HOME>神経訓練合気

アキレス腱の張力

合気観照塾 吹田道場 2020.11.19

薄筋の張りを、会陰や横隔膜の締めへ繋げ、下からの立ち上がりで腕を上げる

伸びた腕の張力を保ったまま、中を弛めることで下ろし、連動が途切れない経路で腕を回す

股関節の前後のセンタリングをして、足心に重みが落ちる位置に近付ける

足首や膝の力を抜き、どちらにも揺らぐことが出来る不安定なバランスで立つ

一部で反らしたり丸めたりせず、骨盤時計を伝えて背骨全体を柔らかく動かす

息を吸って、足趾が浮いて踵が立ち、下肢後面が伸びていく流れを頚に繋げていく

下腿が弛む姿勢を取って中が伸びる余地を残し、繋がる前提を作る

手から動かずに、上下の伸びによって脚が伸びていく分だけ腕を出す

アキレス腱の張力をセンサーにして、足運びの向きや細さを受け取りながら進む

失眠、足心、湧泉と伝える経路を変えながら相手に通し、足底から合気を掛ける

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1115-afb83356

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】