HOME>合気観照塾

感想文43

観照塾 2011.01.29
昨日の観照塾では、歩法を学びました。
最初に、「吸って・吸って・吐く」のリズムで呼吸をしながら、重心をぶらさずに足を運ぶ練習をしました。
さらに、そこに手の動きを付けての技を教えて頂きましたが、基本的な歩法も出来ていない私にとっては真似をするのも難しいものでした。
意識すべき点が多すぎて、どうにも纏まりきらないので、とりあえず呼吸だけに注目して、上肢や下肢の動きと繋がることを目標として練習しました。
それから、舟を漕ぐように、扇子を回すように、板をひっくり返すように、大玉を転がすようにと、色々と手の動きを変えながら合気上げを行ないました。
どんな動きであっても、呼吸や全身の動きとして繋がっていれば、そのまま技として成立することが分かりました。
ただ、最終的に繋がっていく場所は同じでも、通る経路が違うためなのか、私が行なうと技の掛かりやすさに大きな差がありました。
そうした外面に現れる差異は、その時々の身体の繋がりを感じるために、あるいは普段の身体の使い方の癖を見直すために重要であるように思いました。



稽古終了後には、K野先生の還暦を祝しての新年会がありました。
うどんすきを美味しく頂きながら、色々な話ができ、それぞれの自己紹介を聴かせて頂き、最後には漫才まで披露して頂き、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
会を企画・進行して頂いた皆様、昨日はありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/119-9fd6d775

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】