HOME>呼吸動作研究会

意識していないときの呼吸

センタリング・メソッド実習 2023.04.23

今月の研究会では、意識していないときの呼吸を観察しました。
重心や骨盤の向きを僅かに変えるだけで、呼吸が変化することを感じられました。
手首や足首を持ってもらい、細かく中から動かして、良い位置を探りました。
意図的に呼吸をしようとせず、姿勢を変えることで、自然に呼吸が通るバランスに近付けました。
相手の持ち手に応じて、吸い上がるバランス、弛んでいくバランス、落ちていくバランスがあることを感じられました。
力を抜いたまま、その経路に呼吸を通せると、技が掛かりました。

手が触れてから弛みを取りに行くのでは無く、お互いの軸が反応する間合いから弛みを取りました。
相手が手刀を打ち込んできても、空間の張力が途切れないように意識しておくことで腕が上がりました。
相手の緊張と戦わず、虚になっている場所を補うように、軸を伸ばしました。
自分と相手の弛みが同時に取り切れると、お互いの首が伸びて釣り合う瞬間がありました。
その状態で中心から動くと、相手の全体を崩せました。

合気が掛かっているときのお互いの内部の釣り合いを感じられ、新たな感覚を得られました。
会員の皆様、今月も多くの発見をありがとうございました。

DSC_2270.jpg

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/1258-36c6429e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】