HOME>施術勉強会

肋おんぶ

今日は、M岡さんとK元くんに、今月の健康維持互助会の準備を手伝って頂きました。
私が考えていたテーマは、体幹と上肢との繋がりでしたが、実際に行なってみると、実演も誘導も上手く進行できませんでした。
私は、最終的に理想とする目標を置いて都合のいいように組み立てていただけで、そこに至るまでに必要とされる条件を一つ一つ検討してこなかったことに気付かせて頂きました。

やはり呼吸に戻らないと行なえないということで、仰臥位で呼吸法の練習をしました。
足関節や膝関節の角度などを変えながら、呼吸のしやすさにどのような変化が起こるかを観察しました。
膝関節の角度を、首まで繋がりやすい位置まで誘導するということさえ、なかなか上手く行なえず苦労しました。
それから、呼吸によって上肢を上げる前段階として、頭部を上げる練習をしました。
仰臥位で腹部を膨らませ、それを腰部に移動させることが出来ると、骨盤の後傾に伴って背部全体に丸まる作用が起こり、それによって下から掬われるように頭部が上がることが分かりました。
私が行なうと、腰部に呼吸が移動できなかったり、腹部や胸部に力が入ってしまい、上肢を上げる練習をするまで至りませんでした。
呼吸によって頭部が持ち上がると、額を上から手掌で押さえられても平気なくらい、大きな力であることに驚きました。
下肢においては、息を吸うと、骨盤の前傾とともに、膝関節が屈曲したり、足関節が背屈する動作が起こることが分かりました。
意識する点や膝関節の角度を色々と変えながら、足関節の動きの変化を観察しました。
単に足関節の底背屈を行なった場合とでは、力の伝わる経路や関節に起こる変化が全く異なることが分かりました。

それから、呼吸に伴う肋骨の動きも改めて教えて頂きました。
M岡さんが呼吸したときの胸背部を触らせて頂くと、左右方向に加えて前後方向にも大きく膨らみ、さらに前後方向への傾きも同時に起こる複雑な動きであることが分かりました。
立位で後ろから腕を回して抱きついた状態では、肋骨の前方移動では身体が引き寄せられ、後方移動では体重が増加したように重たく感じられました。

M岡さん、K元くん、今日は忙しい中、時間を割いて練習に付き合って頂き、ありがとうございました。
今月の健康維持互助会の企画に関して、色々と無理があることが分かったので、もう一度、組み立て直しておきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/126-27b81fe4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】