HOME>施術勉強会

二息補講

今日は、M岡さんの自宅にお邪魔して、呼吸を始めとする動作について教えて頂きました。

最初に、呼吸をしながら体幹や上肢を動かしたり、鉄の棒を持ちながら、息を吸ったときや吐いたときに身体に起こる影響の特徴について体感しました。
吸息では、督脈を始めとする陽経の経路に沿って、骨盤から上では上方へと力が伝わり、それによって上下方向に体幹を伸ばしたり、上肢を上げたりする作用が起こってくることが分かりました。
呼吸によって上肢を上げるときは、指先から陽経を通って背部に回り下部腰椎に集まっていくように意識を通すことで楽に上がり、その状態を維持することが出来ました。
一方、呼息では、任脈を始めとする陰経に沿って下方へと力が伝わることで、吸息時と反対の作用が起こり、それを丹田に収めることが出来ると、そこを基準として動作の自由度が増すことが分かりました。
また、吸息と呼息という相反する動作を、0か100かで使い分けるのではなく、弱めに吸いながら上肢を下ろすといった使い方も時には必要であることが分かりました。

それから、椅坐位で呼吸の観察をしました。
上半身を脱力しきった状態で息を吸い、督脈を意識すると、骨盤の前傾とともに、下のほうの脊椎から順番に噛み合っていくような感覚があり、それが後頭部まで繋がることが分かりました。
その際は、脊柱の湾曲に沿って、骨盤の前傾や後傾が緩やかに繰り返されていることが分かりました。
私は今まで呼吸による骨盤の動きを、前傾か後傾かの二通りだけで考えてしまっていたので、合気上げなどをする上で、想像している動きと実際に起こる動きが一致しない部分があり気になっていたのですが、その疑問が解けてスッキリしました。
また、私は今まで骨盤を仙骨下部を支点として動かしていたのですが、仙骨上部に支点を置くことで、鼠径部を開くことなく動作を行なえることが分かりました。

その後、合気体操を行なうと、いずれも、それまでに学んだ呼吸や動作と共通するものばかりであることが、よく分かりました。
それ以外に印象に残った点としては、足底の感覚の大切さを感じました。
足趾の付け根を押圧すると、数ヶ所に泣きたくなるくらいの激痛があり、如何に足に意識が無かったかが分かりました。
地に足がしっかりと付くようになるだけで、「ロッキングチェア」や「天地人の串刺し」を行なったときの、全体的な動きが変わってしまったことに驚きました。

それから、ベッドで横臥位になっての治療を教えて頂きました。
片手を相手の腰部に、もう一方の手を肩部に当てて、相手の身体を揺らしたり伸ばしたり縮めたりしながら、身体の繋がりを改善させる施術を行ないました。
これらの動作も呼吸に合わせて行なうことが大切で、息を吸ってから吐き切るまでの意識をきっちり保つことで、左手と右手、あるいは骨盤と上肢の動きが協調してくることが分かりました。
また、それによって相手との呼吸も合い、治療において大きな影響があることが分かりました。

M岡さん、今回はとりわけ呼吸に焦点を絞って指導をして頂き、本当にありがとうございました。
その時々の私に必要な内容をカバーできるように勉強会を構成して頂き、いつも感謝しています。
今日、教えて頂いた内容を参考にして、来月の健康維持互助会に向けて企画を考えていきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/118-8a54f5c4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】