重要であることを教えて頂きました。
足部を上げようとするのではなく、骨盤の前後左右の動きの組み合わせによって下肢が上がると、鼠径部を開くことなく歩けることが分かりました。
それから、歩法で学んだ股関節の使い方を意識しながら相手に技を掛ける練習をしました。
呼吸によって相手を浮かすことが出来たら、股関節の立て替えによる力が上半身へと伝わっていくことで、相手のバランスを崩せることが分かりました。
そうした練習を通じて、改めて呼吸の大切さを感じました。
吸気時に腹側を上がってきた圧力が、呼気時に背部から上肢の後面を通って行くように意識して行なうことで、前方に向かう力が生まれることが分かりました。
また、今まで呼吸では吸気に意識がいきがちでしたが、息を吸う前に充分に吐いておくことの大切さを感じました。
呼気とともに接点での実感が無くなることで、相手と繋がりやすくなり、自然に吸気へと移り変わっていくことが分かりました。
呼吸や歩行といった身近な動作を、もっと丁寧に観察していきたいと思いました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/111-14efdbc5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】